タグ別アーカイブ: 心

坐禅は心と脳と精神のデフラグなり

11日土曜日は、今年初めての坐禅セッションに行って参りました。
わたしの場合、とくに習得する目的は何もなしに、個人の感覚的なもので
昨年からなるたけ間を空けずに通うことにしておるのです。

関連記事;神奈川県稲村ヶ崎 月読寺坐禅セッションにてココロのお稽古をしました

行き帰りの時間と運賃まで含めて考えてみても、我ながらよく続いているな
と、感心しております。



自宅にて坐すより住職の法話とご指導が頂ける点はココロの
整体さながら。午前の部とお昼の食禅に参加するだけで十二分に
精神・魂が静かに収まる位置に収まる。そんあ気がするのです。

特定の宗教を信仰はしておりません。教義に縛られるのは好みませんし、
禅道という言い方で広大にて無量なる思想として捉え、接し、
実践することがわたしには相応しいと考えるからです。

訳もなく、神経がざわつく時は大抵、しばし自然に触れていないか、深い禅の境地に
置かれていないのであります。道場は鎌倉にございますので、海山共にある土地柄。
さらに良くもなるのでしょうね。

この日のあとは、坐禅(瞑想)の深度が今までにない程に。
実に気持ちが良くなりました。

また、あれやこれやとたくさんのやらねば並びに時間がない!にて自らを
焦らせていたり、思い浮かぶ思考に対してやたら正誤、善し悪し評価判断をしている
ものだなと気がつかされました。

さらに(説明し難いのですが)オレオレと自分で申し差しているオレとは誰ぞ?
という疑問が湧き上がりまして、問い質せば「オレ」とは、私ことちゃろではない。
いつの間にやら出来上がった思考フィルターから落とされ、どこからとも
誰のものとも判らぬのにやってくる勝手な思い浮かび=観念の声。

お主は「脳みそ」さんではないか

と行き着ました。言い換えると脳(思い浮かび、観念)と自分は同一では
なさそうだなと当たりがついたのです。ここまで来ると危なさをあなたは
感じるでしょうけれど・・・

日頃忙しく過ごしている内に行き場なく彷徨うココロ。
その収まりどころに仕舞うお稽古としてやってはいかがでしょうか。
お勧め致しますよ。

ベキネバ理想像で苦しむのはご両親の望みだからではありませんか

先日弊ブログにてベキネバ娘のお話を致しましたが↓

ありたいイメージを抱えてタラレバではなくベキネバ娘になっていませんか

自分の抱えた理想像は別に問題はございません。
よろしくないのは「信ずる」が故に自縄自縛しお疲れモードのまま
進んだり、イメージから外れた自分にペケ(自責と自己否定)をつけること
だけであります。


 

マゾヒスト?ナルシスト?コメディアン?

理想像になるかどうかは誰も知り得ない。わかるのはそれこそ、
神様なるお方か青色のタヌキ型スーパーロボットのツールを使うくらいでしょう。

ところが

「やれば叶っちゃうんだよね〜」

と、自分で決めて、信じた(ここまでもよき)。な・の・に、
起こすアクションをネバベキと「掟」-具体的にはタスクとか目標とも
言いますけれどね-と設定しておきながら、

クリアしなかったから、出来ない、私ってダメって・・・。おいおい。
自分を正誤判断するようになってしまうのは、いささか妙ではありませんか。
「コメディー」と称したの、そのような流れからなのです。

自分で決めたのに自分に罰っするなんて、掟化してしまったのもありながら、
そもそも理想像は自分の意志で決めた、求めたのになぜ。疑問でなりません。
(趣味の方は、ご遠慮なく。ちゃろはそんなあなたを明確に肯定します)

わたし自身にもかなりの高い理想像がありまして、思い浮かべれば
気分も良いし、反対に苦しくイライラが募りました。なぜなら、
眼前にあるのにいつまで経っても届かないのですから。
ナルティシズム的妄想かと気持ちが沈んだことだってございます。

理想像はあなたの望みって本当?

近頃よく使います

「肚からの声」
「それ(自己の意志たる理想像)って本当!?」
という言葉を用いまして問い、振り返ってみましたところ。
意外な事に気がつきました。それはもう天啓の如く、降ってきたのです、ハイ。

こうであるベキネバ理想像は、両親が望んだ我が子たるわたしの姿。
息子や娘であるあなたにこうあって欲しい、ああなって欲しいという
望みの姿=理想像であるのを望む。あなたはこうあるベキだという親の意志。

つまり両親の欲求に過ぎなかったのです。両親という大人の一方的な
自己満足を満たしたいだけにあなたに向けられたイメージ。それを息子や
娘という子どものあなたは知らぬ間に思い込まされた。

親の望みにも関わらず、人として、あなたの正しいあり方が「理想像」
として刷り込まれて、信じてしまったのです。

もちろん、両親もあなたも、かく言うわたしも果たしてどれがどうなのか混乱したまま。愛だの教育だのと子育てに自己欲求を持ってきているから。
厄介かつ面倒極まりありません。

