無理はいけません!でも難題に挑むことでこそ、恐怖心や緊張を超えることもある。

mikarika_logo

本日(昨日ですねもう)はスピーチトレーニングへ。しかし、いつもと違いましてクラブ創設5周年記念も兼ねた会。わたし個人としての違いは、この記念すべき日に、恐れ多くもMCをすることでした。引き受ける際に我ながらおおー!という発想がございましたので、お話させていただきます。お付き合いのほどを。

やはり実践に勝る修行なし

このMCというのは本来、一通り、タイムを計ったり、審査投票数を集計したりのサポート係を終えて、スピーチも幾度かこなし、さらに会全体の運びが理解できるようになってから、つまり入会して長い期間経てするものなのです。

ご指名を受けた時に(まだ数ヶ月しか経っていないのにやってええんかなぁ・・・)と思いつつ!?わたしにしては大胆な発想が湧いてきたのです。

記念日でゲストの方が大勢来るなら知らない人ばかり。設立者やエリア外のお偉いさんもいる・・・ん?これはアウェイだよね。将来、大勢の人の前で話をするという夢があるなら、これは自分にとって絶好な機会ではないか?人前でお話するのは、知っている人の前とは限らないのだから。

そうだ!少しでもやってみたい気持ち、将来につながると思えるのなら、うまく出来るだろうか?という不安よりやってしまった方がいい。初めから失敗してもいいや!とはまた違う。ミスしたとしてもめげない自分になれそうだ!! と・・・・

成長のために反省、PDCAサイクルで言うCは必要ではありますが、なくても得るものはあり、それも成長の内だとわたしは思いました。

もしあなたがたとえ不安や恐れに勝てなかったとしても、悪いとは思わないで欲しい。なぜなら、それは「うまくやらねばならない」「失敗してはいけない」という責任感のようなものが強すぎる。もしくは、心もスキルもまだ準備段階なだけかもしれないからです。

挑戦

ちゃろ思ふ故

やりたい気持ちが整えば、挑戦、行動にするようになります。反対に、挑戦・行動してしまうことで、気持ちを整えてしまう(うまく出来なかったことへの余計な自責ではなく、勇気と行動力に評価のスポットを当てられる)手もあります。効果の程は個人差がございます。お好みのやり方をどうぞ(お試しも可ですよ)

Leave a Reply