タグ別アーカイブ: ありがとう

好きなところカードを渡してみようー本命クッキーをお受けしましたー

人類にとっては小さな出来事かもしれないが
ちゃろにとって大きな出来事である。

ヴァレンタインデーなる商戦に乗っかるどころか、関わる事のなしに半世紀近く。2017年の今年、年男である不肖・ちゃろ。

ついに本命なる贈り物をお受けしたしました!!
(拍手でございます。大拍手でございます)

プロ独身およびブサ男の長きに渡る歴史において、これは快挙極まりない。いや〜人生ドラマだわ。

手焼きか!?コレ

交際相手から「クッキーを焼いたので持って行く」とのLINEがございましたので、配達などとは滅相もないと
わたしからお受け取りに馳せ参じました。

モテないを拗らせると変にビビってしまうものです、ハイ。

自宅で開けますと、おー!神々しい
思わず手を合わせてしまいました←大袈裟ですが

いろんな形とサイズ。味も2種類入っておりました。
口にしますとしんなりしていたり、硬めだったりと
これまたいろいろありますが、中々どうして。

贔屓目にしても結構、いけました。

わたしの好きな「仮面ライダーカブト」

それに出てきた台詞

おばあちゃんが言っていた。
どんな調味料にも食材にも勝る物がある。
それは料理を作る人の愛情だ。ってな

というのは、正にこれではありませんか。

好きなところカードで嬉しい楽しい感涙

クッキーともう一つ。ラブレターならぬ
「好きなところカード」が入っておりました。

先日、好きなところ100というプレゼントブックが店頭にありまして、交際相手がコレに大反応しておりましてね。

そこで今回、彼女なりにカードにしてわたしに渡してくたのです。100は時間と体調の都合上書けなかったようですが、
それでも思い出しながら1枚1枚カットを挟み込み、作ってくれたのです。
自負・自覚することもあれば↓

カノジョ・アイにしても2倍10倍増しに評価じゃね?wと照れてしまうカードがあったり。

また、よーく見ているな〜↑↓という部分に感心したりw

嬉しいではありませんか。

とくに「欠点だなぁと」「多くの女性はドン引き」と思っていたのがカノジョにとっては魅力的に映ってたりする。これは驚きでしたね。
勝手な自己評価であることの気づきと共にもの凄い受け入れられた感を得ました。

1枚めくるごとに心がほんわかしたり、思わず笑ってしまったり、
中にはポロポロと感激+安堵の涙がこぼれたり・・
ヴァレンタインデーに、たいへんありがたく素晴らしい、愛情が具現化した贈り物を手にしまして、幸せを感じました。

ちゃろ思ふ故

クッキーは勿体なくて、ゆっくりと頂くつもりが!?
一気に食べてしまいました。今まで自分とは無縁のこと、ものであったのですが、これ程までにマインドが高まるとは。

思いを込めた品々を渡してくれる人がいる。すると低い自己評価や自己蔑視をするなんて、とてもではありませんが出来なくなります。カノジョ(カレシ)に悪い、悲しむという後ろ向きの発想ではありません。

大切な人に受容されて、愛したい人をより大切にするには、否定、嫌悪している場合ではない。それは不必要。やるべき事ではないと自然に気づくのです。パートナーを大切にする即ち、自分を大切にするのと言ってもいいでしょう。