ありたいイメージを抱えてタラレバではなくベキネバ娘になっていませんか

「なりたいイメージ」をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
理想像という言葉に置き換えましてお話致しますと、将来に臨む自分であり、
すべてに満足している。なりたいどころか、なるべき、あるべき姿でしょう。

そのイメージに向かいい日々研鑽、邁進、成長しようとする意思たるものは、
たいへんご立派であることに異存はございません。

さて、ここでちゃろが

「理想像は大して必要じゃないみたい?」

なんて問うたら、あなたは如何思いますでしょうか。



理想像を抱えて目指すにあたりまして、あまりにも

こうあるべき、こうありたい、こうならねば

と、致しますと、人生という時間短く長い道のりにおいては、たいへんな
負担となりましょう。イメージは目指しているですから未達。理想からずれてしまうことは当然、当たり前にございます。

にもかかわらず,ずれた自分が許せない。たちどころにアカン!とペケをつけ、
もっとやらねばとなります。そしてズレる度、ネバとペケをつけ、ズレてはまた
ネバとペケをつける。

そんなことを繰り返していては、やがて疲弊してしまいます。おまけに一向に
理想の姿に辿り着かないのですからね。当の本人からすれば、
苦難に立ち向かう(わざわざ)ヒーローorヒロインかもしれません。
けれど、端から見るちゃろからしますとコメディーです。

早い話、自己の存在を受け入れて、これでいいのだという「承認」と申しましょうか「認可」と申しましょうか。

何かできる、研鑽成長すれば、人や社会に役に立っているなど「外条件」を満たせたからOKではなく、あくまで自分が自分自身に「ゆるし」を与えているのであれば理想像は無用でしょうに。

目標達成、最上志向の人ならまだしも、資質なきちゃろや抱えた理想像にがんじがらめになってしまう人は、東京タラレバ娘ならぬ「ベキネバ自分」になるのが関の山かと。

頑張って、未来を目指しているのにお疲れモードのあなた。
この理想像とは何かを考えて見てはいかがでしょうか。

*********************************

【お知らせ】
川崎にて羊毛フェルトのワークショップを2/25にやります!

お待ちしております。

募集詳細はこちら↓
ちくちくフェルティングでおひなさまを作ろう!羊毛フェルトワークショップ

愚かしい本音に罪なし 見える化して大切なことに気がついた【逆算手帳】

早くも年明けて10日になろうとしています。うかうかしていられません。
昨年購入して手付かずだった逆算手帳を静々を埋めております。

2017年は手帳でワクワクする未来を手に入れように参加しました【セミナー】

やりたい事を100挙げたウィッシュリストを作成したよ【逆算手帳】

いい感じに進んでいたのですが、10年逆算シートという
ページに来ましたら、書いては消して書いては消して。
どうもしっくり来ない。

5年先どころか、3年先すらここ暫く見通しが立てないほど
浮き沈みの激しい時を過ごしておりましたので無理もなし。
また思っているより自分の中に具体性を持っていないのもあったのも
原因のようです。

ストレングスファインダーのコーチである西素直さんから

「ヴィジョンは記憶できない」

と再三言われていたのも益々納得です、ハイ。

図々しいが本音に蓋をする

ここで引っかかっていても埒があかないので、おおまかに書いいて
本年分の逆算シートへと移ることに致しました。その時に

(これって本当に本音なのか)

と、疑問にも似た思いが浮かびました。

すぐに坐禅を組んで、暫しインターバル。
どうもしっくり来ないのは「こうするといいなぁ」「ああなるといいなぁ」
がどうやら、頭で思い浮かんだ願いー例えばテレビや雑誌などで知らぬ内に
影響を受けた結果の理想・偶像などーだったのです。

さらに手帳を埋めさえすれば、うまくこと運ぶだろうと思い進めて
しまったことも。肚(丹田とか女性なら子宮)と対峙していなかったのが
いけませんでした。

肚の願いたる本音では「お勤めしたくない」でも「お金は欲しい」という
矛盾というより、図々しいにもほどがある思いがあったりと
自分でマジマジとそんな思念を見たくなかった。
そんな都合いいことあるかという点に引っかかっていました。

裁きなしで本音と真っ向お見合い

そこで、どんな愚かで恥ずかしい思いでもいいから、
○×をつける裁きをせず、残りページのあるノートに書き出してみようと、
逆算手帳は一度止めてみたところ

「仕事は辛いものである」という旧観念とわたし、ちゃろさん的仕事観である
「わたしの満足、納得なしは仕事でなし」がぶつかっていたことに
気がついたのです。

そして、お金という物体のために何を四苦八苦しているのやら。
お金がないという落胆。使えないという不満。なくなったらどうしよう
という不安。それらのストレス、怒り、辛苦にまみれて、
求めるもの、こと、人について真正面向かず、気も思考も回らなく
なっているではないかともわかったのです。

さらに書き出し、追求してみればなんのことはありませんでした。
図々しいでも、恥ずかしいことでもなかった。わたしはただ快適で
いたかっただけだったのです。

そして、苦痛に顔を歪め、泣いている人たちに何らかの形でアプローチしたい。
なのに、そのわたし自身が苦痛に顔歪めている場合かともわかり、否、
苦痛でいる必要がないではないかとの考えに至ったのです。

