タグ別アーカイブ: セミナー

セミナー参加前、すでに「決める信じる行動する」をしていたちゃろさん

セミナーに参加したことで「決める」「信じる」「行動する」の
必要性を学びました。思い返してみたら、わたしにとって大きな
「決・新・行」をしておりました。それも二つ。

お付き合いください。



フェルトアート個展のカンパを募った

個展

フェルトアートの個展を開催した際に、移動や材料など
経費が心もとないなと感じました。アルバイトしようかなと
思い浮かんだものの、そうそう1dayというのに出会えません。

それでも、何とかする、お金手に入れると「決めました」
わたしが単独個展をする。それも人生初となれば、
お金は集まると「信じて」。むしろ、信じられたという方がしっくりくる程に。

不思議ですよね。そうしたら思い切って、イベントページやSNSに

「カンパ大歓迎」

と告知していました。後悔とか、怖れは全くなし。妙な罪悪感や
「成功させないヤバい」という重たい義務感も。

ただ有難く受け取ろうという気持ちだけになりました。おかげさまで
カンパは集まり-それも普段から仲間だなんだの口にしない人たちから-ました。

「喜び」をお返ししたく新作の返礼オリジナルのフェルトドールを
作り上げるまでに至ったのです。

セミナー参加費を賄うポスト

img_2411

前回のエントリー

には、ただ参加して、自己解釈ながら学んだことを書きました。

実はお恥ずかしい話、開催日の3日前までセミナー費用が
賄えずにおったのです。

あきらめよう・・・でも、年末最後は出ることにしていたし・・・
でも、費用が・・・と思考がブランコのように行ったり来たり。
挙句、疲労感が出てくる始末、

「これではアカン」

「自分を認めはじめ、喜びが循環する生き方が、
もうできる(してもいいと許可する)のやから」

恥は重々承知の上。参加費工面したろと「決め」まして、
ちゃろの思いを聞けば、どなたか手を差し伸べてくれると「信じ」ることに。
これまたSNSにポスト=行動してみました。

そうしたら直前も直前で、アルバイトのお誘いや貸して下さる方が
現れたではありませんか。工面をして下さった方は、たいへん興味を
持ってくださり、お会いした時には「自分も参加してみたい」とまで
おっしゃって下さいました。

アルバイトのお歳を下さった方は「よかったね」とメッセージをくれた
だけでなく、工面してくれた方へもお礼を伝えていたとか。有難いですね。

ちゃろ思ふ故

img_2491

両方ともお金のお話。あなたにとっては夢実現の為の決める、
信じる、行動するではないから、違和感が有るやも知れません。

加えて、行動面におけるやり方も適当かどうか、わたし自身
わかりません。わたしに信用とバリューがあるなら、既に手元に
お金はあったでしょう。

しかし、川が上流から下流に流れるがごとく、さらさらと
浮かび上がったことを「決・進・行」したのは事実。嘘ではありません。
今までなら、プライドや一眼を気にして、恥やうしろめたさ、また成功しても
負い目を抱えていたでしょうから。

そんな不快や恐れを超えて、求めるものが手に入り、やりたい事がやれた。
その点に着目して下さい。。そして、あなたが

「あのチャラチャラ野郎のちゃろさんが出来たんなら」

「オレなんか簡単にやれるんじゃね?」

「私もやってみよう」

と、実践に繋ながる「勇気のバトン」が渡ったのなら幸いです。

夢を叶える超実践セミナーを受講して来たぞ

2016年も終わりに近づき、これだけは参加したいと駆られまして
行ってきました。「2017年に本気で人生を飛躍させたい人の
ための 決める 信じる 行動する 夢を叶える超実践セミナー」。
講師はちゃろのブログではすっかりお馴染み、
立花岳志さんと大塚彩子さんのお二人です。

アレ、今までと違うぞ

img_2415

はっきり覚えていないのですが前に参加したのは、いつだったか?
久しぶり感でいっぱい。今までなら会場に入れば顔馴染みが多かった
のですが、すっかり見知らぬ人ばかりで知人、友人を探す方が
困難なくらいでした。

それだけではなく、講義をする立花さんと彩子さんの話の内容、
進め方がまるで違うのです。

それまでスライドが映し出されて、決められた流れに沿ったお話を聞く
典型的な座学、講習スタイルだったのが、ライブのフリートークのよう
に進められていくではありませんか。

いい悪いでなく正直申して、面食らいました。会場の雰囲気から話す内容が
決まって行き、初参加もリピーターもちゃろのような古参も分け隔てなく
「一律」との配慮とさえ感じました。

