カテゴリー別アーカイブ: 心・精神

坐禅は心と脳と精神のデフラグなり

11日土曜日は、今年初めての坐禅セッションに行って参りました。
わたしの場合、とくに習得する目的は何もなしに、個人の感覚的なもので
昨年からなるたけ間を空けずに通うことにしておるのです。

関連記事;神奈川県稲村ヶ崎 月読寺坐禅セッションにてココロのお稽古をしました

行き帰りの時間と運賃まで含めて考えてみても、我ながらよく続いているな
と、感心しております。



自宅にて坐すより住職の法話とご指導が頂ける点はココロの
整体さながら。午前の部とお昼の食禅に参加するだけで十二分に
精神・魂が静かに収まる位置に収まる。そんあ気がするのです。

特定の宗教を信仰はしておりません。教義に縛られるのは好みませんし、
禅道という言い方で広大にて無量なる思想として捉え、接し、
実践することがわたしには相応しいと考えるからです。

訳もなく、神経がざわつく時は大抵、しばし自然に触れていないか、深い禅の境地に
置かれていないのであります。道場は鎌倉にございますので、海山共にある土地柄。
さらに良くもなるのでしょうね。

この日のあとは、坐禅(瞑想)の深度が今までにない程に。
実に気持ちが良くなりました。

また、あれやこれやとたくさんのやらねば並びに時間がない!にて自らを
焦らせていたり、思い浮かぶ思考に対してやたら正誤、善し悪し評価判断をしている
ものだなと気がつかされました。

さらに(説明し難いのですが)オレオレと自分で申し差しているオレとは誰ぞ?
という疑問が湧き上がりまして、問い質せば「オレ」とは、私ことちゃろではない。
いつの間にやら出来上がった思考フィルターから落とされ、どこからとも
誰のものとも判らぬのにやってくる勝手な思い浮かび=観念の声。

お主は「脳みそ」さんではないか

と行き着ました。言い換えると脳(思い浮かび、観念)と自分は同一では
なさそうだなと当たりがついたのです。ここまで来ると危なさをあなたは
感じるでしょうけれど・・・

日頃忙しく過ごしている内に行き場なく彷徨うココロ。
その収まりどころに仕舞うお稽古としてやってはいかがでしょうか。
お勧め致しますよ。

ちゃろの疾患テレビ病の治療について考える

讀賣新聞に編集手帳というコラムがございまして、
1週間前の12月3日土曜日掲載の中に「テレビ病」なる
言葉を見つけました。その言葉から思う事がございましたので
お話致します。お付き合いのほどを。

ちゃろはテレビ病に罹っている

AC

あなたは「テレビ病」って何よ?と思われたでしょう。
テレビばかり見ている人を指すことばではなく、イラストレー
ター山藤章二さんの著書『ヘタウマ文化論』(岩波書店)において

(テレビに)映ったときには必ず何かに面白いことを言わないと、
無能、芸なしと思われるんじゃないかと・・・

そのような不安になることを病気に例えた造語です。

この造語の意味にハッとなりました。そうだ、わたしは「人」を前にした
ときや意識したときに必ず何か言わないといけないと常に思っている
表面的には沈黙が怖い、喋ることが楽しい、ウケてもらえるのが嬉しい
が理由だけれども、深い意識下には

「何もできないわたしは恥ずかしい」

「ダメな自分なのだから喋ってないと」

という強迫観念から行動している。
正にテレビ病の症状だと気がついたのです。

自己低評価とモデルにメスを

AC

病人たるわたしは、自己評価の低さと勝手なあるべき姿=モデルに
もがいている。ですから楽しいのに苦しい。嬉しいのに辛いのです。
そんな葛藤に心は落ち着かず、精神は満ち足りること決してありません。

「刹那に精魂尽くす」と申せばカッコイイのですが、瞬間瞬間の
安堵を点とし、線になるのですから常時戦闘態勢。それは絶えない
渇望から緊張を強いているに他なりません。

省みると人を別れた後次第に、自覚し始める疲労感は相当のもの。
アルコールの勢いで正論という名の愚痴をこぼしている一部の
サラリーマンのエネルギー浪費の方がマシではないかと思うくらいで。

本物の病気になる-もしかしたらすでに軽い精神神経疾患になっているの
かもしれませんが-くらいなら、良い加減に落ち着きたいと願うなら
治療の必要性はあるでしょう。

テレビ病の根本的な原因たる己自身への羞恥心と面白いわたしなら
価値あり意識にメスを入れるのです。

面白くするのは好ましい。けれども、お笑い芸人さんやTVタレント
さんはお仕事でなさっている。だから、ちゃろが心穏やかにせずしてでも、
同じようにしなくてもいいのだよ。

