資質ってそういう事!ストレングスファインダーの専門家に訊いてみた

先日ストレングスファインダーのテストを受けて結果が出たものの↓

ストレングスファインダーのテスト結果が意外だった!

二つの疑問が。一つはTOP1の回復志向について。これは一体全体なんだろう?もう一つはTOP2の共感性と関連して、どのように活かせばいいのだろうか?わからない・・・

GALLUP認定コーチである西素直さんが「仕事に活かせるストレングスファインダー」と題してセミナーを開催するとのことで、ご親切にお声かけ下さいました。いいタイミング( ´艸`)今回はストレングスファインダーについてのお話でございます。それではお付き合い下さい。

ま、マジでか⁉︎もう解るの

IMG_7040

会場に30分遅れて到着するや否や西さんから

「ちゃろさん、(心が)ザワザワしてませんか?」

へ⁈( ̄◇ ̄;)

決してイジワルではありませんwすでにストレングスファインダーコーチの能力を発動して下さったのです。

実は二つめの疑問、回復志向と共感性の取り合わせの回答の一部もありまして

遅刻してしまったというミスをやり直せないのに、取り返そうと躍起になる、すなわち回復志向の心理と他のご参加者に対する雰囲気を察する=共感性の心理が相まうと起きる、わたしの状態なのだそうです。恐るべし西素直!ストレングスファインダーΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

今迄なら、見透かされたみたいで心中穏やかではないのですが、不思議な事にむしろ解ってくれる人がいるような安心感がありました。西さんの資質であるコミュ二ケーションや社交性のなせる技…いや、もしかしたら戦略性((((;゚Д゚)))))))

この二つを発動するとざわざわする・・・という能力では勿論なくww相手の痛みをどうにかする、したい!「癒し」に活用できるのだそうです。いつも多くの人に慰められていたのにね。変な感じです。

ストレングスファインダー is 金子みすゞ⁇

本

ご参加の方、それぞれの質問や資質をベースに回答を兼ねてご説明する内容です。セミナータイトル通りお仕事に際して「自分がどのように活かすべきか、行動しているのか」また「チームメンバーの振る舞いをどのように理解し、接すればいいか」が気になっていたようです。

エニアグラムと同様、タイプがこれだから嫌なんだとか、自分はダメなんだと思うことなく、ストレングスファインダーにおいても人それぞれに力=才能を持っていて、それを利点とし育てて集団(社会、グループ、チーム)において活かせる形に出来ればいいのだなとつくづく思えました。金子みすゞさんの「みんな違って、みんないい」を地でいくのが、これらのテストなんです。

ちなみにストレングスファインダーに使われる言葉。才能、資質、強みって意味が違うのですよ。

・才能ー放っておいても出来る、してしまうパターン

わたしで言うなら、人の感情を察する、自分のことのように感じる事が出来る、言葉では表せない気持ちが解るなどです。

・資質ー上記の才能を集めて集めたものに名前をつけたもの。

上の才能を一言でまとめる=名付けると「共感性」という資質であるということです。

・強み=才能を育んだもの。

才能のみ、集合名である資質を持っているからと言って、開発しなければ強みにはならないということです。いやはや、これにはちゃろさんマイッタ。甘かった(*´σー`)エヘヘがんばらなくとも、努力は必要なんね。

強みは人様のために使いましょう。

資質を活かす3ステップ

資質

人様のために使うとは、対人関係において活かす事でもあります。セルフマネージメントツールにもなるのがストレングスファインダーです。ラベリングするのが目的ではなく、チーム内であなたの得意な方法で行くなら、どれを使う?どのようにやる?また資質が逆にウィークポイントにならないようどう自分をコントロールするか?“HOW”に焦点を当てるのが目的なのです。資質を色に例えるなら、手持ちだけでは限界があるので、好きな色が欲しい場合に「どうするか」。あなたの色を使いながら、他の人の持っている色を借りたり、組み合わせて違う色が作れるようになるためと言ったところでしょうか。

以下にまとめてみると

1)自分の色である、資質について知る。手持ちの色、TOP5の一つ一つについて

2)資質(才能)を理解して、愛する。自分の色の認められない点(ダークサイドな部分)も含めて

3)資質を使う際にはいつ、どこで、誰にを意識する。コントロールすることにつながり、生産的・効果的に使うため。

となります。

ちゃろ思ふ故

ちゃろ

なんでこんな事できないの!!という相手に対する「なんで」という怒りが薄まりますね。ラベリングが目的ではないものの、相手の資質では「こんな事」は苦手なんだとか、こちらのアプローチやスタンスを変えた方がいい、そんな余裕のようなものが生まれます。また、お話もありましたが、ストレングスファインダーには「観察する手間と大きな努力を省く」ツールでもあるから、その方の出来ること、得意なことに注目し、そちらにエネルギーを注ぐ方がいいのかなと思いました。人にも自分にも優しくなれる=承認できるテスト、それがストレングスファインダーです。

最後に恐縮ですが「回復志向」とは、人の困っていること、会社なら問題点を見つけ出して、それを解決する=回復する資質なんだそうです。ドクター、看護師が適任だとか・・・。

sponsor

Leave a Reply