タグ別アーカイブ: 日記

人にはそのまんま力があるとブログを休んだ月曜日に思う

 

日曜日から急にお腹の調子が激変したので翌日、
会社を休んで病院へ行くとウィルス性胃腸炎とのこと。

一気に腸へと入り込んだそうで、吐き気はなかったのに
下しまくったのはそのせいらしい。

体にとって「悪い」を感じれば、ちゃんと体外へ出すものなんだなぁと感心した。

「自分は悪い」なんて、自ら目くじらを立て、
矯正してやるとの無茶までしなくてもいいのだ。

深夜0時の闇の中、久しぶりにちゃろは泣いたんだ【エッセイ】

どーん!と胸を突かれるとはこういうことなのだろう。
嗚咽する程、泣いてしまった。熱い涙が線になって流れるほどに。

このところ毎日、交際相手とLINEで話をしている。

昨晩の話。

深夜0時に近づき

「そろそろ寝ないと」

と、わたしのことを気遣ってくれるメッセージ。

もっと話をしたいだろうに・・・。

いかんせん、わたしが睡眠不足により体調、パフォーマンスが
祟りやすいのを知っているのだ。

「だなだな」

わたしも、いつも通りの返し。

すると、

「愛されているから」

「近くにいるからではなくて」

「ちゃろから愛されているから安心」

・・・。

月並みな言葉で言えば衝撃。
もっと相応しい表現があるはずなのだが、その時に出てこなかった。

とにかく、体の上からでも下からでもなく。
正面からでも後ろからでもない。なのにどーんと、
貫かれたような感覚が体内を走ったのは紛れもない。

同時に心地の良い感覚がパアッと広がる。
するとに間も無く、目から涙が浮かんで来た。

その旨をあの子にLINEで告げ、おやすみなさいとの挨拶で閉じた。

なんだろう、この感覚。嬉しいだけでは表現しきれない。
まるで憑き物が落ち、傷が癒え、マインドは優しいぬくもりに
包まれながらも、気力はみなぎる。懐かしささえ感じる。

そして、体にもエネルギーが充実。それら全てを含めた感覚だ。

遅れて脳が状態を自覚する。すると!

目から次々どころか、まるで塞き止めていた川が
決壊するかの如く、止めどなく涙が流れ出していた。
もう声を出ずして泣かずにはいられなかった。

振り返れば今までのこのわたしときたら、
相手のために良かれと思ってやったことは裏目裏目に出た。

会いたいというので、電車で数時間ゆられて会いに行けば
しばらくすると「甘えてダメになる」とか言われる。

ワイドショー程度の内容の話をしている最中、突然!激怒されたこともあった。
恨まれたり、嫌われもした。

違うんだ、違うんだと思っても、相手の感情は収まらず。
たとえ伝えたとしても

「そんな訳ない」「そんなこと(言葉)が出る訳ない」
「いいなんて思う方がおかしい」
「そのくらいわかるでしょ!普通。機微がない」と。

わたしの考えや想いは伝わらない。

何が悪いのか、いけなかったのか?さっぱりわからない。
ただ、傷つけてしまったのだなと、とても悲しくなった。

後悔もし、自責でいっぱい。

きっと人の心や気持ちがわからないんだ。
そうか、愛することができないんだ、わたしは・・。

そんな風に思って生きるようになっていた。

最終的には別れ際に嘘をつかれ、あまりのショックに
一過性難聴と失語、そして鬱に。

わからない、わからない・・・どうすればいいの?
愛ってなんなの?優しさって?

それからというもの、恋するような感覚が起きると、
フラッシュバックが起き、恐怖と息の詰まりで心身が震えるようになったのだ。

「愛されているから」

そんな言葉が、よもや生きているうちに聴けるとは。
それも今、一番大好きなになった(なれた)人からだ。

あの子に好かれよう、目の前ではカッコよくいよう、男らしくしよう
と、全く思っていなかった。今までのまんま、ちゃろのままを通していた。
そのままのわたし。

その効果か。年またぎに交際の申し出をする時に
フラッシュバックも恐怖による震えも起きなかった。

わたしは甲斐性がないし、男前でも、懐が広くも、優しい訳ではない。
もちろん「愛」なんて知らない・・・なんて、見下してもない
距離や時間、会う回数でなく、ただただ傍にいるかのように
わたしの想いと気持ちはあの子に向けていよう!