緩やかに居るだけでも十分。同じ時、処で穏やかに居られる人たちが
いたとしたら、何もならないではありませんか。恥ずかしい人でも
能なしでも、無価値でもないのです。

記憶に上りはしないけれど、むかしむかし誰かに叩き込まれた
モデルと低い自己評価を自分自身そのものだと思い込んでしま
った
に過ぎないと認め、受容し、ゆるすのがよろしかろうと。

ちゃろ思ふ故

AC

テレビ病のお陰で周りの多くの人を魅了し、楽しませて来たことも否めません。
それよりも心穏やかにがいい、落ち着いて人と会えるようにしたい
のなら治療の必要=やめるという選択をしましょうということですね。

あなたがわたしと異なり「ウケることが肚からの願い」
「生き甲斐を感ずる」のなら、ぜひともお続けになる方が良いと申せましょう。
自己顕示欲は誰しもありますし、楽しく笑い合う雰囲気を作れるなんて
見事なスキルですよ。

くれぐれもご注意。テレビ病を「悪」として理由付けて不必要(治療)と
判断しないで欲しい。今までの自分に結局、ペケをつけてしまうので
罪意識は残るし、一番大切な自分自身への「ありがとう」と「お疲れさま」
が言えなくなりますから。

自分が嫌いだからこそ思考と意思決定は止めないようにするのがいいと思うの

思うところをホイホイとエントリーにしつつ、現実では
行動で語れていないのが遺憾でございます。ちゃろです。

が!?次第にいい感じで、良き点も好ましからざる点も
「自分」を受け入れ出して、しっくり来始めております。

今までは心(本音)と体と頭が三位一体ではなく、いい時でも、
いずれかの二位一体でした。頭でこうした方がいい(せん方がええ)
からというので体は動きとして反応するのですが、心は
ムムム・・・なんて感じだったのです。



本音と汚れた自分を眺めて

img_9380

そのようになったのはどうも自分の中にある思うこと、
抵抗ありつつも本音を少しづつ出すようになったからでしょう。

例えば反対意見、自分の見解とは違うということを述べる。
見る人が見たら批判や悪口になっているのかも知れませんが
ァハハ・・(^д^;)

そもそも自分の意見が特定の誰かと違う、そうは思わない
というのはいけないこと?違うよ!おかしいよ!という感情は悪??
そう決めているのはどこの誰でしょうか。

マイナスな言葉を出してしまい((しまった!やっちゃたと))
凹む程度ならまだしも、自己叱責を始めてしまうのは?

そう!自分自身だったのです。てっきりちゃろ以外の誰かさんが
ダメだよ、そんなの!とか変だよね?それって!言っているのかと
勘違い(思い違い?)していたのですよ、ハイ。

自分がどんな悪口、陰口を言ってしまおうが、ブログやSNSで
disってしまおうが、オススメされた本、食べ物、服などが
あろうとも気に入らなければ拒否しようが、とある人のいいところ
なんて見ずに嫌いなら嫌い・・・と眺める

そうしたら、否定的・ネガティブ・ダークサイドにある自分
や本音が乾いたスポンジに、水が吸い込んでいくみたいに

丸ごとの私でもいいな〜〜!!

とスゥー収まったんですね。ゆるせていたことに気がつきました。

これぞ「本音が黒い?黒くても良くね!?」の心境。
自己弁護ではありませんよ(*ゝω・)b

本音が己を尊び孤高なる者にする一筋の光

img_2007

意識高い系の高尚かつ頭のいい「正しい人たち」は、

気分が悪くなるから

自分に跳ね返るから

とたいへん素晴らしいことを仰います。さすが心が整い、賢い、
健やかなる方々はご立派でございますな(‘-‘*)(,_,*)(‘-‘*)(,_,*)
間違いでは決してありません。

ただ、その正しい人たちと同じ意見、見解でないと
(無自覚にせよ)ならないとは、ちゃろは思えません。
そんなこと思ってませんでしたか?

