タグ別アーカイブ: 気づき

LINEブログのお蔭で内なる天邪鬼と向き合えました

いつの頃からでしょうか。流行りや皆が持っている、やっていると知ると
熱が急に冷めてしまう。それまでは興味はあるにもかかわらずです。

LINEブログをはじめませんでした

fullsizerender-97

ごく最近ですと新しくLINEさんが始めたブログサービス。
思いついた時に手軽にアップできるそうで、早々に始めた友人も

「やってみたら?」「とてもいいよ」

と勧めてくれました。

SNSで更新ポストの頻度ならびに記事そのものを見てみますと、確かに
使い勝手は良さそう。フェルトアートに限定した記事を発信するには
適当と思えたものですから興味が湧いてきました。

ところが今週あたりから「はじめました」「はじめました」
次々ポストされているではありませんか。これらを見て

「こんなにやっているなら、ンピコピンだぜ」

と、あっという間に興味は枯れてしまいました。

物書きを生業としたり、こうしたネットサービスに関わるお仕事を
なさっているなら試さないことにはお話にならないでしょうから
手を出すことは理解できますけれど・・・。

本当に自ら選んで決めたのか

887519cd92e21279868bc828d600bacb_s

どうも他人様が群がるような対象に嫌悪や嫉妬心を抱くというより、
わたしの内にへそ曲りと申しましょうか「あまのじゃく」という鬼がおるようで。

群がる様子、右へ倣えの人たちと見えてしまうと「同じになるもんか」という気になってしまうのです。鬼が言います。「自ら選んで決めたという我(われ)があまりにも薄くね」と。

わたしの申す「やらない」理由が皆がやっているからでは同等かもしれませんが、多くがやっている、流行を自己選択の理由にしたくない。わたしは○○だからやる(やらない)とキッパリ言い切りたい。

「多くと同じ」の気持ち悪さ

282acebedfa46525d058d32d5c3bec14_s

さらに申しますとファッション。音楽、TVプログラムなどなど「流行だから」で選んだり致しません。街中を歩けばダーク系統の同じスタイル。同じブランドロゴバッグを持ち歩き、イケてるその音楽を聴き、ライブに出かけ、TVドラマやタレントの話で盛り上がっている。

発言力のある方がメディアを通して一言言えば、こぞって同じ物も買い、同じ諸行をする。影響を受けたどころではないではありませんか。わたしは気が進みません。

他人様のやることにいい悪いをつけるのではなく、あくまで感覚の話。わたしという存在が多数に飲み込まれて、自身で気がつかない内に我が消えている。同質化、皆一緒とは何でしょう。わたし、ちゃろの「存在」がなくなるに等しい。気持ち悪くて仕方がない。ジブリアニメ「紅の豚」のキャッチフレーズよろしく言うなら「カッコイイとは多くにならないことさ」ことなのですが。

ちゃろ思ふ故

img_6669

矛盾ではなく「自分は好きだ」「やってみたい」と自覚あれば、流行りだろうが、多くの人がいてもやれるくらいのフレキシビリティーは持ち合わせているつもりです。

しかし、カッコよいこととは到底思えません。あまのじゃくに向き合って、取り込まれる怖れから我を守ろうと内側で騒いでいるのが見えました。興味の熱を瞬間冷却する装備もね。

他人様と異なるズレた存在であるからこそ「わたし」でございます。

準備をすることで未来は既に手の中にあると思うの

「羊毛を使った手芸体験」ワークショップ。開催がいよいよ明後日にせまりました。↓↓↓ 参加受付は既に終了しております。https://www.facebook.com/events/711384085680004/?ti=icl

準備とは将来のことへの行いでありながら

既に「本日ただいま」しているのですよね。

つまり未到来と今が繋がっているどころか

「同時」にある。

夢とか願望とかに照らし合わせて申しますなら、

アクション(準備に着手)を起こした時点で即、

一部は実現しているものなのだなと思いました。

 

iPhoneよりモブログ

公開済みエントリーが222になって考え直す機会になった【ご挨拶】

「目指すは200記事」

プロブロガーや有名ブロガーさんからの話で前々からありました。

先月(あれ?先々月末だったか?)
弊ブログもその200記事に達しておりました。

こういう時には「200記事達成」とかタイトルを打って
ブログを書くものですがそこはエニアグラム・タイプ4。

やめましたww へそ曲がり



200記事超えるとブログが変わり出すそうですね。
わたしはPVを取っているでもなく「読まれないブログ」と銘打ち、
好き勝手に書いておりますし、どこかで人様が読むなんてなかろうと
思っておるので、気にも留めず。

ところが!!
近頃、どうもごくごく身内ーアメブロ時代のブロ友さん、
livedoorブログ時代以来の読者などーのみでなくなくなり、
意外な人や知らないところでご拝読いただいているようで。

