殴る

あなたを苦しめる元凶が今ここに立つあなたにするーエライ人にはわからんのです2ー

月曜日の話。週刊少年ジャンプなるマンガ雑誌を買いました。「暗殺教室」という連載作品があります(ご存知ない方はこちらを)。

帰宅後ペラペラと読んでいたのですね。登場するマッドサイエンティストがこう言うのです

「その元凶(主人公のこと)こそが…我々をここまで育ててくれたのです」と。

このセリフにΣ(´Д`)ハッ!!としました!そうです。気づき降臨!

宇宙キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

今回は人を傷つける、憎んで当然のような相手の出現は、不幸転じて、今こうして立っているわたしやあなたが存在するには必須条件だった!というお話致します。お付き合い下さい。

自傷行為的な防衛反応を身につけたのには訳がある

マグ

かつて自分を傷つけ、劣等感、罪悪感を持たされて「ダメな人間」だと思い込まされた輩がいました。

それは

両親、家族であったり。

学校の先生、いじめや難癖しかつけない同級生、調子のいい優等生連中。

勤め先で関わって来た人々。上司部下だけでなく、ふんぞり返った土地成金や地元企業の有力者たる大人ども

客意識が拗れてしまったクレーマーもどき

などなど

とにかく長年にわたりわたしの中を憎悪の気持ちでいっぱいした連中。怒りの対象であり、クズの象徴でもありました。

自己肯定感が育つどころか、無意識に自分がそういう痛めつけられ役と思い込まされたのですよ!それこそ人生を奪われ、滅茶滅茶にされた訳です。

相手のせいにしていますが「エライ人にはわからんのです」。でも一筆w今、こうして書いているわたしならば、

思うに自己を防衛するには「わたしが悪いんだ」という卑屈な思考を取るのが最適と当時は健気にも信じてしまった=ビリーフにするしかなかったと推測しますけれどo(TωT )でもカワイソ

守っているつもりで自らを傷つけながら、人を憎んで恨んで生きるしか思いつかなかったのです。

「元凶」がまさかの・・・

暗殺教室

とは言うもののΣ(´Д`)ハッ!!としたのは「元凶がいて」の点ではなく、その後に続く

「いてこそ」「ここまで」「育ててくれた」にです。

応援し励まして下さった暖かい人たちもわたしには幸いいました。数々の消したい奴ら、みっともなく卑屈な過去がありながらも…

でも、しかしです。そうだ!!!奴らも「いて」
「ここまで」「育った」今のわたしがいる(在る)んじゃん!これ、すごいわ!と。

今、ココに在る「わたし」は唯一無二。価値ある存在になっているとしたら、感謝しようとかまではいかないし、いきたくもないにせよ奴らがここまでの成長に至るまでの過程においては必要かつその担い手となっているではないか!!!!

カミナリに打たれたという表現は聞きますが、まさにピシャー!音も遅れることなく。よーやく、どん!!と落ちたのです。ハイ。

精神の澱みがスーッと消えていく感じ

ガンダム

いじめや不遇をバネにしようとか、復讐心や怒りを支えに「いつか見ていろよ」と網走番外地シリーズのごとき心持ちでおりましたが、もう必要ありません

かと言って、いい子ぶり「恨みや怒りの感情は心身に良くないから」とか、「未来を見つめて前へ進めばいい」というポジティブばかの理屈で自身を丸め込もうとも。

また酷い目に遭うかも・・・というよろしくない後ろ髪の引かれ方は一切なく、実に自然に手放すことが出来たのです。

引きずっていた澱みような気持ちが、さーっと消えていきました。わたしが在るのには必須条件だったんだ。

だから現れたのかな〜(ノ◇≦。)

もし、過去に戻れて、やり直したり、嫌な苦痛な場面や人をdeleteしていたら…こうしてあなたに向けて文章を書いている「わたし」ではない"わたし"でしょうね。平行世界、パラレルワールドの住人だったはずです。

ちゃろ思ふ故

ねこ

いかがでしょうか。わたしの体験談なので解りにくいかとは考えながら、つらつらと述べさせていただきました。

人は様々な傷や過去を抱えていると思います。それをあーだこーだ人や本などから言われて消滅させるのは、たいへんなことです。

ですからわたしは、その傷なり過去なりがあなたの心に影を落とし、闇包まれませんようにと祈る言葉しか出てきません。

しかし、悲しくなったり、辛くて苦しくて、やり切れない思いでいっぱいになる、あなたのそのお気持ちは、よく解る。なぜなら

今のあなたが、昔のわたしだったから…

解放されたおかげでカラダに氣がみなぎり、ヒャッホーなんてww
一人、はしゃぎ喜ぶことなんて出来ないです。

弱虫ですな〜〜(●´ω`●)ゞエヘヘ♪

最後に影が落ちているあなたへ。

「きっと解放される日が」なんて無責任過ぎることは言えません。でも!

大丈夫!
わたしがお側におりますから。ひとしずくの慈しみとスプーン一杯の癒しを持って

お知らせ御免

ブロガーズフェスティバル、本年も開催します!!
3年連続でスタッフを務めさせていただきます。従来よりより規模を大きくして、皆様のご来場をお待ちして致しております。

詳しくはこちら→ブロフェス2015

応援スポンサーさま、ありがとうございます。*一部です。

日本マイクロソフト

コクヨ

ノマド的節約術 

**************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です