あの子が心から喜び、自分を好きになるような
ハート型のメッセージを投げ続けさせて貰おうと思っていただけだった。

なのにキャッチして、投げ返してくれた。
近くにいるからといった「条件」でなく、
「ちゃろから」、わたしだからというではないか。
ただ在るだけのわたしで「愛されている」と。
「安心」というワードまでついて。

(愛してくれたのは、あの子の方なんだ)
なのに・・・。

うおんうおん泣いた。泣かずにはいられない。

「認められた」「伝わった」「受け入れられた」そして
「愛せた」「愛することが出来たんだ、わたし」
そんな数々の言葉とやっと報われた、解放感なる安心に包まれながら

***************************

間も無くお誕生日( 0w0)ノ ウェーイ

ちゃろさんのほしいものリスト
そっとワタシに1tspはこちら↓

固定リンク: http://amzn.asia/3SZxjRk

お待ちしております( 0w0)ノ ウェーイ

お寒うございます。木枯らし1号が吹きました【日記】

本日、木枯らし1号が吹きました。

<木枯らし1号とは?>

10月半ばの晩秋から11月末の初冬の間に、初めて吹く毎秒8メートル以上の北よりの風のこと。

帰りの自転車のペダルを踏めども踏めども前に進まず。寒い上いやはや、参りました。

はるか向こうのお国ではトップが決まりまして、世界の株価市場にも木枯らし1号が…厳しい向かい風となったようです。

懸念ばかりが伝えられておりますが、この先が見えにくいとなれば不安にもなるでしょう。

今宵はトランプ占いをするも一興かと。

さて!わたしは確実にやって参ります週末の羊毛フェルトワークショップ。その準備を致します。

fullsizerender-95

立派な大人のふりしてもつ煮のままより出して怒りを冷ますのもアリだと思うの

月水金と更新予定の弊ブログですが、毎度ながら
あれ書こう、こんなこと書こうと思い浮かぶのですが、

うまくまとまらないよ嫌だなとか、時間掛けたくないしとか
思ってしまいます。まだ未到来なのになァハハ・・(^д^;)

ですから、いくつかネタ、概ね内容まで決まっているのに
アレはダメ、コレはやめた方がいいなと切り捨て、挙句、
こんなこと書いたらアカンなといい子選択をすることも。Oh,no.

本音出して行こう!と誓ったのですからね。

腹の立つことをエントリー。



大型バイクは左に寄って待つな

刀

定時の17時に退勤するちゃろさんなのですが
フライヤー号ーちゃろ専用自転車。
この場合クロスバイクを指すーを20km/hでこぎこぎ!
あともう少しで自宅というところに交差点があるのですが・・・

ここで近頃よーーーくはち合うアメリカンタイプのバイク。
ちゃろも数年前までバイク乗りでした。20年以上のベテランライダー。

今年のクリスマスあたりにベルトが送られてきて、
変身できるのではないかと思います。話を戻しますと、
このオーナーさん下手!というよりバイクの走らせ方をしらない、

敢えて言おう!アホです。アホすぎます(ごめん)。

大型のアメリカンが左端で信号待ちしていたら、どうでしょうか?
法改正にて車道を走るようなった、ちゃろをはじめとする
自転車軍勢の進行を塞いでしまう。そのバイクの隣には
もち信号待ちの自動車もいるのですから通れないのです。
原付でも邪魔な時があるのに・・・

せっかく最近、ここの交差点は
分離式信号に変わったのに、なんということでしょう!