罵詈雑言、愚痴ボヤキ、怒り・disりに限りなく近い、
ダーティー&ブラック調で書いているから
不愉快極まりないはずなのに・・・・

実際わたしとお会いした方なら、キャラ作りでしょ?
いじけて、拗ねていると見透かしてはいるでしょうがァハハ・・(^д^;)

ちゃろ

そう!読まれないブログだからと言うのは手前の勝手です。
かといって「見られない」訳ではないのです。

PCやiPhoneの向こうで、どこの誰かがいて見る。
向こうの人の勝手とそういうことが起きている(かも)
現実を想定していませんでした。
↑どこまでナンセンスなんだ、ちゃろは!

おかげでアドバイスや励ましをいただき、涙することもあれば
offの地元の人に見られいて、泣く羽目になったり・・・

表現が表現。タイトル、伝えたいことは違うと判るはず!
と、思っているのですけれど、題材にした話によりそうはいかない。
トラブルにはならないものの、問い詰められて

「えらいこっちゃで!ジブン!!」

と苦言を呈される始末Σ(∩˃͈ ╻ ˂͈ ∩)‼︎

驚きました。

これではアカンなとここに来て、記事文面の手入れや削除
非公開設定にしたりと着手。

するとエントリー数は、ちょうど222記事と相成ったのです。

img_5686

以前に書きましたが「人のブログをわたしが書いているよう」になるのは
嫌ですが、ここまで来ると不特定の人間が、
それも寛容に読む人と不信感を持って読む人が出て来た
現実を意識せざるを得ません。

エントリーにするにもどう取り上げ、どう表現するか
適切な内容と文面にしていくようより配慮しようと思いました。

次の300記事まで、どう変えるか?
力のつけ時ですね。

ー不信感を持った、不愉快な思いをされた方へー
悪意を持った陰口のように書いたと思われても仕方ありません。
目に触れることはないと軽々しく考えていたに他なりませんので。
不躾ながらこちらにてお詫びいたします。申し訳ありませんでした。

ー応援してくれる読者へー
月並みな言葉ですが、おかげさまで独自ドメインを取って
ここまで来ました。物書きとは申しませんが、文字を使って
お伝えする表現者でもありたく思います。
ダーティーな刺激的な文体は
減らして行きますが、
それでもおつきあい下さるようでしたら、今後とも
どうぞ
よろしくお願い申し上げます。

日本には坐禅があるじゃないか!

7月になりまして,
真っ先に変わったことが早速ありました。

会社から保険証が渡されたw
1年と半年ぶりですな(しみじみ)

年金はあきらめられるけれど、国民皆保険制度
は崩壊しないで欲しいです。

ちゃんとしようと思いながら、はて?
何を具体的に実践すれば良いの・・・

アホさ加減も甚だしくありますが
プリンシプルの「心静かに穏やかに」を軸に考えれば
まずは!!

坐禅です。いやマジで!
空いた時間と人目について怪しまれないところがあれば、
マメに座っております。



ちと脱線。そういえばマインドフルネスがちょっとした
話題になっていますね。
自慢で恐縮ですが、今更ながら何を言うてるのやら
と、ちゃろさん冷ややかに見ております。

と言うのは、もう何年も前にわたし、マインドフルネスの
書籍をバーゲンブックにて購入しておりまてね
(英語本訳本でしたが、ただ内容的にはどちらかというと、
集中して取り組む事による効果と大切さ、ワン・シング的な内容でした)。

そのバーゲンブックとやらは絶版本=ほとんど売れなかった。
加えて版元もなくなったのですから、多くの人が
興味を示さなかったという証ァハハ・・(^д^;)

それが今やGoogleだのFacebookだのグローバル企業さんで
活用されていると伝わってきた途端!?この様はなんなん??

マインドフルネスって流行り??時代??
Googleなどがやっているから???

とか言うんじゃなかろうな・・・(☼ Д ☼) クワッッ!!!

マインドフルネスのことを知らなかったにせよ、
何を振り回されているのやら。中には声高にマインドフルネス!
マインドフルネスに取り組んでおります!!と選挙カーばりの人もいたりして。

元々我が国日の本には禅があるのですよ。
ココロのお稽古、伝統文化。
それをないがしろにしておきながらなんでしょうね。

少しは恥じなさい。

情報やクチコミに飛びついていては、
マインドワインディングではありませんか、ハイ。

脱線おしまい!

