ベキネバ理想像で苦しむのはご両親の望みだからではありませんか

先日弊ブログにてベキネバ娘のお話を致しましたが↓

ありたいイメージを抱えてタラレバではなくベキネバ娘になっていませんか

自分の抱えた理想像は別に問題はございません。
よろしくないのは「信ずる」が故に自縄自縛しお疲れモードのまま
進んだり、イメージから外れた自分にペケ(自責と自己否定)をつけること
だけであります。


 

マゾヒスト?ナルシスト?コメディアン?

理想像になるかどうかは誰も知り得ない。わかるのはそれこそ、
神様なるお方か青色のタヌキ型スーパーロボットのツールを使うくらいでしょう。

ところが

「やれば叶っちゃうんだよね〜」

と、自分で決めて、信じた(ここまでもよき)。な・の・に、
起こすアクションをネバベキと「掟」-具体的にはタスクとか目標とも
言いますけれどね-と設定しておきながら、

クリアしなかったから、出来ない、私ってダメって・・・。おいおい。
自分を正誤判断するようになってしまうのは、いささか妙ではありませんか。
「コメディー」と称したの、そのような流れからなのです。

自分で決めたのに自分に罰っするなんて、掟化してしまったのもありながら、
そもそも理想像は自分の意志で決めた、求めたのになぜ。疑問でなりません。
(趣味の方は、ご遠慮なく。ちゃろはそんなあなたを明確に肯定します)

わたし自身にもかなりの高い理想像がありまして、思い浮かべれば
気分も良いし、反対に苦しくイライラが募りました。なぜなら、
眼前にあるのにいつまで経っても届かないのですから。
ナルティシズム的妄想かと気持ちが沈んだことだってございます。

理想像はあなたの望みって本当?

近頃よく使います

「肚からの声」
「それ(自己の意志たる理想像)って本当!?」
という言葉を用いまして問い、振り返ってみましたところ。
意外な事に気がつきました。それはもう天啓の如く、降ってきたのです、ハイ。

こうであるベキネバ理想像は、両親が望んだ我が子たるわたしの姿。
息子や娘であるあなたにこうあって欲しい、ああなって欲しいという
望みの姿=理想像であるのを望む。あなたはこうあるベキだという親の意志。

つまり両親の欲求に過ぎなかったのです。両親という大人の一方的な
自己満足を満たしたいだけにあなたに向けられたイメージ。それを息子や
娘という子どものあなたは知らぬ間に思い込まされた。

親の望みにも関わらず、人として、あなたの正しいあり方が「理想像」
として刷り込まれて、信じてしまったのです。

もちろん、両親もあなたも、かく言うわたしも果たしてどれがどうなのか混乱したまま。愛だの教育だのと子育てに自己欲求を持ってきているから。
厄介かつ面倒極まりありません。