醜い汚い恥ずかしい自分を誤魔化すと課題の分離が難しくなると思うの

追いつかない程の理想の自己イメージが自己否定を導くと
前回記しておきましたが、理想に絶対性を持たせると、
いわゆる「あるべき」姿になってしまう。

こうありたい、こうなりたい姿のはずである「たい」がなくなり
硬直致します。自分が疲れることこの上なし。

背伸びや無理は成長につながることはあるものの、
なんと言っても「べき」は自分はおろか、他人に対しても
寛容ではなくなる点が問題かと。



例えば朝は早く起きる「べき」とのお考えだと致しましょう。
すると、

夜更かしなんてとんでもない!

あってはならない姿(行動)。

けしからーん!!

相成ります。

心理学者のアドラーが提唱する「課題の分離」が出来ていれば

「ワシとはちゃうな」

くらいで済むのに、あるべきゲージで測る=マイルールで
判定(ジャッジ)するので苦が生じてしまうのですね。

ぱくたそ

くれぐれも勘違いしないで頂きたいのは、
測定・判定・ジャッジをしてはいけないということではありません

けしからーん!となり、イライラ、モヤモヤした苦を抱えて
時を過ごしてしまうのは如何なものか?という話なのです。

時折、ジャッジしていけない!と、まるで禅僧如く語る人がいるので、ハイ。
ここだけはしかと言っておきたい。

「ワシとはちゃうな」も判定ですよね。苦しんでないでしょ( ´艸`)

そうそう!あるべきじゃないんだ。
自分がどうであるかなんだ。
判定して○×つけることでもない(’-‘*)(,_,*)(‘-‘*)(,_,*)

夜更かししていれば、そのうち健康を害する。
パフォーマンスはすでに落ちるているだろうから、デキないヤーツだろうし。

\(`o'”) コラコラ
ちゃうねん!前回、言うたでしょ。
実際は判定しているのに、

そんなことはしないステキな私なのよ。
理想の自己イメージ通りのいい人なのであーる!

そんな意識を守ろうとして、誤魔化すことはしなさんなと!

嫌味やラベリングしてどうするの?ww思考まで硬直してしまいましたか?
そして、心は鈍感になり、そのまんまの自分は消えてしまいますよ。
となるとやがては理想、いや妄想の自分で生きるか、
自己嫌悪、自己否定に・・・。

おっさん

一方、いい人は人を放っておくなんて冷たい人間のやる事
なーんて感じているので、どうにも気になるのでしょう。
かまちょのちゃろさんにはありがたい存在ですけれどァハハ・・(^д^;)

あるべきは生きる指針であり、信念でもあり、
自分自身でもあります。ですから他者事で自らの怒りに
自らの心身を焼いて灰になりませぬように願います。
誤魔化さない。誤魔化したとしても

「恥ずかしい」
「(思う姿からズレてしまった自分が)腹立たしい」
「私と違う言動・アイツが許し難い」

美しいかといえば決して美しいとは言い難い感情ですが
しかと向き合えるようになるといいなと思います。

美しくない自分の感情を認め、ステキでない私を許せようになる。
それが自己受容始まり・・・。