タグ別アーカイブ: マインド

ちゃろの疾患テレビ病の治療について考える

讀賣新聞に編集手帳というコラムがございまして、
1週間前の12月3日土曜日掲載の中に「テレビ病」なる
言葉を見つけました。その言葉から思う事がございましたので
お話致します。お付き合いのほどを。

ちゃろはテレビ病に罹っている

AC

あなたは「テレビ病」って何よ?と思われたでしょう。
テレビばかり見ている人を指すことばではなく、イラストレー
ター山藤章二さんの著書『ヘタウマ文化論』(岩波書店)において

(テレビに)映ったときには必ず何かに面白いことを言わないと、
無能、芸なしと思われるんじゃないかと・・・

そのような不安になることを病気に例えた造語です。

この造語の意味にハッとなりました。そうだ、わたしは「人」を前にした
ときや意識したときに必ず何か言わないといけないと常に思っている
表面的には沈黙が怖い、喋ることが楽しい、ウケてもらえるのが嬉しい
が理由だけれども、深い意識下には

「何もできないわたしは恥ずかしい」

「ダメな自分なのだから喋ってないと」

という強迫観念から行動している。
正にテレビ病の症状だと気がついたのです。

自己低評価とモデルにメスを

AC

病人たるわたしは、自己評価の低さと勝手なあるべき姿=モデルに
もがいている。ですから楽しいのに苦しい。嬉しいのに辛いのです。
そんな葛藤に心は落ち着かず、精神は満ち足りること決してありません。

「刹那に精魂尽くす」と申せばカッコイイのですが、瞬間瞬間の
安堵を点とし、線になるのですから常時戦闘態勢。それは絶えない
渇望から緊張を強いているに他なりません。

省みると人を別れた後次第に、自覚し始める疲労感は相当のもの。
アルコールの勢いで正論という名の愚痴をこぼしている一部の
サラリーマンのエネルギー浪費の方がマシではないかと思うくらいで。

本物の病気になる-もしかしたらすでに軽い精神神経疾患になっているの
かもしれませんが-くらいなら、良い加減に落ち着きたいと願うなら
治療の必要性はあるでしょう。

テレビ病の根本的な原因たる己自身への羞恥心と面白いわたしなら
価値あり意識にメスを入れるのです。

面白くするのは好ましい。けれども、お笑い芸人さんやTVタレント
さんはお仕事でなさっている。だから、ちゃろが心穏やかにせずしてでも、
同じようにしなくてもいいのだよ。

緩やかに居るだけでも十分。同じ時、処で穏やかに居られる人たちが
いたとしたら、何もならないではありませんか。恥ずかしい人でも
能なしでも、無価値でもないのです。

記憶に上りはしないけれど、むかしむかし誰かに叩き込まれた
モデルと低い自己評価を自分自身そのものだと思い込んでしま
った
に過ぎないと認め、受容し、ゆるすのがよろしかろうと。

ちゃろ思ふ故

AC

テレビ病のお陰で周りの多くの人を魅了し、楽しませて来たことも否めません。
それよりも心穏やかにがいい、落ち着いて人と会えるようにしたい
のなら治療の必要=やめるという選択をしましょうということですね。

あなたがわたしと異なり「ウケることが肚からの願い」
「生き甲斐を感ずる」のなら、ぜひともお続けになる方が良いと申せましょう。
自己顕示欲は誰しもありますし、楽しく笑い合う雰囲気を作れるなんて
見事なスキルですよ。

くれぐれもご注意。テレビ病を「悪」として理由付けて不必要(治療)と
判断しないで欲しい。今までの自分に結局、ペケをつけてしまうので
罪意識は残るし、一番大切な自分自身への「ありがとう」と「お疲れさま」
が言えなくなりますから。

邪念的感情を持った自分を叩く位なら外に出してもいいと思うの

運を寄せるというのでしょうか?ツキが離れないようには
ネガティブな言葉使わないなどと申します。悪口、愚痴、不満、
怒り、泣き言、ボヤキなどなど。

ふむふむ。世に言う成功者と呼ばれるーちゃろはこの言葉の確定的な
意味が今ひとつよくわからないですがー方々はあまり使っていない
ような気も致します。

で、パンピーが幸せになろう、素敵な人間になろうとして、
極力使わないようとする心構え。たいへんご立派ですし、異論は
ございません。

しかし、ネガティブな言葉を発したくなる感情、
自身の気持ちというものは?はてさて?
どうなさっているのでしょうか?



