自分の意と異なる者のあるがままを許さない者は多くいると思うの

読まれないブログ=自分の記録というスタンスが功を奏し、
7月中はお陰様で更新し続けることが出来ました。
お読みなるのはご自由にとばかりに公表はしておりますが、
内容については一切合切ちゃろ個人のもの

ですから、仮に何か言われたとしても知ったことではありません。
これが本屋さんに並び、販売された書籍で購入した。
お金の授受が発生しているのであるなら話は違って来ますが
読んだ方の感想、判断、ご意見は読んだ方のもので、
わたしが背負うべきものではないと考えているからです。

人様を傷つけていいとは申しませんが、もし傷ついたとしても
「さようですか」のみです。悪しからず ₍₍ ◝(•̀ㅂ•́)◟ ⁾⁾



それにしても・・・
ブログだけでなくSNSなど著名でもない一個人のポストやコメント
=考え・思い(文面)に目くじらを立てて高圧的な意見をするのは
果たしていかがなものかと。

それが酷い差別発言だったり、激しい誹謗中傷だったり、
反対にご尤もな正論を強行しては、いくらお考え(イデオロギー)
であるにせよ「意見」というにはあまりにも攻撃的過ぎる
ではありませんか。

自分の自由意思はパスしておきながら、相手(わたしやあなた)の
思いの丈はロックアウト。ならまだしも
粉砕する。誠に「人はそれぞれに正義があって」でありますが。

ガンダム

続きの 「僕の嫌いな彼も彼なりの理由があると思うんだ」
ドラゲナイドラゲナイは、何処へ行ってしまったのでしょうか?

さらに言うとグループ、コミュニティーになると○と思うものは、
そこに居るなら○でないとならない。○でないなら、その人は

×の人!△でも⚫︎排でも除対象!!

「彼なりの理由」も何もあったものではない。

協調性、空気を読む、察する、一緒、
ノリ、仲良し、友達、同志と呼ばれる数々はわずかにズレると
たいへん危険であるなと常々わたしは思っております。
周囲や他人から影響は大小、自覚の有無関係なく受けてしまいますしね。

ネットの中とは言えパブリックな面があることを忘れてはいませんよ。
わたしはあなたが、酷い差別発言したり、激しい誹謗中傷したり、
ご尤もな正論を強行していてはお話になりません。
理由があっても、許されることなし。こうして文章にしたところで、
スタイリッシュではありませんしな 。

マジョリティーであること、同じであること
個を認める、自由意志を持つ条件にしておいて
Beingだの、存在価値だの、個性だの、
自由、幸福、豊かさ、未来、社会を人に語る

愚かさにいい加減気づけ〜〜〜!

トライガン

「言われないかい?慈愛の心が足りないってよ!」
by バッシュ=ザ=スタンピード

**********************************