好きなところカードを渡してみようー本命クッキーをお受けしましたー

人類にとっては小さな出来事かもしれないが
ちゃろにとって大きな出来事である。

ヴァレンタインデーなる商戦に乗っかるどころか、関わる事のなしに半世紀近く。2017年の今年、年男である不肖・ちゃろ。

ついに本命なる贈り物をお受けしたしました!!
(拍手でございます。大拍手でございます)

プロ独身およびブサ男の長きに渡る歴史において、これは快挙極まりない。いや〜人生ドラマだわ。

手焼きか!?コレ

交際相手から「クッキーを焼いたので持って行く」とのLINEがございましたので、配達などとは滅相もないと
わたしからお受け取りに馳せ参じました。

モテないを拗らせると変にビビってしまうものです、ハイ。

自宅で開けますと、おー!神々しい
思わず手を合わせてしまいました←大袈裟ですが

いろんな形とサイズ。味も2種類入っておりました。
口にしますとしんなりしていたり、硬めだったりと
これまたいろいろありますが、中々どうして。

贔屓目にしても結構、いけました。

わたしの好きな「仮面ライダーカブト」

それに出てきた台詞

おばあちゃんが言っていた。
どんな調味料にも食材にも勝る物がある。
それは料理を作る人の愛情だ。ってな

というのは、正にこれではありませんか。

好きなところカードで嬉しい楽しい感涙

クッキーともう一つ。ラブレターならぬ
「好きなところカード」が入っておりました。

先日、好きなところ100というプレゼントブックが店頭にありまして、交際相手がコレに大反応しておりましてね。

そこで今回、彼女なりにカードにしてわたしに渡してくたのです。100は時間と体調の都合上書けなかったようですが、
それでも思い出しながら1枚1枚カットを挟み込み、作ってくれたのです。
自負・自覚することもあれば↓

カノジョ・アイにしても2倍10倍増しに評価じゃね?wと照れてしまうカードがあったり。

また、よーく見ているな〜↑↓という部分に感心したりw

嬉しいではありませんか。

とくに「欠点だなぁと」「多くの女性はドン引き」と思っていたのがカノジョにとっては魅力的に映ってたりする。これは驚きでしたね。
勝手な自己評価であることの気づきと共にもの凄い受け入れられた感を得ました。

1枚めくるごとに心がほんわかしたり、思わず笑ってしまったり、
中にはポロポロと感激+安堵の涙がこぼれたり・・
ヴァレンタインデーに、たいへんありがたく素晴らしい、愛情が具現化した贈り物を手にしまして、幸せを感じました。

ちゃろ思ふ故

クッキーは勿体なくて、ゆっくりと頂くつもりが!?
一気に食べてしまいました。今まで自分とは無縁のこと、ものであったのですが、これ程までにマインドが高まるとは。

思いを込めた品々を渡してくれる人がいる。すると低い自己評価や自己蔑視をするなんて、とてもではありませんが出来なくなります。カノジョ(カレシ)に悪い、悲しむという後ろ向きの発想ではありません。

大切な人に受容されて、愛したい人をより大切にするには、否定、嫌悪している場合ではない。それは不必要。やるべき事ではないと自然に気づくのです。パートナーを大切にする即ち、自分を大切にするのと言ってもいいでしょう。

お付き合いしている同士はもちろん結婚されている方も
100でなくても「好きなところ」を紙やカードで
ぜひ出し合ってみて下さい。

強みや自分のイメージを知るのに負けず劣らず、好ましい影響を及ぼしますよ。

*************************

【お知らせ】
川崎にて羊毛フェルトのワークショップを2/25にやります!

