ワークショップ

五反田VACANCY シークレットSPフェルティングイベントを開催しました【ちゃろさんラボ】2015追い込み更新その2

先月から海外のEtsyというハンドメイド販売サイトに作品をアップしておるのですが、数は少ないとはいえ完売してしまいました。

一番最初のお客さまは日本の方だったんですが

ぴょこうさ

↑こちらのぴょこうさぎをたいへん気に入ってくださいまして、お友達がSNSでシェアしたものを辿りに辿ってご注文下さったそうです。

さらにうさぎ好きのご友人へのギフトとして・・・もう誉れ高く、たいへん嬉しく思いました。それだけでも十分なのですがもったいないことに

「ぜひ、作りたい!!」

Etsy経由でご連絡いただき感謝感激カジヒデキ(ごめん)ものです。ところがいろいろとたてこんではいまして、年内はワークショップ完了しておりました・むむむ

これで止めたらオトメンが廃りますww「仇は水に流し、恩は石に刻め」日の本最後サムライ・ちゃろです(知らんけど)。遠く広島から東京までお越しなるというではありませんか!!!

いつもお世話になっているコワーキングのVACANCYのオーナー小山さんに相談してみましたところ。結果、会場利用してOK!!

特別ワークショップを12月20日(日)開催する至ったのです。

女性ひとりではなんですから、ブログ上でお誘いかけましたらお一人、ブロガー&フードアナリストのカレンアダムスさん(ブログはこちら↓)

“KAREN’s Booking Style” 

がご表明下さいました。ありがたいですね!

当日は五反田駅そばでランチを取りまして↓

五反田 OSLO COFFEE-オスロコーヒー すてき女子が食べていそうなワッフルサンドイッチサンドイッチ

 

 

 

 

 

開始30分前には会場入り。準備万端です

羊毛フェルト

お二方ともぴょこうさをご希望。実は見た目より、けっこう難しいのです。なので耳など難儀するであろうパーツはあらかじめご用意しておきました。

時間通りお越しに。カレンさんからパンの差し入れもあり(ありがとうございました)、作業しながらもしゃもしゃいただきました(*´σー`)エヘヘへ

パン     ↑左の星形スコーンがオニウマ!!!

全くのはじめてさんですからニードルの刺し方や羊毛のまとめ方を一からお伝え致しました。それから制作に入ります。

羊毛フェルト

羊毛フェルト

まずは芯材をつくり↑

羊毛フェルト

色のついた羊毛を巻きつけて、ニードルで刺して参ります。
羊毛の繊維が絡んでしっかりと馴染むのですよ。

羊毛フェルト

同じように作業をすることで各パーツもできあがります。そのあと手足等をくっつけるのです。接着剤は不要。

羊毛フェルト      完成までもうすぐだよ〜〜〜♪

パーツとボディーの接合部分にニードルを刺していくとしっかりこのように↑くっつくんです。

羊毛フェルト

あとは形を整えたり、色むらをなくしたりして行きます。(ところどころ、ちょっとお手伝い)

羊毛フェルト

3時間半でびっくり!!完成してしまいました。
これはすごい ‹‹\(´ω` )/››‹‹\( ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››~

羊毛フェルト

お色味とくったり感をどう出すかにこだわられていましたが無事に出来上がり、わたしとしては何よりε-(´∀`; )

お二方たいへんな喜びようでした*:゚*。⋆ฺ(*´◡`)ノ

ココまで作れるとなると、年明けからはもっと凝ったものをご提供しても良いのかな〜?とも思いました。

お忙しい中、また遠方よりお越しくださいまして誠にありがとうございました。(カレンさんと一緒に。緊張して変顔やわ〜わたし(ノ∇≦*) キャハッッッッ♪)

羊毛フェルト

*カレンさんのブログにエントリーをアップして下さっておりました。併せてお読みくださいませ。

羊毛フェルトワークショップでオリジナルのかわいいマスコットを作ってきた。– KAREN’s Booking Style

年明けは恒例お値段変わらず、食事会兼ねてのワークショップを予定しております。羊つながりでジンギスカンでもいただこうかとww 告知、お待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です