すると「ぶぅわあ」っとが湧いて来たではありませんか。書籍や逆算手帳で言う
ワクワクですね。自己満足でいいじゃない。快適を追求し、とことんやって、
し尽くせばいい。それが自他にとって「希望」という名のものになるかも。

豊かさや自己信頼、好きな人への慈しみを持てる、大袈裟にせよ
「愛」だなぁとの想いにもつながりました。

ちゃろ思ふ故

本年の逆算シートページがサクサクと埋まっていきましたので、
10年シートの方も近々埋まることでしょう。

快適と怠惰・堕落との相違が判別つくかが正直心配ではありますが
「なごみ」というキーワードが浮かびましたので「ぶぅわあ」と「自己満足」とを
セットで愛の人・ちゃろの在り方を進めていこうと決めました。

本音の見える化にけしからんはなし。むしろ、出してしまった方がいいのかなと
此度、学びました。それに逆算手帳は埋めるのが目的ではないしw

=今年は誕生日向けにと公開しました=

ほしいものリスト
そっとワタシに1tsp(*´σ​ー`)エヘヘ

固定リンク: http://amzn.asia/1kNLCDK

どうぞよろしくお願い奉ります!

ちゃろの疾患テレビ病の治療について考える

讀賣新聞に編集手帳というコラムがございまして、
1週間前の12月3日土曜日掲載の中に「テレビ病」なる
言葉を見つけました。その言葉から思う事がございましたので
お話致します。お付き合いのほどを。

ちゃろはテレビ病に罹っている

AC

あなたは「テレビ病」って何よ?と思われたでしょう。
テレビばかり見ている人を指すことばではなく、イラストレー
ター山藤章二さんの著書『ヘタウマ文化論』(岩波書店)において

(テレビに)映ったときには必ず何かに面白いことを言わないと、
無能、芸なしと思われるんじゃないかと・・・

そのような不安になることを病気に例えた造語です。

この造語の意味にハッとなりました。そうだ、わたしは「人」を前にした
ときや意識したときに必ず何か言わないといけないと常に思っている
表面的には沈黙が怖い、喋ることが楽しい、ウケてもらえるのが嬉しい
が理由だけれども、深い意識下には

「何もできないわたしは恥ずかしい」

「ダメな自分なのだから喋ってないと」

という強迫観念から行動している。
正にテレビ病の症状だと気がついたのです。

自己低評価とモデルにメスを

AC

病人たるわたしは、自己評価の低さと勝手なあるべき姿=モデルに
もがいている。ですから楽しいのに苦しい。嬉しいのに辛いのです。
そんな葛藤に心は落ち着かず、精神は満ち足りること決してありません。

「刹那に精魂尽くす」と申せばカッコイイのですが、瞬間瞬間の
安堵を点とし、線になるのですから常時戦闘態勢。それは絶えない
渇望から緊張を強いているに他なりません。

省みると人を別れた後次第に、自覚し始める疲労感は相当のもの。
アルコールの勢いで正論という名の愚痴をこぼしている一部の
サラリーマンのエネルギー浪費の方がマシではないかと思うくらいで。

本物の病気になる-もしかしたらすでに軽い精神神経疾患になっているの
かもしれませんが-くらいなら、良い加減に落ち着きたいと願うなら
治療の必要性はあるでしょう。

テレビ病の根本的な原因たる己自身への羞恥心と面白いわたしなら
価値あり意識にメスを入れるのです。

面白くするのは好ましい。けれども、お笑い芸人さんやTVタレント
さんはお仕事でなさっている。だから、ちゃろが心穏やかにせずしてでも、
同じようにしなくてもいいのだよ。

緩やかに居るだけでも十分。同じ時、処で穏やかに居られる人たちが
いたとしたら、何もならないではありませんか。恥ずかしい人でも
能なしでも、無価値でもないのです。

記憶に上りはしないけれど、むかしむかし誰かに叩き込まれた
モデルと低い自己評価を自分自身そのものだと思い込んでしま
った
に過ぎないと認め、受容し、ゆるすのがよろしかろうと。

ちゃろ思ふ故

AC

テレビ病のお陰で周りの多くの人を魅了し、楽しませて来たことも否めません。
それよりも心穏やかにがいい、落ち着いて人と会えるようにしたい
のなら治療の必要=やめるという選択をしましょうということですね。

あなたがわたしと異なり「ウケることが肚からの願い」
「生き甲斐を感ずる」のなら、ぜひともお続けになる方が良いと申せましょう。
自己顕示欲は誰しもありますし、楽しく笑い合う雰囲気を作れるなんて
見事なスキルですよ。

くれぐれもご注意。テレビ病を「悪」として理由付けて不必要(治療)と
判断しないで欲しい。今までの自分に結局、ペケをつけてしまうので
罪意識は残るし、一番大切な自分自身への「ありがとう」と「お疲れさま」
が言えなくなりますから。