お待ちしております。

募集詳細はこちら↓
ちくちくフェルティングでおひなさまを作ろう!羊毛フェルトワークショップ

*****************************

坐禅は心と脳と精神のデフラグなり

11日土曜日は、今年初めての坐禅セッションに行って参りました。
わたしの場合、とくに習得する目的は何もなしに、個人の感覚的なもので
昨年からなるたけ間を空けずに通うことにしておるのです。

関連記事;神奈川県稲村ヶ崎 月読寺坐禅セッションにてココロのお稽古をしました

行き帰りの時間と運賃まで含めて考えてみても、我ながらよく続いているな
と、感心しております。



自宅にて坐すより住職の法話とご指導が頂ける点はココロの
整体さながら。午前の部とお昼の食禅に参加するだけで十二分に
精神・魂が静かに収まる位置に収まる。そんあ気がするのです。

特定の宗教を信仰はしておりません。教義に縛られるのは好みませんし、
禅道という言い方で広大にて無量なる思想として捉え、接し、
実践することがわたしには相応しいと考えるからです。

訳もなく、神経がざわつく時は大抵、しばし自然に触れていないか、深い禅の境地に
置かれていないのであります。道場は鎌倉にございますので、海山共にある土地柄。
さらに良くもなるのでしょうね。

この日のあとは、坐禅(瞑想)の深度が今までにない程に。
実に気持ちが良くなりました。

また、あれやこれやとたくさんのやらねば並びに時間がない!にて自らを
焦らせていたり、思い浮かぶ思考に対してやたら正誤、善し悪し評価判断をしている
ものだなと気がつかされました。

さらに(説明し難いのですが)オレオレと自分で申し差しているオレとは誰ぞ?
という疑問が湧き上がりまして、問い質せば「オレ」とは、私ことちゃろではない。
いつの間にやら出来上がった思考フィルターから落とされ、どこからとも
誰のものとも判らぬのにやってくる勝手な思い浮かび=観念の声。

お主は「脳みそ」さんではないか

と行き着ました。言い換えると脳(思い浮かび、観念)と自分は同一では
なさそうだなと当たりがついたのです。ここまで来ると危なさをあなたは
感じるでしょうけれど・・・

日頃忙しく過ごしている内に行き場なく彷徨うココロ。
その収まりどころに仕舞うお稽古としてやってはいかがでしょうか。
お勧め致しますよ。

ベキネバ理想像で苦しむのはご両親の望みだからではありませんか

先日弊ブログにてベキネバ娘のお話を致しましたが↓

ありたいイメージを抱えてタラレバではなくベキネバ娘になっていませんか

自分の抱えた理想像は別に問題はございません。
よろしくないのは「信ずる」が故に自縄自縛しお疲れモードのまま
進んだり、イメージから外れた自分にペケ(自責と自己否定)をつけること
だけであります。


 

マゾヒスト?ナルシスト?コメディアン?

理想像になるかどうかは誰も知り得ない。わかるのはそれこそ、
神様なるお方か青色のタヌキ型スーパーロボットのツールを使うくらいでしょう。

ところが

「やれば叶っちゃうんだよね〜」

と、自分で決めて、信じた(ここまでもよき)。な・の・に、
起こすアクションをネバベキと「掟」-具体的にはタスクとか目標とも
言いますけれどね-と設定しておきながら、

クリアしなかったから、出来ない、私ってダメって・・・。おいおい。
自分を正誤判断するようになってしまうのは、いささか妙ではありませんか。
「コメディー」と称したの、そのような流れからなのです。

自分で決めたのに自分に罰っするなんて、掟化してしまったのもありながら、
そもそも理想像は自分の意志で決めた、求めたのになぜ。疑問でなりません。
(趣味の方は、ご遠慮なく。ちゃろはそんなあなたを明確に肯定します)

わたし自身にもかなりの高い理想像がありまして、思い浮かべれば
気分も良いし、反対に苦しくイライラが募りました。なぜなら、
眼前にあるのにいつまで経っても届かないのですから。
ナルティシズム的妄想かと気持ちが沈んだことだってございます。

理想像はあなたの望みって本当?

