指靴・ヴィブラムファイブフィンガーズを履いてみた・その後

弊ブログ「チャロッピ!!」を立ち上げて、明日で、ちょうど2ヶ月。旧ブログ「そっとあなたに1tsp」から数えると2年半経ちます。ほぼ義務的ながらやっていながら、次第に習慣化したのでしょう。更新しませんとやり残した感が強くなっております。また「元気が出ました」「考えさせられた」「涙が出た」「泣いてしまった」などコメントをメールや直に頂戴するようになりまして、独自ドメインを取って始めて良かったと近頃思います。わたしの方こそ1tspを落とせたのだと実感出来まして、元気を貰い、気づかされて、涙が浮かび、感涙しておる次第でございます。

「チャロッピ!!」にて最初のエントリーはヴィブラムファイブフィンガーズという変わったデザインのスニーカーについて。

指靴・ヴィブラムファイブフィンガーズ2週間履いてみた話

こちらのスニーカーについても2ヶ月以上経っていますから、その後のレビューを。お付き合い下さい。

歩き

ソールも特徴として薄く、柔軟性を重視した作りとはいえ、かかとへの衝撃が強く、足首が痛いなと思っておりましたら、それが直接の原因ではありませんでした。

ご紹介元の飯泉さんのブログを拝見しましたところ

五本指シューズ ビブラムファイブフィンガーズを買った時の大切な3つのポイント

足の前の部分をつけるフォアフット着地という歩き方?をする必要があったのです。Oh no! 軽くつま立ちで歩くようなイメージで、かつ、すり足を意識したらば出来るようになりました。今では痛みもありません。早足になると右足は今だにカカトから着いてしまいますがw

効果としてはヒザが楽になったような気が致します。フォアフット着地はヒザに負荷がかかるような感じがして、とても怖かったのですが大丈夫でした。逆に筋力がついたのかもしれませんね。その他は指が解放されいる分、足の疲労が少なかったこと。大阪・金沢旅に履いていった(実証実験)ところくつ

しばらく靴を履いたままでも平気でした。わたしは大概到着駅まで脱いで、席でくつろぐことにしておりますが往路の東海道新幹線ひかり号においては(指靴履いたままだった!)と京都に着く前あたりで気がついたくらいです。

自転車

自転車

本来、ウォーキングやランニング向けのスニーカーなのですが、わたしはバイク(自転車)に乗るときも度々使っています。ペダルのギザギザがヴィブラムファイブ(ソール)を痛ませるのではと懸念を持っていました。坂道を上るときの踏ん張りがあったり、やや長めの走行をしても2ヶ月経って見る限り、穴が空いたりする事ことなく無事です。バイクもフォアフット、拇指球でペダルを踏むのがセオリーでして、自分がどこを載せているか、しっかり踏み込み漕いでいるか、位置と力加減がダイレクトに伝わるものですから、正しいペダリングを矯正するのにもってこいとなっております。また軽量なのもいいですね。

ちゃろ思ふ故

くり返しますが、歩くための”指靴”ですからバイクへの利用は引き続き、要観察です。インパクト大なデザインなのにw次第に履かない方が不自然になってまいりました。履く頻度が自然と増えてきます。5本指ソックスをABCマートさんで購入しておかげで、ローテーション可能になったのが引き金になったんだなと思います。右足第5指の内反への負担がマイルドですしね。電車移動が多いので車内で驚かれたり、二度見されることは相変わらず避けられませんがw「こういうデザインのスニーカーもあるのですね」と身近な人からは好感のある、ご興味持った言葉をかけられます。デザイン+カラーリンは破壊力満点なのでコーディネートには相変わらず、悩み。カラーリングをうまく合わせて、なんとか出来そうですよ。

ものくろ

今後もブログ「チャロッピ!!」よろしくお願い申し上げます。

Leave a Reply