思考停止〜〜。自己判断、自己選択、意思決定というものが
なさ過ぎるではありませんか!!もっと言うなら自分自身が自分として、
限りある時間、この世に現れたのにかわいそう(ノ◇≦。)

皆が皆同じレベルで正しい(強い、目覚めた、自己肯定した)訳がないのに。
さらに正しい人に合わせたばかりに、自分を責めて、なじって、いじめる。
なんて悲しい。

飛躍した意見ですが、そんなことをしてしまうくらいなら、
いらないのは自分自身ではなく、立派な友達や仲間、メンターです。

とりまでもいい。ならば自身が自分の友達、仲間、メンターになる方がいい。
自分を好きになる(受け入れる)というのはこういうことじゃあないかなぁ〜。

孤独、ひとりの価値です。=寂しい、=かわいそうな人なんてのは、
どこかで植えつけられた観念になりません。群れなす中から少しズレて
見るのもよろしいかと思います。

ちゃろ思ふ故

img_2279

多くの人が影響力のある人、著名人、専門家が言ったから、
私もYESまたはNOとなってしまうのはアホ←\(`o'”) コラコラ

本音を聞いてない、思考しない究極のめんどくさがり。
かつ自分を慮ってない人間と言っても過言ではない
ひとりで居られない者が複数人で居られる訳がない。

自分(孤独)を尊び、醜い本音も清き思いも混在した心。
明晰であろうとなかろうと己で判断・選択・決断する・できる。
そして病人なら病人なりの、怪我人なら怪我人なりの、
もちろん健康なら健康な人の!その人なりの健やかさ
を持っていれば、"孤立"なんぞは無縁ではないのでしょうか。

本音に意識を向けてたら自己の攻撃性に気づいてしまったの

昨晩とあるブログを拝見していましたら気がついたことがありました。
わたしは無自覚なのですが、今回はdisり記事にかなり近いと思います。
決して逃げではないことで前提に申し上げますと、以前から
「読まれないブログ」、「自己記録日記」で現在進めていること。
disりが主旨のエントリーではありません。

ごくごく一部の読者さまに不快な思いをさせても毎度ながら
悪しからず!←一応言っておくw



薄っぺらな善語りに目眩がする

チキンラーメン

巷で多く見かける食の安全と「病気」が関連するというテーマのブログでした。
記事としてはインスタント食品について。
自宅での実験画像を交えながら書かれたもの。

ご自身の意見、お考えですからヘイトや暴力的でないなら、
ちゃろさんとしてはブログに何を書こうと構わない

と、アタマでは思っていたのですが・・・不愉快。
ちょっとした知識をベースに自宅実験の画像ーインスタント麺と
ただの麺のそれぞれの茹汁を冷蔵保管した後のものーを
お子さんの表情も加えて、アップしているのです。

ブログタイトルに健康に過ごすとかならまだしも「病気」という
ワード使っているものですから、さもそのインスタント食品が
病気に繋がる、悪いものだと言いたいように読んでしまいます。

ちゃろの底の浅さも否めませんが、こうした安全、安心−かなり極端に
言い換えますと「善」−に関する事柄。それを不快な画像と逆に多くが
好ましく感じる(とくにお子さんを使った)画像を比較して使う。

文章もはっきりした表現でなく、やんわり。さらに箇所箇所で逃げ口上。
ソース元も載せていない。

面白半分に不安感・不信感を煽る。自己関心事を
「わかりやすく正しいことを読者に教えてますよ〜」みたいな
その薄っぺらさにちゃろは気に入らなかったのです。

扇動的善人とする認知の歪み!?

MM21

さて、本題。(前説、長いよ!)この手のペッラッペラな
善語りに対して気に入らない、嫌いという感情とと共に
攻撃性が自分の中にある!と気がついたのです。

食の安全や雑じりっ気のないものを食べる方がいいという論点には
異を唱える気はさらさらございません。むしろ、実践してはいないながら
ちゃろさん、興味があるくらいです。

偽善が鼻につく?とんでもない!!

善に重きがあるなら、何もやらないよりいいではありませんか!
むしろおやりなさいな!!と思っているくらいです。

内容、扱ったテーマよりも「正しいことを証明したのであーるエッヘン!」
というナルシズムなのに、鵜呑みがちの人、何かにつけ不安感で
グラグラしてしまう人、自分の頭で考えているつもりになっている人に
対し

「善である」

「正しいのはこれだよ〜」

「わかりやすいでしょう」

「面白いでしょう」

と何気なく、さらりとー繰り返しますがわたしからすると全然ー
押し付ける態度。加えて誰もがわかりやすい悪(不快)を表立てて比較した上で
自己善を通そうとする「扇動的善人」にちゃろは怒りの反応を示したのです。

衝動的で感情的でもあると思います。正しいとも思っていません。
嫉妬、やっかみなのか??反抗心!?

