アドラーと仏教が結ぶフツーであることの意味

ちゃろQ自分を恥じる必要はないとかかんとか言いながら、わたし自身が一番恥じておりまして(´・_・`)ここで言葉にするのも結構、恥ずかしいww

「我が、まま」その名はフツー

あ、自虐をしている訳ではございません。前回のエントリーに書きました、普通(今現在の状態のままのわたしでも十分いい=我が、ままという意味で今後、フツーと表記致します)であることの価値と申しましょうか、意味がようやく分かりまして、それからもう何をしていたのやらと思いますと。ハイ。みっともない自分と向き合い、ポロッとかさぶたが剥がれたような。今までの考えや蓄積して来た学びがコネクトされたような感覚を得まして、自虐どころか身軽になっておるくらいです。

私なんて存在しない

今日も今日とて現場に向かう車の中で、そのような話をしましたら、流れで仏教の話にw誰かが信仰しているという訳でもないのですが。自分を追求するのでなく、性別、大人、親、肩書き、40代など回りにくっついているものをどんどん剥がしていくと、やがて何もない自分が現れる。さらに名前という自分を特定するものさえ取り去ると自分という存在さえなくなってしまう。剥がし終えたというより、むしろ深く掘り下げた状態ですよね。「ないのに在る」「ただ、今、ここにいるだけ」。それで十分(な自分)ではないかというようなーきちんとお伝え出来ず、申し訳ないのですがー内容でした。

仏教とアドラー心理学

オススメされたアドラー心理学を元に書かれた本の中に出て来たり、セミナーでも耳にした「beingなわたしで価値がある」とは、こういう事なのかも?∑(゚Д゚)としました‥‥合っているのか、違うのかは判別つけようもないので(エントリー書きながら、つけるつもりが無くなりましたw)、取り敢えず、これまた自分がよく口にします「わたしの存在なんてない。思い込んでいるだけ」というのと結びつけて、「我が、まま」「フツー」でいいのだとしておきます。

ちゃろ思ふ故

しかし、アドラーは嫌いではないけれど、苦手だな(´Д` )ゴーヤやピーマンと同じですな。

何もないとお嘆きのあなた。ご自身を責めたり、恥じることは全くないみたいですよ。むしろ、何もになくてOKのようですから。

それだと

進学出来ない

就職出来ない

人から好かれない

恋人出来ない

結婚出来ない

お金にならない

幸せになれない

と心配なのですよね。OKどころか不安で仕方ないですよね。人情として解ります。ところが2つだけ申し上げるとするなら、あなたが何もないからではなさそう。あなたは「ない」をすでに持っています。

ちゃろさんは、何が言いたいのやら‥‥それはご自身の解釈、何をどう取るかを選択して下さいませ。

そこそこ、がんばらないで ₍₍ ◝(•̀ㅂ•́)◟ ⁾⁾

iPhoneから投稿

Leave a Reply