らしたさんを囲む会@関東にノコノコと顔を出す

仕事を楽しくする研究日誌ことブログ「シゴタノ」でお馴染みで、ご自身ではブログ・R-styleを運営している倉下忠憲さん。

なんと地元近くに京都からお越しになると伺いまして、わたし「らしたさんを囲む会」とやらに行って参りました。

ご近所、半径数kmが日常の活動範囲なので←\(`o'”) コラコラ←\(`o'”) コラコラ
中々こちら関東圏へはお越しにならない方ですから。たいへん貴重な機会でして、ありがたいなと思います。

らした会

家事や育児、それにまつわるライフハックを発信するfmj(ファミリーマネジメントジャーナル)の執筆者のお一人、くらちのりこさんが主催。

関東地域でやるのが夢だったそうで、実現させた行動力がご立派だなと感心致しました。二児の母さーすがっすね〜(๑•ᴗ•)ノ3時のあなた、オヤジのちゃろも励みに致しましょう。

らした会

自己紹介のあと、申し込みの時点での質問に対する回答を。中には

「好きなモビルスーツは?」

ってのがあった(*´∀`)ノ ナンデャネン!

ちゃんと答えてくれましたけど。

次はまるでフリートークのように、参加者がその時点で思いついた事、聞きたくなった事を投げかけながらの質疑応答。

そして、セルフブランディングについてお話をしてくださいました。出版について、SNSの活用についてと幅広く、またあっちゃこっちゃ飛んで行きつつも会は進んでいきます。

らした会

最後はもう一人の主催であるikkiさんとの対談?にて会はお開きになりました。

SNSも使う人の立場(自分のスキルをアピールしたい、アート作品を発表したいなど)により利用するサービスが違ってくる。

Twitterだけでもいい人もいるし、facebookでは目的を果たすには合わないなんてこともある。

「多くの人がやっているから」は、反対に言えば埋もれてしまうことでもある訳です。

倉下さんはTwitterとの相性が良いよいみたいで、ほとんどがTwitter。facebookもたまには使うものの、ポストする内容を変えているそうです。

らした会*ライトが当たり過ぎた、上手ぶれ(´Д` )↑↑↑

わたしの印象では

情報発信でも自らの思いや好きなことを語るにせよ、将来的に電子書籍でも本を出すにせよ今回お話を伺っていて、SNSよりもブログの持つ、威力は強いなぁ〜と思いました。

倉下さんご自身がコンビニさんの店長からセルフブランディングやEvernote関連、さらに小説など多岐部門の書籍を出す。「シゴタノ」に記事を書かれ、メルマガをやるまでに至ったのはブログがあったからです。

もともと自分が本を出すとも、ましてや出したい!と望んだ訳ではなかったことも踏まえると、長く続けた倉下さんはもちろんのこと、ブログはすごいものだな〜と感心せずにはいられません。

さらにPV、SEO重視ではなく書いた先にいる人たち=三角形で言うなら「相似」。

単に自分と似たような人に向けて書き続けた結果が、今こうなっているのですね。

ちなみに一エントリーにつき2000文字まで。時間も1時間から2時間(見直しが含む時のあれば、ない時もある)が「らした基準」。

費やした時間が生活(タスク)に影響するようでは、楽しくないし、続かなくなるだけ。毎日更新は確かにいい事ではあるものの。

それぞれの生活パターンが違うのだから、おいそれと同じようにはいかない。でも、やはり長くかければいいというものではなさそう・・・

わたしが会の最中、他の参加者さんと交えてお話している内にわかったのは2日で一記事がベストのようです。(ようは二分割制にして仕上げるという形をとるということ。)

「簡易更新投稿週間」というのを倉下さんは設ける時がありwwその時はもっと時間も文字数も少ない

懇親会では、ざっくばらんと。

らした会

この時間の方が、よりお話を聞かせてくれたような気がしたのは、わたしだけでしょうか?(ノ∇≦*) キャハッッッッ♪

らした会

「本好きのためのAmazonKindle読書術」を書いた和田稔さん(右)も参加していました。

倉下さんのお顔を久しぶりに拝見できて嬉しかったです。かまってちょ!のLーstyle(?)である真逆のわたしにもキチンと接してくださいまして(●´ω`●)ゞ エヘヘ♪

お疲れになっていないかな・・・。

会を開催して下さったくらちさん、ikkiさんありがとうございました。

Leave a Reply