溜まったネガエネは既に出すと決めている!?

ゴジラ

邪念のような自他共に好ましくない感情を抑え込んで、
自他を叩いてしまう=ダメだとバッテンをつけるのなら辛いばかり。
とても幸福で心穏やかではないと思います。

抑え込むとちゃろさん的見解では(特に負の感情に対して)
無感覚になる危険性とネガのエネルギーはたまる一方。
それが長年に渡れば、心身になんらかの支障をきたし、
さらに思考も真っ当ではいられないというものではなかろうかと。

たまるエネルギーを仏教では業(カルマ)と呼ぶらしいのですが、
それはいつしか必ずや外に出てしまうものなんだそうです。最早、
出る、出す、と決めてしまった事のように。

「しまった!もっと違う言い方があったのに!Σ(∩˃͈ ╻ ˂͈ ∩)‼︎」

となるのも、業がたまった結果。怖い気も致しますが、決まっていた。

感情をコントロールしよう、心を豊かにしようという視点でないのが、
歴史のある思想でありながら、中々面白いなとちゃろの関心を引きました。

さららと流るがまま

IMG_1023

後悔や反省、お相手に対する申し訳なさはあるものの、
吐き出したことで業は一旦リセットされる。だから今後
そうならないように致しますし、徳を積む気にも自然になる

先述の幸せになろう、素敵な人になろうとナチュラルに
流れていくのではないでしょうか。すれば、幸福で心穏やか
ですから、罵詈雑言、ネガティブに「なりよう」がない

さらに快を求める性にうまく乗れば、あーら不思議!
いちいちネガティブな言葉を使うのは止めようとか、
邪念のような感情を抑え込もう、素敵な人にならねば意識、

言い換えればどこぞで聞いたお話(理論)に従おうと
頭で考えなくなるものです。

ちゃろ思ふ故

ちゃろ

もちろん、業はまた次第にたまって参りますけれど
ー長くなるので詳しく本エントリーには残しませんがー
どんな感情でも抑える、無くす、修行して邪念を湧かないように
という対処療法ではないこと。

そしてご自身の至らなさ、未熟さだけが原因ではないと覚えておく
のも気が楽かと。外に出し(怒り)たくないのではなくて、
業、ネガを出した人様に迷惑をかける「自分」=カッコよくない、
素敵でなくなるのが怖いのかもしれませんし。

理詰めでは息がつまります。
他人は良かれとご高説を唱えますが、それが我を押し付けている
場合もあり。その御仁はもちろん自覚がございませんし、
責任は取ってくれません、ハイ。

思ふがまま 流るるがまま
平穏たれ 安穏たれ 苦「少なく」
幸せであれ

神社ミッションは托鉢とは全然違うと思うの・前編【考え】

きれいになった自室も次第に汚部屋化に戻りそう。
シフトの都合で3連休となり、少し片付けを。

蔵書を見ていましたら、よく言われる積ん読本よりも
その節は十分お役に立った書籍と数回呼んだものの
しっくり来なかった書籍が意外と多かったことに気がつきました。

双方ともお役ご免の処分する前に「学びのまとめ」の資料にすべく、
ポストイットを貼付した箇所を抜き書きしておこうと
(スキャナーあると便利だろうねw)
読み返しつつ進めていたら!?

( ー`дー´)え??これ妙だな!

