セミナー

WEBマーケティング協会 初心者のためのSEO対策勉強会に参加。ブログに活かしてみた!

WEBマーケティング協会さんの勉強会に参加して参りました。

WEBマーケティング協会についてはコチラ

内容はSEO(検索エンジン最適化)対策について。今まで専門性が高く、またテクニック重視の分野のだろうと思い込んでいた為、正直、本を読んだりして勉強する気まではございませんでした。それでも曲がりなりにもブログをやっていることもありますし、少しは知っておきたい・・・此度「初心者のためのゼロから始めるSEO対策」と題したセミナーでしたので持って来いだなと参加するに至りました。(今月からインプットしないと宣言しておきながらねw)

渋谷

"0から"と言いながらご参加者は

会場は東京・渋谷のとあるビル。マップが裏口を指しておりまして、入り口がわからないハプニングに見舞われながらも、開始時刻には間に合いました(;´Д`A危な

講師は「SEO対策 検索上位サイトの法則52」の著者であり、一般社団法人WEBマーケティング協会代表理事の河井大志さん。SEO対策とは?という言葉の説明から始まり、2015年の傾向やGoogleさんの意向、アルゴリズム、テクニック的なことについてもお話して下さいました。

ご参加者の大半が、なんと専門の方々。にもかかわらず、このようなSEO初心者向け勉強会を受講しに参っていたのでわたしとしては質問もし難い場となり、戸惑いましたが、わからない用語にもきちんと河井さんがご説明下さったのは、ホッとしましたが。

SEO対策というと知識ばかりに偏るSEOマニアも多くいらっしゃるようですが、目的は実績をあげること。ビジネスなら売り上げや問い合わせ、見積もりといった数を上げることです。ブログならアクセス数だったり、PV数でしょうか。なので、想定読者(検索ユーザー)が求めている情報をきちんと出せる、載せるコンテンツづくりは欠かせません。どんな情報を求めているか?検索意図を汲み取って、ネット上に存在するサイトの中から最適な(最高ではない)情報を提供できるようにしておくことは前提です。検索エンジンで[コシヒカリ]と[コシヒカリ 通販]と入力した人では求めているもの=検索意図は違う。後者はネットショップが欲しい情報わけで、ウィキペディアのような情報が出てきても仕方がないということですね。

この記事を読んだ後、すぐ出来るSEO対策

キーボード

ですから、私たちは想定読者にきちんと自分の発信した価値ある情報を的確にお届け出来るようするために、ページおよび各エントリーのタイトル、URL構成、内部リンクやサイトマップの設定などのSEO対策を施す必要もあるのではないか。単なるテクニックではなしに、わたしは読者や情報を求めて来たお客さんに対するサービス・配慮かなと感じました。Googleさんはアルゴリズムが進化したに加えて、手動でのチェックもなさっているようです。あなたがこういうキーワードで調べてサイト、ブログに来てもらいたいと希望するのなら、一つではなく複合キーワードを考える。その他

  1. 体験談、専門分野の立場から語る独自性
  2. メリット・デメリット双方を書く、関連ページ、外部リンクを貼るなどの多面性
  3. 文章量1000〜2000文字という情報量
  4. 文字強調、ハイライト、アンダーライン、段落および段落タイトル、画像利用などを使った見やすさ

を重視して欲しく思います。

GoogleさんのWebマスターブログの方にもいろいろ書いてあるのでお時間ある方、ご興味持たれた方は読んでみて下さいね。

計3回の勉強会です。
また来月にはロングテールSEOについてのお話を伺いに参ります。

一般社団法人WEBマーケティング協会

[URL] http://webmarketing-japan.com/

[FBページ] https://www.facebook.com/webmarketingjapan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です