タグ別アーカイブ: 思い出

福井県大野食堂 和風ラーメン 創業80余年の店が出す特製出汁を使った味は必食 ー福井県に行ってました!番外編【ラーメン】

ラーメン。世界一の食べ物ではないでしょうか。
あれだけたくさんのお店がありながら、全部違うのですから。

ちゃろが好きなラーメンは

東海地方のチェーン店である寿がきやさん

奈良県にある、らーめん春友流さん

そして、今回エントリーにする

福井県にある町の小さな食堂 大野食堂さんのラーメンです。



地元の方がほとんどで、あとは近県のごく一部の人しか知らないお店。
なにせ21世紀平成の世に「食堂」を冠にしているのですから。

お店構えも

大野食堂
ほら!いい感じと思いません?(๑•ᴗ•)ノ

ガラガラと引き戸を開けた店内も

大野食堂

大野食堂

箸袋も。そして極め付けはレジ脇に置いてマッチ。
配っているの!?ノスタルジー半端ない!!

ちゃろがそれはそれは幼少のみぎりに来たお店でして
亡き祖父が連れてきてくれました。
その頃はそれ程好きではなかったのですが、
進路が決まった中3のころ、うん十年ぶりに食べて

˚ஐ₊✧(❝᷀ੌ˙̮❝᷀ੌॢ●)⁺˳ஐ༚

それ以来、すっかりお気に入りに。
いや、寝ても冷めても大野食堂のラーメン
ラーメンと忘れられなくなったのです。

相当昔からあるのだろうなと思ったら、80年ちかくやっているとの事。
ということは、戦前からあったということですよね。
今のご主人(と言ってもお若い)で4代目です。

大野食堂iPhoneで撮影したので今ひとつの画像ですが、お許しのほどを。

これが恋い焦がれてやまないラーメン。

大野食堂 ちぢれ麺。それ程黄色くはありませんが、ツルツルした昔ながらの細麺です。

大野食堂

トッピング、もとい具はメンマとコロチャーシューのほか
きくらげ、ハム、かまぼこ!? むしろ、食堂の「中華そば」

こんなの学食でも食べられるよ〜

って言われるかもしれませんね。

大野食堂さんの和風ラーメンの真骨頂はスープ!
大野食堂
刮目せよ!(●ↀωↀ●)✧この透明感!!香りすれども不快な臭みでない。
一口すすれば、舌にのり、口の中で転がる絶妙な味に

え!?なにこれ??こんな風味のラーメン食べたことないぞ!
初めて?新しい??いや、知っている・・・
懐かしいような・・・あと引く味であるのは確か、うまい!
俺の胃袋は、北陸今昔物語に大喜びしている。

と、孤独のグルメ状態になること請け合いw

例えようのない、かつ言葉では表現しきれない味なのが悔しい。
ラーメン店が無数にある都内でさえ、ちゃろは「似たような」ですら
口にしたことが一度もない味なのです。

それもそのはず。試行錯誤を続けた末に編み出した、
3種のカツオ節からとった出汁を使っているのだと
今回、初めて知りました。

大野食堂

これでお値段600円 しかも税込です。
ごちそうさまでした!!!!

=SHOP DATA=

大野食堂
ジャンル:そば
アクセス:JR越美北線北大野駅 徒歩13分
住所:〒912-0026 福井県大野市要町3-9(地図
周辺のお店のネット予約:
魚民 武生駅前店のコース一覧
福そばのコース一覧
魚民 鯖江駅前店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 大野×そば
情報掲載日:2016年10月19日

大野食堂

めがねを直して思い出すことども【エッセイ】 

またしても更新が滞ってしまいました。3連休にだったのにね。

「読まれないブログ」を名目にして自己記録さながら、
時に誰かの胸を打つことがあるので、このように公開しておるのですが。
さてさて5月連休にメガネをレンズを変えるついでに
 リペア?レストア?オーバーホール?をお願いして来まして、
27日金曜日にできたと言うのでエーイーヤーーー!!と
お尻を持ち上げ、速攻で伺いました。
リペアに出したメガネはレンズを遠近両用にして、
フレームを再メッキ。ツルや鼻パットを綺麗に交換したのです。



