自戒;あなたのそれって意見?ー知らず知らず批判になってませんかー

前々回のエントリーになりますか。「神さまとのおしゃべり」という本を読みまして、解った(悟った)!と吹聴するの方は疑わしいと申し上げました。

今更とあなたは思うかもしれませんが、かなり厳しく「批判」しているなと受け取られたかもしれません。

周りの悟ったと叫ぶ方々の多くが、ついこの前までスピリチュアリズムなものを否定したり嫌悪していていた。

にも関わらず、なぜにこうもあっさりと手のひらを返せるのか?感情論で言うなら「調子良過ぎじゃね?」といった気持ちが湧いてくるからなのです。ハイ

ぱくたそ

あと、わたしの中に「一回言ったことを下げてはいけない」「無責任である」という観念があるからでもありまして・・・

もちろん人生を破壊するカルトや洗脳、お金を吸い上げるだけを目的としている団体や人なら、すぐにでも変わって頂きたいです。

ただ、今まで「大嫌い」「何もアクション起こしていないのに神頼みに逃げて」と様々なメディア媒体で理路整然と語っておきながら、え?何なん?

逃げにも言い訳に使って「いない」人たちやスピリチュアリズムだからということだけで十把一絡げにバッシングー彼らにとっては一意見なのでしょうけれどーをしていたのですよ。

腹立たしさと同時に(がらりと心境変化した理由はわかりませんが)うすら寒さを感じるのです(´Д` )

CON_binta15103412-thumb-1000xauto-13054

突然ですが、お若いご夫婦の話。奥さんの方は、わたしと知り合いです。

彼女はいわゆるアニメオタクで、ボカロミュージックが大好きな方でした。一方、旦那さんは普通に音楽好きでご自身でもギターを弾かれるそうで。

彼女の憩いのひと時にかけている音楽やアニメを事ある度に「こんなの!」と散々ケチをつけていたのです。

ある日、ご機嫌がよかったのか、奥さんのボカロミュージックを聴かせてと言い出した。また、何か言われるのだろうな・・・と心配していたら⁉︎

逆に、翌日からどハマりしてしまったのです!挙句、奥さんの好きなアニメまで見始め、グッズやフィギュアまで買い漁る始末…

こうして趣味が同じになり、ふたり仲良く暮らしました。めでたし、めでたし。

とはなりません!!

旦那さんは今の今までそれこそコテンパンに批判し、オレの趣味は圧倒的に高尚だと言っていた。な・の・に「前からボカロ好きだったよ」と言い張り出すという体たらく。始末に負えません。

その変わり様にもう腹立たしくして仕方なかったそうです。彼女のツイッタータイムラインに「家出なう」と呟かれていたのは今だに忘れられません。

この旦那さん、ないしお二人のコミュニケーションに問題がある気も致しますが、人の嗜好、興味を否定しておいて、このような振る舞いが出来るものなのですね。

くも

奥さんと同じ立場としたら、あなたはいかがでしょう?面白くはないとは思いませんか。誰だって自分の思い・考えや対象は大切にしたいですよね。

ネットコメントやSNS、ブログでも「意見」「考え」という名において「批判」が横行しています。意見、趣味嗜好の違いが、批判・否定していい理由にはなり得ません。

手のひらを変える、嫌いだったもの・人が好きになる。前言撤回的な言動は、わたしにも多分にあったかと思います。

それに人の心は変わるものです。

にしてもです。さも、意見(批判・否定)しなかった、なかったことにして、好き(嫌い)と高らかに唱えられるなんて…

本当の記憶喪失なのだろうか?はたまた厚顔無恥なのか?柔軟性のある人ということなのだろうか…

 

ぱくたそ

辛辣な言葉を使いまして、不愉快になりましたらお詫び申し上げます○┓ペコ

わたしが手のひらを返した(心境の変化があった)人たちを今ココで自分の規範や観念で断罪(批判)してしまいました。

↑を踏まえて、何をお伝えしたいかと申しますと、わたしもあなたも、人は自分が勝手なイメージを先行して対象となる誰かの趣味嗜好、ご意見お考えをきちんと見ず、聞かず、理解せずに解ったつもりになるものです。ですから自分の好き嫌いを述べただけ、これは意見の一つといいながら、もしかしたら知らずに「批判している」かもしれまないのです。

わたしの腹の底を外に出す練習と思考整理にも、弊ブログを利用しております。しかし初夏くらいから思い切りトンがったエントリーを意図して書いていますので、自戒を込めて(自虐でもありますね)

そうそう。
「ちゃろさんも含めて批判するのは、いけないよ!お互い考えがあるから尊重しないと!」と言う人もいます。

そう仰るアナタ!一番お気をつけ下さいませ…

お気づきになりました?( ´艸`)(と追記した、わたしもかw)

気にしすぎたらエントリーはおろか、SNSへのポストもできなくなりますからww
せめて否定、批判とならない意識を持つように努めたく思いました。

Leave a Reply