という部分に出くわして・・・
理由はありませんが直観でそう読めたww

ですから気になりまして、不肖・ちゃろの見解として整理してみました。

ヾ(´Д`;●) ォィォィ まず部屋を整理しろってばよ



心屋さんではなく逸話がおかしい

IMG_9515

「一生お金に困らない生き方」という心理カウンセラー
心屋仁之助さんが書かれたご本です。ベストセラーになったので
ご存知の方も多いと思います。

本書に「神社ミッション」という心屋氏が発案?
したワークがあるのですが、その発案に至る前に
先輩カウンセラーの澤谷さんから釈迦尊の話を聞いた
ご体験について書かれています。

本文をお借りしましょう○┓ペコ

 

お釈迦さまはお弟子さんたちに托鉢は裕福な家ではなく、
貧しい家を回るように言われたそうです。なぜかと言うと
貧しい人たちは自分たちのことを貧しいと思っているので、
他人に施しをしてきませんでした。(できなかった)

逆に、そのせいで貧しさから抜け出せないでいるからです。
托鉢で、貧しい人たちからお布施をいただくことは、
貧しさから彼らを救ってあげることでもあるのだと、
お釈迦さまは言うのです

貧しい人がなぜ貧しいままなのかというと、
自分のことを貧しく、不幸だと思っているので、
なかなか自分以外のためにお金を使えないからです。
実は、だからこそ貧しいのですから、その人たちに
お布施を出す(=人のお金を出す)という行為の大切さを教えて
それによって貧しさから救ってあげるのが、
托鉢の本当の意味だったのです。

つまり「先に出す」という行為によって、豊かさが回ってくる
ということを意味しているのかもしれません。
この話は僕にとって衝撃でした。

一生お金に困らない生き方 p.p176,177より)

心屋氏はこの時に気づきがあり、
オープンカウンセリングの無料やめたり、
神社ミッションなるものに行き着いたようです。

心屋氏が学んだこと。神社ミッションを思いついたこと。
本書に書かれいてる、ミッションを実践した方々の効果等々の話を
ウソだ!とは申しません。もちろん、お話した澤谷氏もですよ。

ちゃろとしては、この釈迦尊の逸話がどうも引っかかるのです。

心屋仁之助の仕事・人間関係 「最近なにもかもうまくいかない」と思ったら読む本 (中経の文庫)

食べ物貰う行為に「救い」の意味はない

寿司

そもそも托鉢は生産活動と経済活動から離れた僧侶たちが
食べ物をいただく=wantではなくneedの施しを受ける
「行為」であります。

修行の一つとも言えなくもないのですが、どうも
東南アジア圏の修行僧の方や釈迦尊の別話を追うと、
第一義的には命をつなぐための必要最低限の食べ物を
貰ってくる「こと」のようです。

単に食べ物をいただくという行為。
譲って修行だと致しましても「救い」が本当の意味
はありません。

=後編につづく=

**********************************

日本には坐禅があるじゃないか!

7月になりまして,
真っ先に変わったことが早速ありました。

会社から保険証が渡されたw
1年と半年ぶりですな(しみじみ)

年金はあきらめられるけれど、国民皆保険制度
は崩壊しないで欲しいです。

ちゃんとしようと思いながら、はて?
何を具体的に実践すれば良いの・・・

アホさ加減も甚だしくありますが
プリンシプルの「心静かに穏やかに」を軸に考えれば
まずは!!

坐禅です。いやマジで!
空いた時間と人目について怪しまれないところがあれば、
マメに座っております。



ちと脱線。そういえばマインドフルネスがちょっとした
話題になっていますね。
自慢で恐縮ですが、今更ながら何を言うてるのやら
と、ちゃろさん冷ややかに見ております。

と言うのは、もう何年も前にわたし、マインドフルネスの
書籍をバーゲンブックにて購入しておりまてね
(英語本訳本でしたが、ただ内容的にはどちらかというと、
集中して取り組む事による効果と大切さ、ワン・シング的な内容でした)。

そのバーゲンブックとやらは絶版本=ほとんど売れなかった。
加えて版元もなくなったのですから、多くの人が
興味を示さなかったという証ァハハ・・(^д^;)

それが今やGoogleだのFacebookだのグローバル企業さんで
活用されていると伝わってきた途端!?この様はなんなん??