さて20代学生の頃、禅に興味を持ちまして、
とくに坐禅は途切れ途切れながらも取り組んで来ました。
花道、茶道、武道、庭園にも禅の世界が入り込んでいます。

当時は正直はっきりとしていなかったのがこの齢になり、
やっと明確にいや「深まった」と言った方がぴたりとハマりますかね。
深まり出しました。

雑念を払おうとか、快適に過ごしたいとか、ぶれない自分になる
そんな理由もアリですが、むしろ何かに追い立てられている
「焦り」に抵抗するでもなく、乗り越えるでもなく、さらら流して
一時の精神・魂の静寂と感性の研ぎ澄ましには最適な手法だなぁと思っております。

まあ自慢から、これだけ文句言っておいて静寂どころか
説得力に欠けますが。

このあと、また座してココロのお稽古にゆらゆらと委ねますかね(*´σー`)エヘヘ

ちゃろさん イヌヨロイをつくる【フェルティング】

大型連休前に完成させる予定が結局、こどもの日直前に完成しました。

以前から異素材を合わせた作品をつくろうと考えておったので
材料等々は収集済みにも関わらず、いきなり大物をつくろうしたり
クオリティーを高くしないとならないというのを間違えて
ハードルを高くした為に手を拱いておりました。



さらに申しますと、人様に見て頂くという意識の高さならば
よろしくもあろうものを本音と向き合ってみれば

「賞賛されたい!」 ‹‹\(´ω` )/››‹‹\( ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››~

という欲心が渦巻いている・・・いやはや
なんともお恥ずかしい限りでァハハ・・(^д^;)

これではいつまでたっても「妄想作品」のままですから、
賞賛も批判もなく益々自分の世界に引きこもったまま。

羊毛フェルト

かといって、このような自分を責めて、否定しては建設的ではありませんから
とにかく自分がやってみようと思ったことをやるならやろうではないかと。

うまく出来た!自画自賛でも良いし、もちろん納得いかなければ
それはそれで、着手し完成(ゴール)までに至ったということが
自信に繋がるような気が致しました。

フェルティング一つで大げさなとは思いましたが、いやいや、なになに!!
生粋?のネガティヴラー・ちゃろが出会い、自信を持てせてくれたのが
フェルティングですからね。

さて、1年くらい前にホビーやゲーム専門のリサイクルショップにて
購入したクレーンゲームのプライズ品を土台にして作品づくりに
取りかかりました。

この商品の良いところは鎧がすべて外れて、しかも
素体(人形)になるので羊毛を使うにはうってつけ。

ジョイント部を一旦外してバラバラにし、腕や脚、胴体に羊毛を巻きつけて
針でひたすらチクチクして肉付けをして参りました。

羊毛フェルト
土台がプラなので、あまり強く刺すとニードルが折れてしまうので
そこは気を遣いました。

また、深く入り込まないので表面の処理が粗めになったり、
仮組すると素体の色が強く反映してしまう箇所もあったりして
羊毛をその箇所に突っ込んではニードルをチクチクするという
普段とは違う「しんどさ」がありました。

経験しないとわからないものです、ハイ。

羊毛フェルト

異素材を使うとメリハリは出ていいですね。
お人形の洋服を作れる作家さんがフェルティングのクマや猫に
着させる気持ちは理解できました。

でも、コンテストとかに出して賞を取るのは反則ちゃうかなぁと・・・

やっかみかな?(*´σー`)エヘヘ

羊毛フェルト
鎧武者が土台なので刀や長槍はそのまま使わせてもらいました。
トップ画は見ての通り朱槍です。実は色違いの同じものを入手してまして
武器だけ交換してあるんですよ。

脇にさしている刀ですが、驚け!?

羊毛フェルト
シャキーン!と抜けるのです。ちゃろが作ったわけではないのでけれどもw
こういうところは活かさないとね。勿体ない。

ほぼ完成して「しろくま」が着ていることになっていたのですが
前立て(兜前についているマークみたいなアレ。直江兼続だと愛。伊達政宗だと三日月みたいなヤーツ)が、なーんか今ひとつ。

パーツ類を保管してあるダンボール箱を物色探していたら

羊毛フェルト

犬があった≧(´▽`)≦接着剤で半ば強引にひっつけましてwww
板フェルトの茶色をそれっぽくカットして耳に。

ワンコにしてみました。耳の位置がバランスが良い箇所だと
正面から見えなくなるので、泣く泣く兜の上気味に付けました。

名付けて「犬鎧(イヌヨロイ)」完成です✧⁺⸜(●′▾‵●)⸝⁺✧

ちゃろ思ふ故

SNSにはすでにポスト済みですが意外やメンズに好評!
このプライズ。カミングアウトすると
見る方が見れば、知る人ぞ知るあるキャラクターだからでしょうね( ´艸`)

ワンコに見えないのが「作品」の点「クオリティー」としては納得できないのですが
異素材をつかい、完成品をベースに羊毛フェルティングを加える「初の試み」には
満足しています。

また時を見て、やってみたいと思いました。