お付き合いしている同士はもちろん結婚されている方も
100でなくても「好きなところ」を紙やカードで
ぜひ出し合ってみて下さい。

強みや自分のイメージを知るのに負けず劣らず、好ましい影響を及ぼしますよ。

*************************

【お知らせ】
川崎にて羊毛フェルトのワークショップを2/25にやりました!
ご参加、誠にありがとうございました。

募集詳細はこちら↓
ちくちくフェルティングでおひなさまを作ろう!羊毛フェルトワークショップ

*****************************

深夜0時の闇の中、久しぶりにちゃろは泣いたんだ【エッセイ】

どーん!と胸を突かれるとはこういうことなのだろう。
嗚咽する程、泣いてしまった。熱い涙が線になって流れるほどに。

このところ毎日、交際相手とLINEで話をしている。

昨晩の話。

深夜0時に近づき

「そろそろ寝ないと」

と、わたしのことを気遣ってくれるメッセージ。

もっと話をしたいだろうに・・・。

いかんせん、わたしが睡眠不足により体調、パフォーマンスが
祟りやすいのを知っているのだ。

「だなだな」

わたしも、いつも通りの返し。

すると、

「愛されているから」

「近くにいるからではなくて」

「ちゃろから愛されているから安心」

・・・。

月並みな言葉で言えば衝撃。
もっと相応しい表現があるはずなのだが、その時に出てこなかった。

とにかく、体の上からでも下からでもなく。
正面からでも後ろからでもない。なのにどーんと、
貫かれたような感覚が体内を走ったのは紛れもない。

同時に心地の良い感覚がパアッと広がる。
するとに間も無く、目から涙が浮かんで来た。

その旨をあの子にLINEで告げ、おやすみなさいとの挨拶で閉じた。

なんだろう、この感覚。嬉しいだけでは表現しきれない。
まるで憑き物が落ち、傷が癒え、マインドは優しいぬくもりに
包まれながらも、気力はみなぎる。懐かしささえ感じる。

そして、体にもエネルギーが充実。それら全てを含めた感覚だ。

遅れて脳が状態を自覚する。すると!

目から次々どころか、まるで塞き止めていた川が
決壊するかの如く、止めどなく涙が流れ出していた。
もう声を出ずして泣かずにはいられなかった。

振り返れば今までのこのわたしときたら、
相手のために良かれと思ってやったことは裏目裏目に出た。

会いたいというので、電車で数時間ゆられて会いに行けば
しばらくすると「甘えてダメになる」とか言われる。

ワイドショー程度の内容の話をしている最中、突然!激怒されたこともあった。
恨まれたり、嫌われもした。

違うんだ、違うんだと思っても、相手の感情は収まらず。
たとえ伝えたとしても

「そんな訳ない」「そんなこと(言葉)が出る訳ない」
「いいなんて思う方がおかしい」
「そのくらいわかるでしょ!普通。機微がない」と。

わたしの考えや想いは伝わらない。

何が悪いのか、いけなかったのか?さっぱりわからない。
ただ、傷つけてしまったのだなと、とても悲しくなった。

後悔もし、自責でいっぱい。

きっと人の心や気持ちがわからないんだ。
そうか、愛することができないんだ、わたしは・・。

そんな風に思って生きるようになっていた。

最終的には別れ際に嘘をつかれ、あまりのショックに
一過性難聴と失語、そして鬱に。

わからない、わからない・・・どうすればいいの?
愛ってなんなの?優しさって?

それからというもの、恋するような感覚が起きると、
フラッシュバックが起き、恐怖と息の詰まりで心身が震えるようになったのだ。

「愛されているから」

そんな言葉が、よもや生きているうちに聴けるとは。
それも今、一番大好きなになった(なれた)人からだ。

あの子に好かれよう、目の前ではカッコよくいよう、男らしくしよう
と、全く思っていなかった。今までのまんま、ちゃろのままを通していた。
そのままのわたし。

その効果か。年またぎに交際の申し出をする時に
フラッシュバックも恐怖による震えも起きなかった。

わたしは甲斐性がないし、男前でも、懐が広くも、優しい訳ではない。
もちろん「愛」なんて知らない・・・なんて、見下してもない
距離や時間、会う回数でなく、ただただ傍にいるかのように
わたしの想いと気持ちはあの子に向けていよう!

あの子が心から喜び、自分を好きになるような
ハート型のメッセージを投げ続けさせて貰おうと思っていただけだった。

なのにキャッチして、投げ返してくれた。
近くにいるからといった「条件」でなく、
「ちゃろから」、わたしだからというではないか。
ただ在るだけのわたしで「愛されている」と。
「安心」というワードまでついて。

(愛してくれたのは、あの子の方なんだ)
なのに・・・。

うおんうおん泣いた。泣かずにはいられない。

「認められた」「伝わった」「受け入れられた」そして
「愛せた」「愛することが出来たんだ、わたし」
そんな数々の言葉とやっと報われた、解放感なる安心に包まれながら

***************************

間も無くお誕生日( 0w0)ノ ウェーイ

ちゃろさんのほしいものリスト
そっとワタシに1tspはこちら↓

固定リンク: http://amzn.asia/3SZxjRk

お待ちしております( 0w0)ノ ウェーイ

セミナー参加前、すでに「決める信じる行動する」をしていたちゃろさん

セミナーに参加したことで「決める」「信じる」「行動する」の
必要性を学びました。思い返してみたら、わたしにとって大きな
「決・新・行」をしておりました。それも二つ。

