越後湯沢

左脳・ロジカル派のための、感性を取り戻しワクワクを生きるワークショップに、そっと参加していたことから現状についてー其の壱ー

タイトルを入力しながら、えらい長いな〜と思いましたwほぼ40日くらい前にツナゲルコミュニティー主催の理性と感性をツナゲルをテーマにしたワークショップ−わたしは合宿と呼んでおりますが−に参加しておりました。

汚部屋片付けをしましたよ〜というエントリーから

第1次汚部屋回復作戦成功!床面の広さにオマエが泣いた!?

2週間くらい更新せず、またコチラのエントリーにて↓

クラインの壺理論!?自己意識で望む世界を創造できる(かも)

「気分が優れずグズグズ」と書いております理由とは、この合宿の威力に圧倒されてしまったからなのです(しごきとかではありませんよ、念のため)。

2泊3日の泊まりがけ=合宿形式は濃い時間にならざるを得ない環境です。身を置けばワークや座学、フィードバックなどを通じて一気に学びや気づきが起きてしまいます。

ましてや今回、セミナー等々で講師をされている立花岳志さん(この合宿では左脳担当でしたw)と個人セッションでお世話になっているセラピストの大塚彩子さん(以降、彩ちゃん)とのいつもの強力タッグに加えて、

LPLという独自理論をお持ちのワークショップトレーナー岡部明美さん(以降、明美ちゃんに。岡部先生と呼ぶのはルールがあって、ダメよ〜ダメダメなのです)がコラボレートしたというのですからね。

例えるなら人生の数年分、いや過去から引きずっていたトラウマを手放せた点から言うならば、数十年分の時をギュギュッと圧縮、そしてガバチョと過ごすような感覚を味わいました。

この御三方をご存知の方なら、数日腑抜けになるのもご納得いただけるのではないかと思います。宇宙旅行をして、帰ってきたら、こんな感覚かも知れませんよ。(とてもではありませんがファルコン号には乗れませんな)

越後湯沢
会場は上越新刊越後湯沢駅下車。送迎バスで10分程度。スキー場近くにあるシェラリゾート湯沢という宿泊施設です。

地下にはたくさんの音楽スタジオがありました、その内の一番大きな1室を借りての開催です。

越後湯沢

ドラムセットやピアノまでありました↑

初日は自己紹介から始まり、立花さん、彩ちゃんの座学

越後湯沢

誰しもが持つポジティブな感情とネガティヴな感情。実は別々にあるのではなく、同じ部屋に一緒にいる。なのに平常、ポジティブがネガティブ−心の傷、トラウマなど思い出したくない気持ち、記憶-を浮かび上がってこないように抑えてしまう。

まるで漬物石のごとく、いわゆる潜在意識下に深く深く押さえつけてしまうのだそうです。人によっては、ポジティブ(表層意識)に解決済みと思い込ませてしまうくらいに・・・

漬物なら美味しくいただきたいものですが、いかんせんネガティブの潜在漬けは表に出すと痛みを伴いますからね。ぬかの臭い以上にキツイ!なので重石どころか、蓋まで締めてしまうのです。

越後湯沢

重石を取り、蓋を開けられるようにするにはこれら二つの意識を統合させることが必要となります。たとえ不快な感情だとしても向かい合い、今だ抱えている思い込み(ビリーフ)を手放し、外部にあるもので存在証明をするのではなく"答え"は元々自分の内にあったと知る。

とにもかくにも掘り下げて「手放し」「やめて」「棄てる」。違う表現で言うなら感性と理性の協力関係を築いて初めて、真の自分軸が出来る=腹が決まるものではないかと。本来の自分を取り戻す事が出来るのです。

セルフ・ラビング・プレゼンツ!

今回はここまで。
長編にならないようにしますね(*´σー`)エヘヘ

*ちなみについ先日、びわ湖近辺で同じように明美ちゃんの合宿がありました。参加者のSnowBellさんご自身のブログにエントリーしていますので↓どれだけ素晴らしかったが解ると思います。

生まれてきて良かったと思えるためのプロセスだった3日間 岡部明美びわ湖3daysワークショップ

なのでご一読して、更新をお待ちください。

お知らせ御免

12月5日土曜日わたしの羊毛フェルト1day講座を開催致します。年内最後の開催です!お席も埋まって参りました。ご参加表明お待ちしております↓

帰ってきた!羊毛フェルトワークショップ#2

羊毛フェルト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です