叶えたい大きな夢のために、小さい夢があるのではない。

夢について間違った解釈していました。わたしは大きな夢→中くらいの夢→小さな夢とあって、小さい夢を達成することでステップアップしていくものだと思っていたのです。

夢に大小なし。どれも夢に変わりなし

夢

わたしの話で言うと、大:自分の体験や達成した経緯を講演することで、人様のお役に立つ→中;達成した事柄=実績を重ねることで信用を得る→小;フェルティングで生活できる=実績を持つ。そのような「一連のつながり」で夢は「成長していく」つもりでおりました。小さい夢から中→大に成るものでなくてー順番はあるかもしれませんがー講演も実績・信用もフェルティングで稼ぐのも、それぞれ別個の夢として扱う必要があったのです。そうでないと人生最大の夢を叶える為に、ささやかな(細かな、小さな)夢があるようになってしまいます。辿り着くのはおろか進みもせず、小さな夢だけで満足して終わってしまうかもしれませんよね。

ドリームツリーをこさえよう!

ゴール

フェルティングで身を起こすにせよ、大勢の人前で役立つお話をするにしても設定するものは細かく小さな夢でなく、それぞれに別個の「目的」(どうして)と「ゴール」(いつまでに、どんな状態になりたいか)。そして通過点である「目標」を定めて、進んでいかねばならない。さらに「ビジョン」(実現したイメージ)を用いて推進材する必要もあるでしょう。それらを整えてから、タスク管理やプロジェクト管理、アプリなど、自分にあったツール、やり方を利用するのが良さそうです。

あなたは当然知っていましたよね。いや〜お恥ずかしい話ですが、何度でもやり直しますよ!今日は面白、どっきりドタバタがありまして故、この辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です