マインドフルネスって流行り??時代??
Googleなどがやっているから???

とか言うんじゃなかろうな・・・(☼ Д ☼) クワッッ!!!

マインドフルネスのことを知らなかったにせよ、
何を振り回されているのやら。中には声高にマインドフルネス!
マインドフルネスに取り組んでおります!!と選挙カーばりの人もいたりして。

元々我が国日の本には禅があるのですよ。
ココロのお稽古、伝統文化。
それをないがしろにしておきながらなんでしょうね。

少しは恥じなさい。

情報やクチコミに飛びついていては、
マインドワインディングではありませんか、ハイ。

脱線おしまい!

さて20代学生の頃、禅に興味を持ちまして、
とくに坐禅は途切れ途切れながらも取り組んで来ました。
花道、茶道、武道、庭園にも禅の世界が入り込んでいます。

当時は正直はっきりとしていなかったのがこの齢になり、
やっと明確にいや「深まった」と言った方がぴたりとハマりますかね。
深まり出しました。

雑念を払おうとか、快適に過ごしたいとか、ぶれない自分になる
そんな理由もアリですが、むしろ何かに追い立てられている
「焦り」に抵抗するでもなく、乗り越えるでもなく、さらら流して
一時の精神・魂の静寂と感性の研ぎ澄ましには最適な手法だなぁと思っております。

まあ自慢から、これだけ文句言っておいて静寂どころか
説得力に欠けますが。

このあと、また座してココロのお稽古にゆらゆらと委ねますかね(*´σー`)エヘヘ

2016年が半分終わって

6月30日

2016年が半分過ぎようとしています。

やろう、やりたいことは数あれど、

できなかったこと、本当はしなかったことを見れば
事実、数あります。

一方、できたこと・した事もあり、中でも一番の驚きは
思ってもみなかったことが起きたり、進んだりしたことがありました。

スケジュールを組んだところで実現するかはどうか
わたしの実行スキルや想像の範疇外だったりする場合も
あるのだなあと思わせてくれました。

いつ自分が納得する結果が現れるかは本当にわからないもの。
だからこそ、人はコツコツと物事に取り組む心意気とでも申しましょうか
得手不得手ありながらも持っておくのもいいかなぁと。

決して今の暮らし(方)が良くなったわけではありませんが、
長年にわたる自分自身の深堀りは進みました結果、
お金に対する懸念は除き、かなり心の安定性を持てるようになりました。

なにやら悟ろうとか、人柄よくなろうという
欲望、慢心が出てまいりましたので深掘りそこそこ、お勉強はやめて
タスク管理などのHow to、ぶん投げてしまった過去において学んだことを

一つ一つ吟味し、気に入ったものを取り入れては吟味。
変えたり、続けたりしてまた吟味する。
そんな生活をはじめます。

(おかげさまで社員ではないものの、今の会社に正規採用されました)

挫折も失敗もあるでしょう。でも凹んだり、自分を否定したりしません。
起こる丸ごとすべてが、辿り着くべき約束の地までに必要な要素なのですから。

恥ずかしくも惨めに感じても、それはそのまま、思うがまま。
それこそがスタイリッシュ!?

「心静かに 穏やかに」を人生テーマ(プリンシプル?)にして
いろいろと実践し、4年後までには隠遁生活を送っているでしょう。

今月は敢えてほとんど書きませんでしたが、ブログにもっとしっかり取り組んで
行きたいと思います。応援してくださる方。お詳しい方。
今更ながら、いろいろとご助言下さるとありがたく思います。

ざっくりと更新w 疾風怒濤!千変万化!の上半期でした。
ではでは(๑❛ᴗ❛๑)۶