愚かしい本音に罪なし 見える化して大切なことに気がついた【逆算手帳】

早くも年明けて10日になろうとしています。うかうかしていられません。
昨年購入して手付かずだった逆算手帳を静々を埋めております。

2017年は手帳でワクワクする未来を手に入れように参加しました【セミナー】

やりたい事を100挙げたウィッシュリストを作成したよ【逆算手帳】

いい感じに進んでいたのですが、10年逆算シートという
ページに来ましたら、書いては消して書いては消して。
どうもしっくり来ない。

5年先どころか、3年先すらここ暫く見通しが立てないほど
浮き沈みの激しい時を過ごしておりましたので無理もなし。
また思っているより自分の中に具体性を持っていないのもあったのも
原因のようです。

ストレングスファインダーのコーチである西素直さんから

「ヴィジョンは記憶できない」

と再三言われていたのも益々納得です、ハイ。

図々しいが本音に蓋をする

ここで引っかかっていても埒があかないので、おおまかに書いいて
本年分の逆算シートへと移ることに致しました。その時に

(これって本当に本音なのか)

と、疑問にも似た思いが浮かびました。

すぐに坐禅を組んで、暫しインターバル。
どうもしっくり来ないのは「こうするといいなぁ」「ああなるといいなぁ」
がどうやら、頭で思い浮かんだ願いー例えばテレビや雑誌などで知らぬ内に
影響を受けた結果の理想・偶像などーだったのです。

さらに手帳を埋めさえすれば、うまくこと運ぶだろうと思い進めて
しまったことも。肚(丹田とか女性なら子宮)と対峙していなかったのが
いけませんでした。

肚の願いたる本音では「お勤めしたくない」でも「お金は欲しい」という
矛盾というより、図々しいにもほどがある思いがあったりと
自分でマジマジとそんな思念を見たくなかった。
そんな都合いいことあるかという点に引っかかっていました。

裁きなしで本音と真っ向お見合い

そこで、どんな愚かで恥ずかしい思いでもいいから、
○×をつける裁きをせず、残りページのあるノートに書き出してみようと、
逆算手帳は一度止めてみたところ

「仕事は辛いものである」という旧観念とわたし、ちゃろさん的仕事観である
「わたしの満足、納得なしは仕事でなし」がぶつかっていたことに
気がついたのです。

そして、お金という物体のために何を四苦八苦しているのやら。
お金がないという落胆。使えないという不満。なくなったらどうしよう
という不安。それらのストレス、怒り、辛苦にまみれて、
求めるもの、こと、人について真正面向かず、気も思考も回らなく
なっているではないかともわかったのです。

さらに書き出し、追求してみればなんのことはありませんでした。
図々しいでも、恥ずかしいことでもなかった。わたしはただ快適で
いたかっただけだったのです。

そして、苦痛に顔を歪め、泣いている人たちに何らかの形でアプローチしたい。
なのに、そのわたし自身が苦痛に顔歪めている場合かともわかり、否、
苦痛でいる必要がないではないかとの考えに至ったのです。

すると「ぶぅわあ」っとが湧いて来たではありませんか。書籍や逆算手帳で言う
ワクワクですね。自己満足でいいじゃない。快適を追求し、とことんやって、
し尽くせばいい。それが自他にとって「希望」という名のものになるかも。

豊かさや自己信頼、好きな人への慈しみを持てる、大袈裟にせよ
「愛」だなぁとの想いにもつながりました。

ちゃろ思ふ故

本年の逆算シートページがサクサクと埋まっていきましたので、
10年シートの方も近々埋まることでしょう。

快適と怠惰・堕落との相違が判別つくかが正直心配ではありますが
「なごみ」というキーワードが浮かびましたので「ぶぅわあ」と「自己満足」とを
セットで愛の人・ちゃろの在り方を進めていこうと決めました。

本音の見える化にけしからんはなし。むしろ、出してしまった方がいいのかなと
此度、学びました。それに逆算手帳は埋めるのが目的ではないしw

=今年は誕生日向けにと公開しました=

ほしいものリスト
そっとワタシに1tsp(*´σ​ー`)エヘヘ

固定リンク: http://amzn.asia/1kNLCDK

どうぞよろしくお願い奉ります!