タグ別アーカイブ: インナーチャイルド

ベキネバ理想像で苦しむのはご両親の望みだからではありませんか

先日弊ブログにてベキネバ娘のお話を致しましたが↓

ありたいイメージを抱えてタラレバではなくベキネバ娘になっていませんか

自分の抱えた理想像は別に問題はございません。
よろしくないのは「信ずる」が故に自縄自縛しお疲れモードのまま
進んだり、イメージから外れた自分にペケ(自責と自己否定)をつけること
だけであります。


 

マゾヒスト?ナルシスト?コメディアン?

理想像になるかどうかは誰も知り得ない。わかるのはそれこそ、
神様なるお方か青色のタヌキ型スーパーロボットのツールを使うくらいでしょう。

ところが

「やれば叶っちゃうんだよね〜」

と、自分で決めて、信じた(ここまでもよき)。な・の・に、
起こすアクションをネバベキと「掟」-具体的にはタスクとか目標とも
言いますけれどね-と設定しておきながら、

クリアしなかったから、出来ない、私ってダメって・・・。おいおい。
自分を正誤判断するようになってしまうのは、いささか妙ではありませんか。
「コメディー」と称したの、そのような流れからなのです。

自分で決めたのに自分に罰っするなんて、掟化してしまったのもありながら、
そもそも理想像は自分の意志で決めた、求めたのになぜ。疑問でなりません。
(趣味の方は、ご遠慮なく。ちゃろはそんなあなたを明確に肯定します)

わたし自身にもかなりの高い理想像がありまして、思い浮かべれば
気分も良いし、反対に苦しくイライラが募りました。なぜなら、
眼前にあるのにいつまで経っても届かないのですから。
ナルティシズム的妄想かと気持ちが沈んだことだってございます。

理想像はあなたの望みって本当?

近頃よく使います

「肚からの声」
「それ(自己の意志たる理想像)って本当!?」
という言葉を用いまして問い、振り返ってみましたところ。
意外な事に気がつきました。それはもう天啓の如く、降ってきたのです、ハイ。

こうであるベキネバ理想像は、両親が望んだ我が子たるわたしの姿。
息子や娘であるあなたにこうあって欲しい、ああなって欲しいという
望みの姿=理想像であるのを望む。あなたはこうあるベキだという親の意志。

つまり両親の欲求に過ぎなかったのです。両親という大人の一方的な
自己満足を満たしたいだけにあなたに向けられたイメージ。それを息子や
娘という子どものあなたは知らぬ間に思い込まされた。

親の望みにも関わらず、人として、あなたの正しいあり方が「理想像」
として刷り込まれて、信じてしまったのです。

もちろん、両親もあなたも、かく言うわたしも果たしてどれがどうなのか混乱したまま。愛だの教育だのと子育てに自己欲求を持ってきているから。
厄介かつ面倒極まりありません。

バイバイ、サンキュ(๑•ᴗ•)ノ愛しい人へー母の日に思ふー【エッセイ】

大型連休最終日。母の日でもある。
この日が来ると毎年、心がザワザワするのです。

出先から帰路につく前にミスドさんにてコーヒーをすすりながら、
そんな心情に向き合ってみました。

激しい憧れが憎しみへと変わる

母の日

ちゃろオカンに対するキモチ。愛情と憎悪の葛藤が渦巻いておりました

カーネションやプレゼントを贈るなんて拒絶反応が起きて…
エニアグラム・タイプ4の性質でイベント事に右ならえないのもありですがァハハ・・(^д^;)

精神の奥深くに未だ解消し切れていない母からの優しさ、慈しみといった「愛情」を求めている気持ちと、合わせて得られない事による「恨み辛み」で、泣き叫ぶ
子ども心があったのです。

愛と怒りは同居出来ない故、葛藤。これが原因でザワザワしているようです。
専門的に言うとインナーチャイルドからのメッセージ(なのかなあ?)

