タグ別アーカイブ: 睡眠

健やかなる私でこれからもブログを続けるといいと思うの

先週1週間はブログ更新しませんでした。
というのは、外出とフェルト関連の用事が多く、睡眠不足から
疲労がたまっていくなと容易に想像できたものですから、
相当の代価たる「ブログ休業」を支払って対策したという訳です。

更新頻度は本当に重要なのか

746f04e3cf01df1de2a6986651aede55_s

毎日更新する方がいれば、たまにチョイという方もいますよね。
タレントさんは日に何回も頻繁にアップします。
わたしからすると「ブログじゃなくてもよくね?」と感じてしまいますが・・・。

更新頻度が毎日、多いというのは、その方には可能な条件や時間が整っている。
羨ましくもありつつ、そこまでする思いはなんだと興味もございます。

一般のサラリーマンが長い時間をかけて、ようやく自宅に戻ってから
PCを起ち上げ書くというのは、かなりのしんどさです。
奥様やお子さんとの団欒時間を割いてやっている訳ではないでしょうけれど。

健やかさありき

07885ae7da08e979589135a9cb48954b_s

わたしも以前、毎日更新をしておりました。
その為にiPhoneに変えたのではないのかと錯覚を起こすくらい。
帰りの電車の中で必死になって書いていました。

文章におこす作業はスキルが身についていないせいもあり、骨が折れました。
地元駅に着くまで90分かかる現場の帰りは疲労からか
思考も鈍っていたようでしたからまとまらないし・・・

下書きとして上げて、自宅で清書。一本完成させるために費やす累計時間は
4時間。深夜になることが度々ありました。リアルマネーを生み出す
ライター業でもあるまいしなんであれ程必死だったのか。

ブログで自分が何者かになる、変わる、成長すると思い込んでいたからだと
今ではわかります。後悔先に立たず。

そうそう!フリック入力。同じ姿勢でやっていた結果、肩をすっかり
壊してしまいました。今でも右肩、肩甲骨付近がボリボリ音がします。
痛みはないのが幸いですが、コリの辛さが時折出るためストレッチが
欠かせない日々です。

ちゃろ思ふ故

211497e9ffb96a0640680ad2c2bd3b19_s

どうしても健康、体に負担をかけないとならない状況下の人が頻度を気にする。
そして更新にこだわり過ぎて書く。

心身を整えることなしに思考力も表現力もない訳で、そのような人のブログ
(情報発信)はどれだけの犠牲を払っているのか。

間違ってもブログ更新は「決め事」にしてやってはいけません。

どうにもわからん不調には全てを止めて寝てしまうのがいいと思うの

ブログ更新してから1週間経っておりましたァハハ・・(^д^;)
最後に更新したエントリーにも書いた通り、
ちと心身ともに妙な感じなったままだったのです。

その後、知人とSkypeで話したり、別の知人はわざわざちゃろの地元まで
足を伸ばして、夜に語らったりと気晴らしたのに・・・。

どうもスッキリしないのです。



どうしたのだろう?ブログの他に日々フェルトや英語の勉強を
ルーティーンとしているのですが、

やる気が起きない?やりたくない?

そんな表現では的確に表せないくらいの妙な感じ。さてさて
どうしたものやら⊚⃝⸜꒰´••⑅꒱

月曜日の帰宅後の話。夕方に強い眠気に襲われたのをきっかけに
21時代に床に就いたところ!?

10時間ちかく寝てしまいましたww
翌朝、少しボーっとした感じは残りましたが、体は
軽快に*:゚*。⋆ฺ(*´◡`)ノすると、おかしなものです。
体がだるくないとですね、気分も良くなってくる。
そんなことに気がつきました。

ねこ

で、もう1日とばかり昨日、火曜日もルーティーンをしない
勇気を持って、気持ち早めにベッドに入りましたら!?

なんというこでしょう!!!

今朝、体はもちろんのこと、ここ2ヶ月ばかりあの重苦しかった
起き掛けのメンタルが出勤時間にはすっかり良くなっている
ではありませんか。

始業後もなんとはなしに取り掛かっていた掃除から業務まで、
気持ちスッキリと取り組むことができました。

お陰さまで(*´σー`)エヘヘ

ちゃろ思ふ故

ちゃろ

どうも疲れが抜け切れていないのに夜更かし
バイクトレーニングと自覚できない僅かな疲労が蓄積していた
のかなと思われます。

心配事や蠢く何かのせいも含まれているでしょうが、ハッキリ
申し上げると、どうも調子が悪い、なんだかわからないーストレスが
主原因と知りつつ誤魔化したにせよー時はとにかく休む、寝るで対応
するのがいい!

こうではないか?ああではないか?なんて頭で分析判断するにしても、
パフォーマンスが落ちているのだからいい案が出難いはず。

まずは体を動かすー散歩でも体操、ストレッチでもいいし、
できるなら少し負荷が掛かるくらいのー。それでダメなら寝てしまう。
締め切り近かろうが、勇気を持ってやらない。優先するのは
自らの心身の回復。そうすることで結局、パフォーマンスを戻した方が
早く済むような気がいたします。

朝時間の活用のためには毎日3分間が"キモ"なんだと思ったの

勤務先までがフライヤー号ーちゃろ専用自転車。
この場合クロスバイクを指すーにて10分程度なものですから、
取り立てて早起きする必要はないのですが、
朝時間をまったりと過ごしてみたいなという憧れのようなものもあります。

大昔、高校生のときはそれこそ5時に起きて、
勉学に励む優等生だったので(*´σー`)エヘヘ
出来ないはずはないのです。

成功体験にしがみついているだけかもしれませんが実際の話、
4時代ながら目が開くことが多い。睡眠状況を測定できる
iPhoneアプリのデータを見ても4時くらいには覚醒が始まっているし。