お付き合いください。



フェルトアート個展のカンパを募った

個展

フェルトアートの個展を開催した際に、移動や材料など
経費が心もとないなと感じました。アルバイトしようかなと
思い浮かんだものの、そうそう1dayというのに出会えません。

それでも、何とかする、お金手に入れると「決めました」
わたしが単独個展をする。それも人生初となれば、
お金は集まると「信じて」。むしろ、信じられたという方がしっくりくる程に。

不思議ですよね。そうしたら思い切って、イベントページやSNSに

「カンパ大歓迎」

と告知していました。後悔とか、怖れは全くなし。妙な罪悪感や
「成功させないヤバい」という重たい義務感も。

ただ有難く受け取ろうという気持ちだけになりました。おかげさまで
カンパは集まり-それも普段から仲間だなんだの口にしない人たちから-ました。

「喜び」をお返ししたく新作の返礼オリジナルのフェルトドールを
作り上げるまでに至ったのです。

セミナー参加費を賄うポスト

img_2411

前回のエントリー

には、ただ参加して、自己解釈ながら学んだことを書きました。

実はお恥ずかしい話、開催日の3日前までセミナー費用が
賄えずにおったのです。

あきらめよう・・・でも、年末最後は出ることにしていたし・・・
でも、費用が・・・と思考がブランコのように行ったり来たり。
挙句、疲労感が出てくる始末、

「これではアカン」

「自分を認めはじめ、喜びが循環する生き方が、
もうできる(してもいいと許可する)のやから」

恥は重々承知の上。参加費工面したろと「決め」まして、
ちゃろの思いを聞けば、どなたか手を差し伸べてくれると「信じ」ることに。
これまたSNSにポスト=行動してみました。

そうしたら直前も直前で、アルバイトのお誘いや貸して下さる方が
現れたではありませんか。工面をして下さった方は、たいへん興味を
持ってくださり、お会いした時には「自分も参加してみたい」とまで
おっしゃって下さいました。

アルバイトのお歳を下さった方は「よかったね」とメッセージをくれた
だけでなく、工面してくれた方へもお礼を伝えていたとか。有難いですね。

ちゃろ思ふ故

img_2491

両方ともお金のお話。あなたにとっては夢実現の為の決める、
信じる、行動するではないから、違和感が有るやも知れません。

加えて、行動面におけるやり方も適当かどうか、わたし自身
わかりません。わたしに信用とバリューがあるなら、既に手元に
お金はあったでしょう。

しかし、川が上流から下流に流れるがごとく、さらさらと
浮かび上がったことを「決・進・行」したのは事実。嘘ではありません。
今までなら、プライドや一眼を気にして、恥やうしろめたさ、また成功しても
負い目を抱えていたでしょうから。

そんな不快や恐れを超えて、求めるものが手に入り、やりたい事がやれた。
その点に着目して下さい。。そして、あなたが

「あのチャラチャラ野郎のちゃろさんが出来たんなら」

「オレなんか簡単にやれるんじゃね?」

「私もやってみよう」

と、実践に繋ながる「勇気のバトン」が渡ったのなら幸いです。

公開済みエントリーが222になって考え直す機会になった【ご挨拶】

「目指すは200記事」

プロブロガーや有名ブロガーさんからの話で前々からありました。

先月(あれ?先々月末だったか?)
弊ブログもその200記事に達しておりました。

こういう時には「200記事達成」とかタイトルを打って
ブログを書くものですがそこはエニアグラム・タイプ4。

やめましたww へそ曲がり



200記事超えるとブログが変わり出すそうですね。
わたしはPVを取っているでもなく「読まれないブログ」と銘打ち、
好き勝手に書いておりますし、どこかで人様が読むなんてなかろうと
思っておるので、気にも留めず。

ところが!!
近頃、どうもごくごく身内ーアメブロ時代のブロ友さん、
livedoorブログ時代以来の読者などーのみでなくなくなり、
意外な人や知らないところでご拝読いただいているようで。

罵詈雑言、愚痴ボヤキ、怒り・disりに限りなく近い、
ダーティー&ブラック調で書いているから
不愉快極まりないはずなのに・・・・

実際わたしとお会いした方なら、キャラ作りでしょ?
いじけて、拗ねていると見透かしてはいるでしょうがァハハ・・(^д^;)

ちゃろ

そう!読まれないブログだからと言うのは手前の勝手です。
かといって「見られない」訳ではないのです。

PCやiPhoneの向こうで、どこの誰かがいて見る。
向こうの人の勝手とそういうことが起きている(かも)
現実を想定していませんでした。
↑どこまでナンセンスなんだ、ちゃろは!