手法より先にマインドを

img_2493

特に大きく変わった点。思考や心持ちの有り様が人生にはマスト。
立花さんの言葉をお借りすれば

「まずやるべきことは、心を整えること」

がメインになっていたこと。

かつてはログを取る、週次、月次で振り返りをする、
タスク管理をする、有効なツールは・・・などなど
How toに近い手法(やり方)のお話をされていたのに。

違いが歴然。わたしとしては「やり方」も知りたいのですが
実際我を省みると、感性、感情、精神で物事に取り組んでしまいがち。
なので「心を整える」からはじめようというのは合点がいきますし
とても良いです。

腹で決めて思考を断つ

461abbac-8d15-4dcd-8ed9-77ddc9aa5378

セミナータイトルにあるよう「決めて、信じて、行動する」が
今回のセミナーのメインテーマ。

ところが、決めると言っても踏ん切りつかない。わたしなら
出来る、成ると信じるにせよ、今ひとつ自信がない。
その上で行動するとなれば、もうどこへ進めばいいのやら。

わたしだけでなく、そんな人が多いのではないでしょうか。
講義では「決める」というのは「腹」ですること。
頭で考えてどうのこうのではない。そんな決心もどきの類を断ち、
兎にも角にもなると最初に決めてしまうのだそうです。

これをわたしの言葉と解釈を交えてのお話しますと、決めるというより
もう「決まってしまう」のではないかと。ちなみに、とある本では
「腹の願い」とつけられていました。

例えば、あなたが年収1000万円になると決めたとしましょう。
これも立派な「決める」なのですが、どうして1000万円なのか?
500万円では?3000万円でもよくない?

1000万円にしたのは頭の願望。テレビや雑誌、ネット、友人と
話していて頭にに刷り込まれた、すなわち脳の記憶=頭で思う望みに
すぎないのです。

「どうして?」の部分を突き詰めて行きますと、実はお金がなくて
貧困生活(家庭)の辛い体験からの怒り、不安、妬み、憧れなどがある。
さらに突き詰めると実は実は

「安心感を得る」ような「家庭をつくる」
同じような境遇の子供を減らす「活動をしたい」など

の願い=腹の願いに辿り着くのです。1000万円、お金という
「名詞」ではなく「動詞として表されるのです。お話を伺っていて
心を整えながら、腹で決めるというのは「自分の深い本心を探り当たる」
ので「決まる」と思いました。

ですから、力みも続けるのに踏ん張りもいらない。ナチュラルに
既に出来た、成ったかのように振る舞えるのです。

「それマジでか!?」と問う習慣を

img_2494

過去体験からくる感情に人は飲み込まれるもの。起きた感情について
善悪、正負、+ー、○×、など裁く必要はない。ましてや、
悪かった、ダメだった時のことばかりを理由とし、そればかりを見て
将来と今をダメだ、ムリ、不可能と予測し、信じてしまうのはいかがなものか。

人間の脳が発達した故の能力でもあるけれども、ダメの根拠探しを
わざわざ自らがする必要はない。予測は予測。逆に将来良くなる、出来るの根拠を
見つけたって、同じ予測なのです。

「信じる」のは予測でななくて「決めた」自分。あなたやわたし自身を
「信じる」のです。ダメだ、どうせ上手く行かない、出来ない、成れっ
こない思考は「それ本当なの?」と自問する。怖れからの予測であることに
気がつくでしょう。

怖れは「怖れよう」とあなたが意識し、自覚の上で
怖がっているのではありません。どこからともなく勝手に
やってきたのです。

禅道では次のように申しております、頭や心に浮かんでくるものは、
あなたのものではない。私(あなた)のものだと思ってしまうことで、
わざわざ心にピタリとくっつけているの過ぎないと。

だから、自問「それ本当なの?」で距離を置く試みを行うのです。私、
ちゃろはコレを自己信頼魔法「それ、マジでか!?」の詠唱(呪文)と
看做して行うことにしましたよ。

「私、なっちゃいますので」「オレ、どうせ叶っちゃうし」くらい己を信じて
進んでみませんか。

ちゃろ思ふ故

img_2438

人が自分の人生を生きようとすると、どうしても自らの感情とつきあうことになります。昨年から学びを減らしますよと宣言して以来、数年前と比べると大幅にあらゆる
セミナーや講習会、勉強会へ行かなくなりました。

良し悪しあれど、それでも人生と自分自身への探求を「放り出せなかった」のは面白いものだなと感心するやら、あきれるやら(笑)自分ではない何者かになろうと気づかぬうちに必死になってしまっていたことに気がついたのは大きな収穫ではありました。

しかーし!!今回のセミナーで

  1. 自分を信じることに慣れていない。
  2. 自分を好きにならない、そして出来ない根拠を探してばかり。
  3. 学びや気づきによってテンションが上がったまま、行動に移さない。
  4. 誰かのいう事の方を正解だと真に受けてしまう。
  5. あまりに傷つきたくない思いと予測に怖れを抱いてしまい
    挙句、心や思考にひっつけてしまう