その子の声に耳を傾けずに今まで来た。知らなかった(意識化になかった)のは
否めないものの、心の住人とはいえ無視された子どものわたし=チビちゃんに
とっては酷い話でして(´・_・`)

まずは、わたし自身の問題ながら「ごめんなさい」「許して下さい」
今迄堪えて来て「ありがとう」「愛してます」と、ホオ・ポノポノとか
いうスピリチュアリズムで使う言葉を正にかけたくなりました。

女性に対するわたしの利己心と真心

セーラームーン

続いて気づきましたのは、母からの愛情をすがってでも欲しかった故、過去から現在までに出逢った「女性」に対し、程度はさておき、多かれ少なかれ「代理」を無自覚・無神経に求めてしまったのではないかと思いましたこと。

今までええカッコしいで恋愛や結婚には「向いてない」と表立って言い続けておりました。むしろ「してはいけない」という方がしっくりきます。

執拗な依存心が相手を悲しませ、怒らせてしまう「恐れ」とまたしても得られなかったという自らの「傷つき」に堪えられそうになかったのです。
随分と身勝手で独善的ですなぁ(-。-;

チビちゃん(&わたし)の望んだオカンは存在しない

鎌倉

そのように見つめている中、思い出しました。
昔、一度だけ母の日にカーネションを贈ったこと。

20年前になりますか?ドロップアウトする前に
短期間ながら医療機関際に勤めていました。

仲間内の看護師さんや薬剤師さんに

「あげたことないの?」「きっと喜ぶから」

と推され(圧されぢゃね⁉︎w)まして、あまり気乗りしないながら
一輪だけ帰りに買って帰りました。

その時のオカンは嬉しいそうというより、
戸惑いながらも微笑んだ表情を見せてくれたなあ・・・

コーヒーを一杯飲み干してΣ(´Д`)ハッ!!

こうした一連の流れからザワザワが今までわたしやチビちゃんが期待し、
望んだ母親像ではないばかりに怒っており、今まで解消されずに続いていた。

つまり、願うオカンと実像は違う、乖離しているということが「わからなかった」んだと、たどり着きました。

実際、イジメにあった時、ちゃろオトンにタコ殴りにされても、
助けて欲しいのに拒絶される、あまつさえ「オマエが悪い!」とジャッジされた。

心を込めて何かしても、嬉しいでも、ありがとうでもなし…
自己を殺してでも-チック症など様々な病気になるくらい-イイ子でいた。

得られない悲しみがたいへん深かったのは間違いありません。

でも今だから解る。お母さんとはこういうもので、こうしてくれないという観念があったのです。

さよならありがとう愛しい人よ

ちゃろ

自分のことを話しているのに妙な表現ですけれど、
実在しない母を知りチビちゃんは、寂しさから泣いていました。
わたし達が願ってやまない「お母さん」を追求して(の解消)は、
今日から今からの人生を歩むには枷にしかならない。

そう!バイバイが必要だと知ってしまったから。

わたしは嫌わず拒否せず、そんなチビちゃんを受け止めました。

もう一杯コーヒーを頂いて店を後にすると、
ちょうど花屋さんが。20年前と同じように一輪だけカーネションを買いました。

理想のお母さんとちゃろオカン(実際の母)にさよならと
ありがとうするために・・・

ちゃろ思ふ故

ドラクエ

自らぺたり貼り付けていた自分の気持ちを剥がせる時が来たのですね。
怒りの感情はありません。

寂しさと書きましたが、チビちゃんの泣き声だけでなく、
おしゃれボウズ・ちゃろのセンチメンタリズムでもあります(*´σー`)エヘヘ

手放すことは、ゆるすこと。すべては過去の事。
自らか触れに行かない限り、流れ消えゆくものです。

 

ちなみにカーネーションを渡した際のちゃろオカンですが

一言  「サンキュ」

 

童謡"ゆりかごの歌"の「ねんねこねんねこ」と

"七つの子"の「かわいいかわいいとカラスは泣くの」

とが頭に流れてきて不肖・ちゃろ。
眼に泪が浮かんでしまいましたウゥッ・・・(´;ω;`)

ココまでのわたしにしてくれた。
すべての悲しみと憂鬱にも「ありがとう」「さよなら」

ええいあ自分にもらい泣き!?突如涙がほろりほろり【気づき】

積雪はだいぶ無くなっていましてフライヤー号-ちゃろ専用自転車。この場合クロスバイクを指す-で今日は走れました。

路肩に固まっている雪や日陰の路面凍結には気をつけねばなりません。転倒もありますが、自動車は普段通りの走りなのもので、

こちらがハンドサインで車線変更を出して避けても、いちいちクラクション鳴らされます(;´Д`A

さて、そんなバイクトレーニング最中にちょっと気づき?不思議体験がありましたので、情報発信でなく恐縮ですがお付き合い頂きたく思います。



そうこう10㎞ほど走っていると、ふと

「アレ?なんでわたし、こんなに必死になってペダルこいでいるだ⁇」

と思ったのです。ワロテまう( ´艸`)

近ごろ、頑張らなくていいとかのたまう方々が多いのですが、軽症ながら元鬱のわたしからすると有難くもあり、また今まで頑張りだけが支えだったのに、それを全否定されたようでもあり…まあ、それはさせおき

(と、言うてもがんばってこいでこいで、よくぞ。ここまで来たな〜。よくやったなあー)

と頭に浮かんだ、瞬間!