大きいバイク、スタートダッシュは車より圧倒的に速いのです
ー信号が変わった途端、前に出ようと無知ドライバーもいますがー
から、交差する車線の右左折を邪魔しない程度で

自動車の前に出てしまえばいいのです。横にいる方が
ドライバーさんも気が気でなし、自身も無駄に危ないだけ。

こんなのは長年転がしていたり、昔のように試験場で
一発試験の時代ならちゃろさん的には勝手に学んでしまう
ものだと思い込んでいるのですがね。

「お前は原付にでも乗っておれ!!」

と追い討ちの罵声をここでも。

髭を生やして、ジェッペルにレザージャケット姿。
格好だけは決めているこういうライダーが大嫌い

あと、素手、半袖で転がすヤーツも嫌い。白書を見ると
自動車と比較して事故発生件数は少ないけれど
事故の酷さは比べようもありません。

素手に半袖ライダーも同様敢えて言おう!
アホです
(マジ言い過ぎ)

ブログは自己顕示よりもっと楽しいものだったと思うの

「読まれないブログ」と称しているのは、その日にわたしが
思いついたこととか発見、出来事、体験について
書き残す方向にしたから。



わたしに「役に立つ情報」とか「誰かの助けになるアイデアや知識」を
酷い物言いですが「ひけらかす」ほどは持っているでもなし。
また、そういうことを考えるとなんか

楽しさ半減。

PCやiPhoneの向こうの人の為に!でなく
気負いして、自分が書いている自分のブログなのに、
人様のブログをわたしが書いているような気分がするからでしょう。

MM21

ネタが切れた、書くことないよとお悩みの方がいらっしゃったり、逆に
ネタ切れなんてない!とご託宣を宣う方も多く見受けられます。結局は
人の目に触れる事を無意識的か意識的かはわかりませんが、
いずれにせよ過剰に考えているのではないかと。

人の目=読まれることを期待すると息が苦しくなります。
脳に酸素が行き渡らなくなります。だからネタ、書き出したいことが
「思い出せない」という状況に陥るのではないかなぁ。

ネタはつきない!とおっしゃる方は書くことを純粋に楽しまれているか、
ご自身なりのスタイルとテーマとリズムが確立している。
リラックスしているので、ネタを思い出すことが容易なのでしょうね。

たまゆら

あまりネタがない人、続かない人たちを追い込まないように一つ願います。
敢えて皮肉を込めて言うと、
あなたほど他人に自分(の考え、知識、見解など)を見てもらいたくて、書きたくて
仕方ない人ばかりではありません。役に立つという名の自我の増大、
自己顕示の気持ち良さを味わう、だけが楽しいことではないはずですよね。

書けない方もライターさんとか記者さんではありません。
読まれないとならないとか、読まれたいという欲心から
離れてみるのもいいではありませんか。

ブログはもっと気楽で楽しいものだったように覚えていたのですがね・・・。

****************************

4行日記で書くと

【事実】記録としてブログを使うことで自分自身の行動や思想の指針、潜在的な思いというものを露わにし、整理出来始めている。それと、よく続いている。

【気づき】人の目にさらされるブログの特質は、良くも悪くも働く。画面向こうを気にし過ぎても息はつまり、自分を無き(亡き)者にしてしまう。かと言って、読んでいただける喜びは理解できるが「我」が強くなり、承認欲求を追求するに至らんとしてまた、自分を見失う。

【教訓】ブログは一体誰のもの?誰のため?何のため?情報を伝えるツールとするにせよ、日記として利用するにせよ、そこには紛れもなく自分=わたしが存在していることの確かさを忘れないようにしたい。

【宣言】 弊ブログ「チャロッピ!!」そのもの(ツール)は、立ち上げに携わった方、長年お付き合い下さっている読者、仲間、知人たちもいて、今現在存在しているとの認識を持ちつつ、述べている(著作)内容はわたしのもの=思いつきであるという認識を持っている。
←著作権の兼ね合いでそう言っておく。

*************************************************************

【お知らせ御免】
本年も滝行イベントを開催致します*:゚*。⋆ฺ(*´◡`)ノ
ご興味ある方は下記URLまで詳細ご確認の上、
お申込み下さい!

https://b49f10c058818d9cf30a0e9beb.doorkeeper.jp/events/49337