近頃よく使います

「肚からの声」
「それ(自己の意志たる理想像)って本当!?」
という言葉を用いまして問い、振り返ってみましたところ。
意外な事に気がつきました。それはもう天啓の如く、降ってきたのです、ハイ。

こうであるベキネバ理想像は、両親が望んだ我が子たるわたしの姿。
息子や娘であるあなたにこうあって欲しい、ああなって欲しいという
望みの姿=理想像であるのを望む。あなたはこうあるベキだという親の意志。

つまり両親の欲求に過ぎなかったのです。両親という大人の一方的な
自己満足を満たしたいだけにあなたに向けられたイメージ。それを息子や
娘という子どものあなたは知らぬ間に思い込まされた。

親の望みにも関わらず、人として、あなたの正しいあり方が「理想像」
として刷り込まれて、信じてしまったのです。

もちろん、両親もあなたも、かく言うわたしも果たしてどれがどうなのか混乱したまま。愛だの教育だのと子育てに自己欲求を持ってきているから。
厄介かつ面倒極まりありません。

人にはそのまんま力があるとブログを休んだ月曜日に思う

 

日曜日から急にお腹の調子が激変したので翌日、
会社を休んで病院へ行くとウィルス性胃腸炎とのこと。

一気に腸へと入り込んだそうで、吐き気はなかったのに
下しまくったのはそのせいらしい。

体にとって「悪い」を感じれば、ちゃんと体外へ出すものなんだなぁと感心した。

「自分は悪い」なんて、自ら目くじらを立て、
矯正してやるとの無茶までしなくてもいいのだ。

ありたいイメージを抱えてタラレバではなくベキネバ娘になっていませんか

「なりたいイメージ」をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
理想像という言葉に置き換えましてお話致しますと、将来に臨む自分であり、
すべてに満足している。なりたいどころか、なるべき、あるべき姿でしょう。

そのイメージに向かいい日々研鑽、邁進、成長しようとする意思たるものは、
たいへんご立派であることに異存はございません。

さて、ここでちゃろが

「理想像は大して必要じゃないみたい?」

なんて問うたら、あなたは如何思いますでしょうか。



理想像を抱えて目指すにあたりまして、あまりにも

こうあるべき、こうありたい、こうならねば

と、致しますと、人生という時間短く長い道のりにおいては、たいへんな
負担となりましょう。イメージは目指しているですから未達。理想からずれてしまうことは当然、当たり前にございます。

にもかかわらず,ずれた自分が許せない。たちどころにアカン!とペケをつけ、
もっとやらねばとなります。そしてズレる度、ネバとペケをつけ、ズレてはまた
ネバとペケをつける。

そんなことを繰り返していては、やがて疲弊してしまいます。おまけに一向に
理想の姿に辿り着かないのですからね。当の本人からすれば、
苦難に立ち向かう(わざわざ)ヒーローorヒロインかもしれません。
けれど、端から見るちゃろからしますとコメディーです。

早い話、自己の存在を受け入れて、これでいいのだという「承認」と申しましょうか「認可」と申しましょうか。

何かできる、研鑽成長すれば、人や社会に役に立っているなど「外条件」を満たせたからOKではなく、あくまで自分が自分自身に「ゆるし」を与えているのであれば理想像は無用でしょうに。

目標達成、最上志向の人ならまだしも、資質なきちゃろや抱えた理想像にがんじがらめになってしまう人は、東京タラレバ娘ならぬ「ベキネバ自分」になるのが関の山かと。

頑張って、未来を目指しているのにお疲れモードのあなた。
この理想像とは何かを考えて見てはいかがでしょうか。

*********************************

【お知らせ】
川崎にて羊毛フェルトのワークショップを2/25にやります!

お待ちしております。

募集詳細はこちら↓
ちくちくフェルティングでおひなさまを作ろう!羊毛フェルトワークショップ

フツーというSpecialな人生を