ストレングスファインダーの結果を得て安心してませんか?活かすためにこれだけは知っておきたい

7月よりGALLUP社公認のコーチである西素直さんが開催した「Strengthsゼミ」なるもの(計5回にわたる連続講座)を受講致しました。

ストレングスファインダー(以降SF)の結果を元に自分の才能を最大限に活かせるようにするためにジブン取説を"創り上げる"ことを目標に、ワークを通じてSF結果(資質)はもちろんいろいろなことを学び、わたし自身のことを受け入れられるようになりました。

周りでもSFのテストを受ける方、さらに結果を覚えてご自身のプロフィールやお名刺に載せる方も多くいらっしゃいます。

ところが結果=あなたが持っている資質について、理解していなかったり、勘違いされている方も・・・。

本

書籍を見れば↑↑資質名に対しての解説はあります。ところが、はっきり申し上げて十分でない。ただ用語について述べられているに過ぎないのです。

結果に対し適切に活かすには?わたしが特にこれだけは!と思うものについてお話致します。ご参考程度ですがw
お付き合い下さい。

結果=あなたの強み・・・ではない!

セブン

テスト結果で出たものが「強み」と思われているみたいですね。結果は「資質」と申しまして、もともとあなたやわたしが持っているものなのです。

34あるのはご存知ですよね。あなたが産まれ、生き残る上で34の内で最も有効だった資質がさらに特化され、極みとなって現れたのがTOP5。

繰り返しますが順位が他より上だといことだけで「強み」ではありませんよ。TOP5の資質は意識していなくても自然に、オートマティックに発動・使うことが出来るのです。

ですから、使い方次第で素晴らしい面と残念な面の両方が出てしまうものの、現れたのが「才能」日頃からあえて才能を意識して、自覚して、繰り返してゆき、コントロールできるようになって初めて「強み」と言えるのです。

34全資質を知る必要はない

sf

書籍についているコードではTOP5のみが判明します。それ以上の34すべてを知るにはGALLAP社のサイトにて別途、日本円で約1万円程度の料金を支払う必要があります。

知りたいという気持ちは、たいへん同感致しますーわたしは収集心という資質がありますのでwーが34を知っておく必要性、言い換えましょう。有用性は、ほとんどありません。

強みに注目して伸ばして行くというのを理念とするのがSF。なのに、あなたの最下位資質を知ってどうするのですか?無謀であり、受けたあなた自身がSFの意図に反する行為をするのと同じです。

また私たちはSFコーチ、専門家ではなく、受験した一介の素人です。自分の持てる34の資質(の順位)すべてを「知って」も駆使できる訳もなく・・・

TOP5の特徴と傾向を理解し、才能を発掘し、受け入れ、行動に転換すら努めて始めてもいないのに、知ることのみに1万円支払うのは酷いもの言いながら、ドブに捨てているようなもの。

兎に角、TOP5を意識してコントロールできるようになる=才能を最大限に活かし、強みとするのが大切ではありませんか!

ちなみに上から10(大目に見て12、3)位までが才能として活かし、伸ばせる資質だそうです。「持っている」と「使える(または強み化)」は大きく異なるということですね。

SFついてはこちらのサイトが分かりやすいですよ
株式会社ハート・ラボ・ジャパン

Leave a Reply