銀魂

言うても本音という不都合な真実はゴジラ並みに怖いと思うの

長いお盆休みが終わりまして、出勤と相成りましたが
まあ辛いこと。

ここまで辛いと「感じる」のは、大袈裟な言い方ですが
これまでの人生でなかったと思います。
子供の時もちゃんと学校には行っていましたし、
社会人になってからもありませんでした。

なのに、明らか気持ちが拒否しましてね。それこそ
「がんばる」「騙しだまし」でないと、とてもではありませんが
嫌な気持ちに負けてしまいそうで。さらには、

ズルズルと休んで、辞めてしまうのではないか、そんな事に
なったらエライこっちゃで!という怖れまで出でくる始末。

幸い、今週は3日間で済みましたのでホッとしております。ハイ

TW

このような事態になってみて思うに、子供の時、若かりし頃も
本音では辛かった、嫌だったのではないかと。吐き気、腹痛、
だるさ、過呼吸、不眠など体は明らかに反応していたなと
思い出されました。

頭、つまり良くも悪くも義務感や責任感という真面目さこそ
正しく、いい事であり、辛いという心(感情)は弱く、
好ましくない事。

心の悲鳴を体が拡声してくれているにもかかわらずです。

聞いてないとか、聞こえないとかのレベルでなく、
悲鳴という認識がなかった。
まさか悲鳴だなんて!思いもよりません。

なぜかと申しますと、
自分の体と心が繋がっているという前提と申しましょうか、
知識と申しましょうか、ない為「わからない」のです。

精神論、気の持ちようと言いながら、勘違いして
実は頭の理論で無理矢理動いているだけだったり。逆に前提、
知識がなければないで、知らずに心に負荷をかけてしまったり・・・・。

いやはや、もう何がなんだか、目茶苦茶わややでありますが、
知識は備わってもその当時からのクセが未だに抜け切れていない。
三つ子の魂百まで。無くて七癖。

幸せを掴むより肯定的副産物が欲しい。トホホ

 

ちゃろ思ふ故

ちゃろ

同じような苦しみをしたご経験のある方は
休みに順応して、仕事に魅力を感じなくなったとか
お仲間の態度が実は気に食わないとか、心の奥底の本音があるのかも
しれませんね。(これも認めがたい?ァハハ・・(^д^;))

会社やお仲間からすれば不愉快でしょうけれど、
自分がそう感じるならそれでいい!

知らず知らず、どこかで

「 みっともない」とか
「よろしくない」とか
「運気が下がる」とw

ペケをつけている。

また、本音を自覚してまうことによる「怖れ」例えば

もっと嫌になり益々行きたくなくなる!
我慢出来なくなる(がまんって言っちゃっているよなw)!
辞めて、お金が入ってこなくなる!(とこじつけ?始める)

などに、他なりません。

黒い、ダークでドロドロとしたネガティブで陰の感情でも
本音=自分の気持ち・思い・感情には違いありません。

ならば体に異常をきたしてまで、心の悲鳴を無視してまで、
ペケをつけて「いい子」になるのはいかがなものでしょうか?

ちと古いですが「不都合な真実」ですよ。心豊かで立派で、
特別であることは尊ばれますが、一介の人であると
自分自身を丸ごと受け入れるのも素敵で、好ましくはありませんか。

それもそれで運気が上がるような・・・気が致します。うん。

そうだとええなぁ〜(●´ω`●)ゞ エヘヘ♪

どんな暗く、重たい感情を抱いたとしても
他人様からゆるしを請う必要はありません。
オマエ酷い奴だなと言うばかりで、
「辛かったんだ・・・堪忍してな」なんて
まーず、謝りませんので。

むしろ、陰口や密告でざわつかせながら
「和を乱した」と罵るのが関の山です。

こちらは乱すつもりどころか、自分でも持て余す
重たさに対応すべく躍起になっていて
そこまで思考が回っておりません。

ですから、そう!
ゆるしを必ず与えかつ貰えるのは自分自身。

***************************