深夜0時の闇の中、久しぶりにちゃろは泣いたんだ【エッセイ】

どーん!と胸を突かれるとはこういうことなのだろう。
嗚咽する程、泣いてしまった。熱い涙が線になって流れるほどに。

このところ毎日、交際相手とLINEで話をしている。

昨晩の話。

深夜0時に近づき

「そろそろ寝ないと」

と、わたしのことを気遣ってくれるメッセージ。

もっと話をしたいだろうに・・・。

いかんせん、わたしが睡眠不足により体調、パフォーマンスが
祟りやすいのを知っているのだ。

「だなだな」

わたしも、いつも通りの返し。

すると、

「愛されているから」

「近くにいるからではなくて」

「ちゃろから愛されているから安心」

・・・。

月並みな言葉で言えば衝撃。
もっと相応しい表現があるはずなのだが、その時に出てこなかった。

とにかく、体の上からでも下からでもなく。
正面からでも後ろからでもない。なのにどーんと、
貫かれたような感覚が体内を走ったのは紛れもない。

同時に心地の良い感覚がパアッと広がる。
するとに間も無く、目から涙が浮かんで来た。

その旨をあの子にLINEで告げ、おやすみなさいとの挨拶で閉じた。

なんだろう、この感覚。嬉しいだけでは表現しきれない。
まるで憑き物が落ち、傷が癒え、マインドは優しいぬくもりに
包まれながらも、気力はみなぎる。懐かしささえ感じる。

そして、体にもエネルギーが充実。それら全てを含めた感覚だ。

遅れて脳が状態を自覚する。すると!

目から次々どころか、まるで塞き止めていた川が
決壊するかの如く、止めどなく涙が流れ出していた。
もう声を出ずして泣かずにはいられなかった。

振り返れば今までのこのわたしときたら、
相手のために良かれと思ってやったことは裏目裏目に出た。

会いたいというので、電車で数時間ゆられて会いに行けば
しばらくすると「甘えてダメになる」とか言われる。

ワイドショー程度の内容の話をしている最中、突然!激怒されたこともあった。
恨まれたり、嫌われもした。

違うんだ、違うんだと思っても、相手の感情は収まらず。
たとえ伝えたとしても

「そんな訳ない」「そんなこと(言葉)が出る訳ない」
「いいなんて思う方がおかしい」
「そのくらいわかるでしょ!普通。機微がない」と。

わたしの考えや想いは伝わらない。

何が悪いのか、いけなかったのか?さっぱりわからない。
ただ、傷つけてしまったのだなと、とても悲しくなった。

後悔もし、自責でいっぱい。

きっと人の心や気持ちがわからないんだ。
そうか、愛することができないんだ、わたしは・・。

そんな風に思って生きるようになっていた。

最終的には別れ際に嘘をつかれ、あまりのショックに
一過性難聴と失語、そして鬱に。

わからない、わからない・・・どうすればいいの?
愛ってなんなの?優しさって?

それからというもの、恋するような感覚が起きると、
フラッシュバックが起き、恐怖と息の詰まりで心身が震えるようになったのだ。

「愛されているから」

そんな言葉が、よもや生きているうちに聴けるとは。
それも今、一番大好きなになった(なれた)人からだ。

あの子に好かれよう、目の前ではカッコよくいよう、男らしくしよう
と、全く思っていなかった。今までのまんま、ちゃろのままを通していた。
そのままのわたし。

その効果か。年またぎに交際の申し出をする時に
フラッシュバックも恐怖による震えも起きなかった。

わたしは甲斐性がないし、男前でも、懐が広くも、優しい訳ではない。
もちろん「愛」なんて知らない・・・なんて、見下してもない
距離や時間、会う回数でなく、ただただ傍にいるかのように
わたしの想いと気持ちはあの子に向けていよう!

あの子が心から喜び、自分を好きになるような
ハート型のメッセージを投げ続けさせて貰おうと思っていただけだった。

なのにキャッチして、投げ返してくれた。
近くにいるからといった「条件」でなく、
「ちゃろから」、わたしだからというではないか。
ただ在るだけのわたしで「愛されている」と。
「安心」というワードまでついて。

(愛してくれたのは、あの子の方なんだ)
なのに・・・。

うおんうおん泣いた。泣かずにはいられない。

「認められた」「伝わった」「受け入れられた」そして
「愛せた」「愛することが出来たんだ、わたし」
そんな数々の言葉とやっと報われた、解放感なる安心に包まれながら

***************************

間も無くお誕生日( 0w0)ノ ウェーイ

ちゃろさんのほしいものリスト
そっとワタシに1tspはこちら↓

固定リンク: http://amzn.asia/3SZxjRk

お待ちしております( 0w0)ノ ウェーイ