タグ別アーカイブ: 人生

セミナー参加前、すでに「決める信じる行動する」をしていたちゃろさん

セミナーに参加したことで「決める」「信じる」「行動する」の
必要性を学びました。思い返してみたら、わたしにとって大きな
「決・新・行」をしておりました。それも二つ。

お付き合いください。



フェルトアート個展のカンパを募った

個展

フェルトアートの個展を開催した際に、移動や材料など
経費が心もとないなと感じました。アルバイトしようかなと
思い浮かんだものの、そうそう1dayというのに出会えません。

それでも、何とかする、お金手に入れると「決めました」
わたしが単独個展をする。それも人生初となれば、
お金は集まると「信じて」。むしろ、信じられたという方がしっくりくる程に。

不思議ですよね。そうしたら思い切って、イベントページやSNSに

「カンパ大歓迎」

と告知していました。後悔とか、怖れは全くなし。妙な罪悪感や
「成功させないヤバい」という重たい義務感も。

ただ有難く受け取ろうという気持ちだけになりました。おかげさまで
カンパは集まり-それも普段から仲間だなんだの口にしない人たちから-ました。

「喜び」をお返ししたく新作の返礼オリジナルのフェルトドールを
作り上げるまでに至ったのです。

セミナー参加費を賄うポスト

img_2411

前回のエントリー

には、ただ参加して、自己解釈ながら学んだことを書きました。

実はお恥ずかしい話、開催日の3日前までセミナー費用が
賄えずにおったのです。

あきらめよう・・・でも、年末最後は出ることにしていたし・・・
でも、費用が・・・と思考がブランコのように行ったり来たり。
挙句、疲労感が出てくる始末、

「これではアカン」

「自分を認めはじめ、喜びが循環する生き方が、
もうできる(してもいいと許可する)のやから」

恥は重々承知の上。参加費工面したろと「決め」まして、
ちゃろの思いを聞けば、どなたか手を差し伸べてくれると「信じ」ることに。
これまたSNSにポスト=行動してみました。

そうしたら直前も直前で、アルバイトのお誘いや貸して下さる方が
現れたではありませんか。工面をして下さった方は、たいへん興味を
持ってくださり、お会いした時には「自分も参加してみたい」とまで
おっしゃって下さいました。

アルバイトのお歳を下さった方は「よかったね」とメッセージをくれた
だけでなく、工面してくれた方へもお礼を伝えていたとか。有難いですね。

ちゃろ思ふ故

img_2491

両方ともお金のお話。あなたにとっては夢実現の為の決める、
信じる、行動するではないから、違和感が有るやも知れません。

加えて、行動面におけるやり方も適当かどうか、わたし自身
わかりません。わたしに信用とバリューがあるなら、既に手元に
お金はあったでしょう。

しかし、川が上流から下流に流れるがごとく、さらさらと
浮かび上がったことを「決・進・行」したのは事実。嘘ではありません。
今までなら、プライドや一眼を気にして、恥やうしろめたさ、また成功しても
負い目を抱えていたでしょうから。

そんな不快や恐れを超えて、求めるものが手に入り、やりたい事がやれた。
その点に着目して下さい。。そして、あなたが

「あのチャラチャラ野郎のちゃろさんが出来たんなら」

「オレなんか簡単にやれるんじゃね?」

「私もやってみよう」

と、実践に繋ながる「勇気のバトン」が渡ったのなら幸いです。

同じアイスコーヒーを飲むにも水出しがいいと思うの【日常】

本日は個人的な嗜好の話を。

たいへん驚かれるのですが不肖・ちゃろはアイスコーヒーを
全くと言っていいほどいただきません。夏本番だろうが。

せいぜい出先等々で頂く、つめたい缶コーヒーくらいのもので
昨年、ガテン系のお仕事をしておりましたが、いっぷく時間の時も
わがまま申しまして常温を用意してもらっていた次第で。

それがいつだったか、水出しと呼ばれる抽出法で淹れたアイスコーヒーを
頂戴したところ飲み口すっきり!たいへん美味しかったのです。

スターバックスさん繁盛による深煎りブームで、その味に飽き飽き
していたのもあったのでしょうがすうーっと喉を通りながらも
コーヒーの味と香りを楽しめた。「瑞々しさ」を感じましてね。

以来、すっかり気に入っております。

コーヒーは1日に1杯。自宅にいる時、休日になれば3、4杯いただくことも。
それでもアイスは水出しでない限り飲まない。
頑固ではなくて、かき氷等々を含めた、冷たいモノが苦手でして・・・
ならば、気に入ったものが選べる時に、ちゃんといただきたい
という気持ちがあるからです。