おかげでアドバイスや励ましをいただき、涙することもあれば
offの地元の人に見られいて、泣く羽目になったり・・・

表現が表現。タイトル、伝えたいことは違うと判るはず!
と、思っているのですけれど、題材にした話によりそうはいかない。
トラブルにはならないものの、問い詰められて

「えらいこっちゃで!ジブン!!」

と苦言を呈される始末Σ(∩˃͈ ╻ ˂͈ ∩)‼︎

驚きました。

これではアカンなとここに来て、記事文面の手入れや削除
非公開設定にしたりと着手。

するとエントリー数は、ちょうど222記事と相成ったのです。

img_5686

以前に書きましたが「人のブログをわたしが書いているよう」になるのは
嫌ですが、ここまで来ると不特定の人間が、
それも寛容に読む人と不信感を持って読む人が出て来た
現実を意識せざるを得ません。

エントリーにするにもどう取り上げ、どう表現するか
適切な内容と文面にしていくようより配慮しようと思いました。

次の300記事まで、どう変えるか?
力のつけ時ですね。

ー不信感を持った、不愉快な思いをされた方へー
悪意を持った陰口のように書いたと思われても仕方ありません。
目に触れることはないと軽々しく考えていたに他なりませんので。
不躾ながらこちらにてお詫びいたします。申し訳ありませんでした。

ー応援してくれる読者へー
月並みな言葉ですが、おかげさまで独自ドメインを取って
ここまで来ました。物書きとは申しませんが、文字を使って
お伝えする表現者でもありたく思います。
ダーティーな刺激的な文体は
減らして行きますが、
それでもおつきあい下さるようでしたら、今後とも
どうぞ
よろしくお願い申し上げます。

2016年が半分終わって

6月30日

2016年が半分過ぎようとしています。

やろう、やりたいことは数あれど、

できなかったこと、本当はしなかったことを見れば
事実、数あります。

一方、できたこと・した事もあり、中でも一番の驚きは
思ってもみなかったことが起きたり、進んだりしたことがありました。

スケジュールを組んだところで実現するかはどうか
わたしの実行スキルや想像の範疇外だったりする場合も
あるのだなあと思わせてくれました。

いつ自分が納得する結果が現れるかは本当にわからないもの。
だからこそ、人はコツコツと物事に取り組む心意気とでも申しましょうか
得手不得手ありながらも持っておくのもいいかなぁと。

決して今の暮らし(方)が良くなったわけではありませんが、
長年にわたる自分自身の深堀りは進みました結果、
お金に対する懸念は除き、かなり心の安定性を持てるようになりました。

なにやら悟ろうとか、人柄よくなろうという
欲望、慢心が出てまいりましたので深掘りそこそこ、お勉強はやめて
タスク管理などのHow to、ぶん投げてしまった過去において学んだことを

一つ一つ吟味し、気に入ったものを取り入れては吟味。
変えたり、続けたりしてまた吟味する。
そんな生活をはじめます。

(おかげさまで社員ではないものの、今の会社に正規採用されました)

挫折も失敗もあるでしょう。でも凹んだり、自分を否定したりしません。
起こる丸ごとすべてが、辿り着くべき約束の地までに必要な要素なのですから。

恥ずかしくも惨めに感じても、それはそのまま、思うがまま。
それこそがスタイリッシュ!?

「心静かに 穏やかに」を人生テーマ(プリンシプル?)にして
いろいろと実践し、4年後までには隠遁生活を送っているでしょう。

今月は敢えてほとんど書きませんでしたが、ブログにもっとしっかり取り組んで
行きたいと思います。応援してくださる方。お詳しい方。
今更ながら、いろいろとご助言下さるとありがたく思います。

ざっくりと更新w 疾風怒濤!千変万化!の上半期でした。
ではでは(๑❛ᴗ❛๑)۶