(ここから改行が修正できず読みづらいかと思いますがお許しを)

"この子"は私が20の時にアルバイトして頂いたお給金で
購入したもの。お年玉とか貯金ではなく自ら働いて稼いだ
お金で初めて買ったという代物。

 

 当時は昨今の鬼安メガネチェーン店なんぞは存在しませんし、
このタイプーロイドという丸メガネフレームーも流行ではなかったので、
隣町の小さなメガネ店にしか扱いがなく
(なんとか見つけ)てゲットした思い入れも深いのです。
購入時はそれはそれは嬉しかったですよ!!
そうそう!思い出した。
引き取りの際に、まだ元気でったちゃろオトンが付いてきましてね。
メガネ屋の人に食ってかかったっけ(ノ∇≦*) キャハッッッッ♪
テンプルからツルにかけての長さがデザイン上短くて、
ほとんど私の耳にかからなかったのです。それを承知で購入したのに
「んなもん、調整できるやろ!」
「うちのボウズ←ちゃろのことね 、そんな頭デカないやん!!」
とう、もう散々ぼろかす・・・メガネ屋さんには悪いことしたなァハハ・・(^д^;)
その後、オトンが地元で老眼鏡を作りに行った際
その店の技師さんがあまりの浅さに気がついて
 「ちょっといいですか?』とキュキュって直しよったけど!www
「ホラ、見てみ〜」
ちゃろに言ってもね✧˖°ˈ·*ε-(๑˃́ε˂̀๑ )プッ
めがね
さらにさらにこの子。
一度、左右をつないでいる金具が折れてー溶接が劣化したみたいー
しまいまして、生涯を終えることに。
ところが、駄目元で先の地元のメガネ屋さんに持ち込んだら!?
「なんとかしてみましょう」という
お言葉。
金具のパーツデザインは変わったものの接合して、
さらにメッキをかけて復活!!!上の画像のごとく。
これはすごいですね〜
あれから20年。今だにちゃろの手にあるという訳です。
すぐに壊れてしまう100均一商品
ポイポイとさもいいことをしているように廃棄する断捨離
わたしが抵抗感を持つのが、多少ご理解いただけるとありがたいです。
直して使えるから直すのでなく、気に入っているから直す。
直す、手入れをする度にこうした記憶が甦り、さらなる思い出を紡いでゆく。
新商品を次々と購入する余裕もよろしいですが、
味わい深き品を育てたような、ゆとりも中々良いではありませんか?

珍客の声にほのぼの

image

昨日、庭の草花の葉っぱの上ににアマガエルがいたそうで。

帰宅後、ちゃろオカンからの報告。

子どもの頃は水田が目の前にあるところに住んでいまして、夏になると毎夜

ゲコゲコと泣き声が広く響きわたっておりました。夜の「暗さ」にたいへん恐れを感じていた幼少時代のちびちゃんのちゃろでしたが、それを耳にしながら眠りについておったのです。

また今のところでは、水田こそありませんがその昔、住宅も僅かで道路も舗装されていなかったくらいの田舎でして。

ヒキガエルがのっしのしと歩いて、時折モオーだがゲローだかの鳴き声を上げたりして…

わたしにとってカエル、とくに鳴き声はノスタルジーと安らぎを感じさせるものなのです。

 

さて本日、お休みで人生の学びをまとめておりましたら

ククッワー×2

という聞き慣れない音が。

アマガエルの声

姿は見えなかったものの、その後もククッワー、ククッワーと鳴いておりました。

雨を呼んでいたのか、水場を探して声を上げていたのか。はたまた恋の歌⁉︎

なんにせよ、ちゃろには立夏とともに突如現れた珍客からまろやかなる一時を頂戴しました。

もちろん、まとめも捗りましたよ(๑•ᴗ•)ノ

iPhoneより投稿