風景

涙がポロポロ溢れて来たんです。田舎の山中なので人はいませんでしたがw自転車こぎながら、人目憚かることなく泣いてしまいました。

よくやったね。

ここまで来たんだ。

えらかったね。

と親はもちろん、大切な誰かに優しく掛けて貰いたかった言葉はコレだ。

人生のペダルをこいで、漸くここまで来たんだよって。見て知って貰いたかったみたいです。そんなことに気がついてハートがじ〜〜んと(ノ◇≦。)

心の深い深い、それこそ深淵に堕ちていた子どものわたしがひょこっと現れ、言葉を発しつつ、欲しい欲しいと・・・まるで同一化したようでした。フュージョン!!!

ぴょこうさ

その後、用事がありましたのでパブリシティなわたしに戻りましたが…

午後フェルティング。作品を眺めつつ、造形していると、またしても(TωT )更年期障害かしらん?とも思いましたが違う(この時期にはメンタルが落ち込むみたいで。ログを見ましたら分かりました)

まあ、それは良いとしてw羊毛がカタチになり、この世界に存在するようになったとしても、この「お子」は誰からも見てもらえない、愛でて貰えないかもしれない。けれど、だからこそ

老若男女、人が誰しもが陥る可能性のある、やり切れない日や独り寂しい時。この子が一緒にいたのならば、

どうか親にも子供にも奥さん、ご主人、友人・知人、恋人にも

甘えやなぐさめ頂戴みたいでいけないとばかりに打ち明けず、キミと同じ、独り抱え戦ったその人のいたたまれない気持ちを拭ってあげてね

と祈るように一刺し一刺し致しました。そして元々持っている、少しの弱さをも力に出来る能力を発揮するお力添えになれますようにとも。

風景

明るく、強い人が好まれます。ご努力されて来たかもしれませんから、賞賛にも預かれます。しかし一方、まったくスポットが当たらない、いたたまれない気持ちを抱えながら生き抜いている人たち。

大人だということで、親を悲しませたくないと。また聞いてくれないどころか「弱いお前が悪い」とばかりにお説教されために封じ込んで、

今なお内なる幼い童心?傷、未完了な承認欲求がうずき、泣いている。そんな人に「よく頑張った!」「あなたはスゴイ!」と褒めてあげたいではありませんか。

「傷」と向き会う時に両手で包みながら、握りしめる、撫でる・・・わんわん泣いてもいい!んだよと誘導する「使命」を持つ作品をつくろう!嬉しい時、喜ばしい時以外の痛みある日にでさえ、わたしの「お子」たちが呼んで貰えるような。

本来、暴れる内なる痛み(傷、子ども心)は敵ではないのに死闘に継ぐ死闘を今まで続けて来ました。(愛なき親だけでなく、友にもメンターにも恵まれずに育ったなら尚更)そんなあなたに最後、この言葉を

DGB

©バードスタジオ・集英社

おめえはすげえよ
よくがんばった・・・
たったひとりで・・・
(ドラゴンボール巻42より)

お知らせ御免

間もなく誕生日!!29日に私ちゃろの「バースデーパーティー」をお台場にて開催いたします!!!
未体験のこと、楽しいことがお好きなあなた!
ご参加お待ち致しております。→詳細はこちら

羊毛フェルト

*ストレス発散ぜったい保証!!
羊毛フェルティングワークショップは2・3に1年ぶり。平日の夜行います。お仕事帰りにお越し下さいませ*:゚*。⋆ฺ(*´◡`)ノ

↓↓↓

ハンドメイドのウールひな人形を!ー羊毛フェルトワークショップ2016ー

オーダーも随時受付ております。ちゃろさんラボの[問い合わせ]からで結構。ご相談ください!

=再掲=

*「ほしい物リストのリンクがうまく貼られてないよ〜」「そんなの知らなかったよ」というご指摘のコメントたいへん恐縮です。

↓コレでいかがでしょう?

そっとワタシに1tsp(*´σ​ー`)エヘヘ コピぺしてねhttp://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/35T0X5R42HL5A/ref=cm_sw_r_tw_ws_6lkIwb12BM75Z