と解ったのは大きな収穫でした。

勉強仲間であり、憧れる友人5名が登壇しておりました。
わたしもいつか彼ら彼女らと同じように
たくさんの人の前でお話することに「決めました」。

そう!それこそ「わたし、実現しますから」のノリで「信じ」
2017年「行動します」

最後に5人のそれぞれから聞いた言葉を一つにまとめて終わりにします。

辛い、辞めたい・・・不安、ストレスを打ち消そうとするとDoingに走る。
大切なものとつながり続けているから痛む。

仲間と執念。

苦労も含めて人生を楽しもう!
旧価値観(自己定義)の向こう側へ!

とりあえずはじめます。転んだらごめんね。

2017年は手帳でワクワクする未来を手に入れように参加しました【セミナー】

毎年、手帳を買うのですが職種にも関係しておりますが
結局はメモ帳扱いで終わってしまいます。

今年もいいなぁと思うものを少々お高めながら購入しましたが
2月を迎える前のトラブルシューティングと心身の不調を境に
すっかり手付かずになってしまいました。

振り返ってみると、スケジュールを組むような生き方をせず
行き当たりばったりだった。

そもそもスケジューリング、プランニングのやり方を知らなかった
みたいでァハハ・・(^д^;)

年明けにはじめてお会いしました手帳カウンセラーの
コボリジュンコさん。
開発した逆算手帳なるもを発売するとともに、
そのセミナーイベントを行うというので参加しました。

手帳は仕事で使う方が多いせいか会議や打ち合わせのスケジュール
「やらねばならないこと」ばかりがかかれていると思います。

自分の「やりたい」「こうであったらいいなぁ」ということはなく、
おまけに後回しにしているのはもったいない!

そこでコボリさんは手帳やノート術を研究し、
望む未来、夢実現につながる手帳を生み出すことにしたそうです。

この手帳の開発・発売もそうですが、300メートルしか走れなかったのに
ウルトラマラソンにまで出れてしまったという夢実現の実体験もありますから
かなりのものですよね。

逆算手帳

わたしが参加した日はビジョン設定について。
(別日にスケジューリング講座もあります)
今の自分にはできそうもないことをどうやって実現させるかを考えること。
それにはまずビジョン=こうだといいな〜!実現したらものすごーく嬉しい!という
未来像 を持つ。そしてワクワクするきもち、そのワクワクの為にやる(エネルギーにして)のがはじめの一歩だと捉えました。

それから実現したいのはいつまでにか?(=ゴール日、夢達成日)
そのために何を、いつまでにするのか?
そのための何をした日までにどんなことを、いつまでにするのか?
どんなことをするまでに・・・と、どんどん小さくして行き

「じゃあ、今日は何をする?」

までに落とし込む。ゴールという未来日から今日までと
時の流れを逆行するがごとくプランニング、スケジューリングする。
つまり「逆算」するということです。

なぜ、ビジョンが必要か?という講義をすすめながら合間合間に
ワークの取り組みをしました。

時間的制約もあるので、会場ではやりたいこと、実現したいことなど
100個あげるww プラス、やりたくないこと。

(ちゃろは、ハワイ諸島 or奄美群島のどこかで島暮らしがしたい。
逆はズバリ、がまん(*´σー`)エヘヘ あとお金に関する苦労ほか)

次にライフビジョンを↓

逆算手帳

この枠?がとても良くできています!コーチングでも使われる
人生の輪でしたっけ?それを発展させたものでした。

逆算手帳は徹底的に自身のやりたいことを実現するためのツールです。
世界的名著の「7つの習慣」で言うなら第2領域に絞って書く手帳と
言えるでしょう。

最初のテンション(エネルギー)が下がってくるのは当然。
それで止めてしまう人ばかりなのも無理はありません。

そこで、投げ出し(変更は可ですよ)を防ぐ工夫も凝らしてあり!!
実際の手帳を見せて、説明してくれました。

最後に参加者各々のビジョンを発表!!
紙に書いた(言語化)したものを口にだす、人に話すことで
自分の決意が固まったり、協力、助言する人が現れたり!?
夢実現のスピードアップするのだそうですよ( ´艸`)

2時間という短い時間でしたが逆算手帳に対する期待が
大きく膨らみました。薄い手帳で正直心配していましたけれど
中身はぶ厚い!!!!

弊ブログで逆算手帳を使用してどうなっていくか。
記録して行こうと思いました。

 

逆算手帳については詳しくこちら→GYAKUSAN planner
講師のコボリさんのブログはこちらを→名言コツコツ

*商品はAmazon.co.jpにて取り扱っております!
(店頭での販売はございませんのでお気をつけください)