きちんと見れているの?ちゃろさんよ〜

と言われれば、自身でもはっきりとはわかりません。認知の歪みの
可能性はあるし、過去にあった何かが原因でオートスイッチが入る。

アドラー心理学的に言うなら、怒ることに「目的」がある。
それこそ逆にちゃろの善を押し通したい。
「オマエちゃうやん!」といちゃもんつけて気持ち良くなりたい。

もう一丁!脳機能で言うなら報償系に操られているのかもしれません・・・
認め難いから沈め込んでたりしてなァハハ・・(^д^;)

分析・判断すれば、人はなんとでも言いようはあるものですから。

ちゃろ思ふ故

他人の扇動的善言動に不快感と嫌悪感を持ち、ゆるしの精神ではなく
攻撃性が発動する"私"がいるのだな〜と知った。

忘れないようにここ置いておきたかったのです。一方、
汚れた感情として少し前なら自己嫌悪し責めたであろうちゃろが
全く己を責めず、否定しなかったことにも気がつきました

たまゆら

直そうとか、いい人、カッコ良くなろうパターンのラッピングペーパーで
「欲」を包まず、持たずにその時に済んでいたからかもしれません。
まいっかのココロ〜〜。

この攻撃性、不愉快に感ずるのもちゃろの一面。あるがまま。
うーむ、優しくない。慈愛のココロが足りないってな Σ(´Д`)ハッ!!

他人様にもこういう眼差しでいられるとええんちゃうか?www

 

知らんけど。

邪念的感情を持った自分を叩く位なら外に出してもいいと思うの

運を寄せるというのでしょうか?ツキが離れないようには
ネガティブな言葉使わないなどと申します。悪口、愚痴、不満、
怒り、泣き言、ボヤキなどなど。

ふむふむ。世に言う成功者と呼ばれるーちゃろはこの言葉の確定的な
意味が今ひとつよくわからないですがー方々はあまり使っていない
ような気も致します。

で、パンピーが幸せになろう、素敵な人間になろうとして、
極力使わないようとする心構え。たいへんご立派ですし、異論は
ございません。

しかし、ネガティブな言葉を発したくなる感情、
自身の気持ちというものは?はてさて?
どうなさっているのでしょうか?



溜まったネガエネは既に出すと決めている!?

ゴジラ

邪念のような自他共に好ましくない感情を抑え込んで、
自他を叩いてしまう=ダメだとバッテンをつけるのなら辛いばかり。
とても幸福で心穏やかではないと思います。

抑え込むとちゃろさん的見解では(特に負の感情に対して)
無感覚になる危険性とネガのエネルギーはたまる一方。
それが長年に渡れば、心身になんらかの支障をきたし、
さらに思考も真っ当ではいられないというものではなかろうかと。

たまるエネルギーを仏教では業(カルマ)と呼ぶらしいのですが、
それはいつしか必ずや外に出てしまうものなんだそうです。最早、
出る、出す、と決めてしまった事のように。

「しまった!もっと違う言い方があったのに!Σ(∩˃͈ ╻ ˂͈ ∩)‼︎」

となるのも、業がたまった結果。怖い気も致しますが、決まっていた。

感情をコントロールしよう、心を豊かにしようという視点でないのが、
歴史のある思想でありながら、中々面白いなとちゃろの関心を引きました。

さららと流るがまま

IMG_1023

後悔や反省、お相手に対する申し訳なさはあるものの、
吐き出したことで業は一旦リセットされる。だから今後
そうならないように致しますし、徳を積む気にも自然になる

先述の幸せになろう、素敵な人になろうとナチュラルに
流れていくのではないでしょうか。すれば、幸福で心穏やか
ですから、罵詈雑言、ネガティブに「なりよう」がない

さらに快を求める性にうまく乗れば、あーら不思議!
いちいちネガティブな言葉を使うのは止めようとか、
邪念のような感情を抑え込もう、素敵な人にならねば意識、

言い換えればどこぞで聞いたお話(理論)に従おうと
頭で考えなくなるものです。

ちゃろ思ふ故

ちゃろ

もちろん、業はまた次第にたまって参りますけれど
ー長くなるので詳しく本エントリーには残しませんがー
どんな感情でも抑える、無くす、修行して邪念を湧かないように
という対処療法ではないこと。

そしてご自身の至らなさ、未熟さだけが原因ではないと覚えておく
のも気が楽かと。外に出し(怒り)たくないのではなくて、
業、ネガを出した人様に迷惑をかける「自分」=カッコよくない、
素敵でなくなるのが怖いのかもしれませんし。

理詰めでは息がつまります。
他人は良かれとご高説を唱えますが、それが我を押し付けている
場合もあり。その御仁はもちろん自覚がございませんし、
責任は取ってくれません、ハイ。

思ふがまま 流るるがまま
平穏たれ 安穏たれ 苦「少なく」
幸せであれ