カフェなどでは水出しの機器を使って、十数時間かけて落とすのですが
わたしは簡易型のポットを使って自宅で作ることもあります。

現在の勤め先では、コンビニさんや自販機が近くにあるものの
いっぷく時間までに戻るには、ちと足りない距離でしてw

たまゆら

自分で淹れたものを持っていけばええやんとばかりに( ´艸`)

インスタントコーヒーに冷水注げば、あっという間にできるのですが
先のような理由から拘って、面倒なことをしています。

合理的ではありませんが、茶道であるような、禅の心をそこにみます。
知らんけど

流れですが、まず

水出し
ストレーナーに中挽きのコーヒーをメジャースプーン(大さじ?)
5杯くらい入れて

水出し
水をチロチロと足していく。禅とかいいつつ
マイBARスプーンを使て、均してますけどw

水出しポタポタとポットに落ちます。これが良い!!

一雫一雫に栽培されたとは言え、自然のお恵みを見、生産地で駆り出される
労働者のみなさんに思いを馳せることが出来る。「もったいない」
そんな念が湧いてくるからです。

しばらくしている内にポットは上限に達し

水出し

準備完了*:゚*。⋆ฺ(*´◡`)ノ
まだ出来上がりではないのです。

ここから8時間ほど。いわゆる一晩、冷蔵庫にて保管。
ストレーナーを外して、水出しコーヒーは完成するのです!!

早く、すぐ出来るというのは利点であり、好まれることではあります。
こうして、じっくりかけて出来上がるものはイライラするかもしれません。

わたしはプリンシプルとして「心静かに穏やかに」を持つと決めていますので、
早いという名の「忙しなさ」を出来るだけ、日常から排除するために、
このような「ゆるり」を取り入れているとも言えましょう。

贅沢でもなんでもない。自分だけの時を持つのとも、すこし違います。
ライフハックだけでは風情に欠ける。風情だけでは、やりたいことをするに
都合が悪い。偏りが少なくなり優雅に日々を過ごせるのでは
という「考えの実践」なのです。

**************************************************

スッキリ人生にするため「自分リスト」を作ってみるのもいいと思うの

東京の読書会で↓

知った本がありました。
購入はしたものの読むのが後回しになっていましたが、ようやく手に取りまして。

タイトルは「豊かな人生がはじまるシンプルリスト」

2011年に発刊した書籍(わたしの所蔵は昨年出ました文庫版)ですが、
決して時期がたった古くものではなく、むしろ
人生や自分の在り方について日々問うていながら、
迷い、混乱している方々には今まさに読みどきではないか
と思うくらいの本です。

こう書きながらも、あと少しのところで
読了に至っていませんがwwお話させて頂きたく思います。



タイトルからも想像出来るのですが一言で言えば、
自分に関する様々な事柄をリスト化しよう!!という内容。

しかし、いわゆるTo-doリストとか
チェックリストとかの活用法ではありません。また、
やりたい事をノートにズラズラと書き出すというごつい話でもありません。

自身について簡潔な文章で書いて

①明確にわかりやすくなり

②整理されるので、すぐに見直せる

③そして、忘れない。忘れたとしてもトリガーとなって思い出せる

よう、それを見える化ツール=リストにしてスッキリしましょうという事。

本

突然ですが!ここで問題です。あなたの

  • 好きな音楽は?
  • やりたくない事は?
  • どんな時・事で安心する?
  • イラ立つ時って?
  • 最も心配している事は?

一つにつき制限時間15秒でお答え下さい!!

 

THINKING TIME・・・・・・・・

 

ゆるくま

 

どうでしょう?即答できるものもあれば、

あれ??アレもそうだし、コレもそうだし
いやいや、そうじゃないよなぁ

なんてww
意外や自分の事なのに、はっきりしてなかったのではないでしょうか?
先のようなクイズで自分に意識を向けた時、頭で考えたり、
記憶頼み、また思い込みだったりしている可能性があるのですね。

ですから人生について考えると大変なご苦労がいるのは
自分自身が自分について明確でないから。

乱雑になっているので、整理整頓。
もっとよく見えるように、わかるようにリスト化しませんか!?
(わたしもですよ、もちろんァハハ・・(^д^;))

リストは心の一部であり、己と人生をシンプルに導く道具なのです。受け売り〜〜

本
*画像は書籍の内容一部です。お借りしてます。

弊ブログにて、わたしがどんなテーマでリストを作ったのかを、
おいおい、あげられるようにしていきます。
此度もお付き合いアリガトウ✾“ヽ(。◕‿◕。)ノ”