恐らく眠気が殊の外嫌いでして、それなら

ベッドに居てやる〜〜

という変な意地を張っているのと。

それで起きて、仕事や外出先で気持ち悪くなったりしたら、
どうしよう・・・

という不安神経症的なイメージのせいではないかとァハハ・・(^д^;)



起こるかわからない将来のことへのネガティブイメージの払拭
も大事ですが、それより

コツコツとBaby Stepでいいかなぁと。

昨日、急いては習慣にならないと言った感じのエントリーを書きましたが↓

朝起きるというのは、拙ことちゃろにとっては当たり前のことではなくて、
積み重ねて慣れるというものかもしれません。
メンタルが少しでもやられると(アドラー心理学的に言えば、
朝起きることによる不都合から逃げられるという目的があるw)
昼夜逆転生活が始まるのですから。

で、どうしたかというと5分?いやいや
3分づつ早く起きるようにしました。

これが意外や続いているから、
わたしのココロと申しましょうか、メンタルも結構単純です。
数字の魔力も使いようですね。

**************************
4行日記で書くと

【事実】昨日よりさらに3分早く起きることができた。

【気づき】30分ずつだと思い切り(ガリガリ)感があり、
5分では過ぎてしまうことが多く、その時のダメージが
意外とある。3分という時間がちゃろには絶妙!
日々実践して、積み重ねているなと思えるからいいのだ。

【教訓】 3分を馬鹿にせず、より具体的な朝時間の過ごし方を
リストにして、実現に漕ぎ着けるよう積み重ねる。

【宣言】 わたしはまったりとした朝時間を過ごすのに価する
3分間をすでに持っているウルトラマンである。

***************************

健康法より前に最低限のことをして心身の負担を減らしてみよう

試用期間の一ヶ月がお陰様で経ちます。
製造業という右も左もわからない仕事は思ったより
体を酷使しますが、だからこそ心身ともに調整を
していこうという気持ちになりました。

今まで気分次第の生活でいましたから個人的◎。
サラリーマンやOLさんにとっては当たり前のことなのにw
 自由と怠惰を履き違えている自覚が全くなかった
わたしですマ∩(´・∀・`)∩ イヤァ マイッタマイッタ
そんなこんなで近頃意識している事を述べさせて頂きます。
お付き合いの程を。



1)とにかく睡眠

ねこ

深夜1時、事の次第では2、3時と起きていたのですが、
さすがにそうは参りません。体がガタガタになっている上、
疲労がたまっては(事実、しばらくは抜け切らなかった。
何年ぶりの週5勤務ですw)
おいしい、パワーがつくものを頂くのもよろしいかと
思うのですが、優先したのは寝ること。睡眠時間は
もちろんですが就床時刻を0時までにと致しました。
 当初は世間で言う夜型でしたし、翌日のことを考えて
変な緊張もあり、寝つきがよろしくありません。
それが一週間ほどすると次第にリズムが出来てきて、
ほぼうまくいっております。
すると睡眠時間の確保は自動的にできましたし、
寝起きの爽快感が全くもって違います。
深夜更けてから寝るのと差は歴然です。
人間の「快」を追求する性質を利用してやりましたww
早起きに注目が行きがちですが、朝活、勤め先が遠方など
諸事象がなければ、まずは就床時刻を意識してみるのも
よろしいです。

2)あまり食べない

ラーメン

グルメではありませんが、食に関心がありまして
よくモシャ×2と食べてました。
「痩せの大食い」とはわたしのことです(*´σー`)エヘヘ
無理をしているつもり(意識)はありませんが、
とにかく量を食べました。ストレスからたくさん食べる方も
いらっしゃい-現代人にかなり多いそうです-ますが、
恐らくわたしの場合「過食」に慣れてしまって、
八分目感覚が鈍りきっていたと考えられます。
咀嚼は少ないし、思ったより早食い。
脳が「お腹いっぱいですよ〜」と指令を出しても、
遅くれて伝達されていたのです。
夜は家族と食べるので合わせることになりますが、
朝は少なめ-豆乳をマグに1杯とチーズ一個とバナナ-
休みで活発に動かない-ex,羊毛フェルトで半日以上過ごすetc.-なら
食べない。豆乳orコーヒーのみ。
昼は腹7分目になるようなお弁当を持参するようにしております。
  食後、コーヒー一杯飲んで、うんぴったり!!程度でしょうか。
「パワーでなくね?ちゃろさんよ〜」とおっしゃるかもしれませんね。
事実、一緒に仕事をしているみなさんからは「少な!!」と心配(自分ではそんなに少ないとは思っていなかったんだけどなw)されてますし、
退勤後の17時半頃にはお腹が空いていますァハハ・・(^д^;)
IMG_0185
 ところが今の所全く大丈夫です。夏場になるとわかりませんが、
頭はスッキリ、体はしっかり。消化にエネルギーを相当使っていた
のかな?と思います。
往き帰りに自転車通勤していますけれどバテないどころか
快走!!体重も一定を保っています。

3)ストレッチほか

うさぎ

バスタイム後のストレッチに新メニューを加えました。
腹7分目ですからお腹が出るでもなく、かと言って業種が業種
ですから、そんなに筋力が衰えるでもなく。ならばクランチや
プッシュアップよりも現段階ではむしろケア。つまり
縮こまったり、硬くなった筋を解放してあげることが
体に優しいかなと思いました。
もう3年前になるでしょうか?SNSで知り合いました地元の
整体の先生のご指導の下覚えた、腰痛防止のストレッチに
股関節を開くストレッチと「猫ねじりのポーズ」↓を加えました。
時には足裏のツボを押したり、過度に使った部位をアイシングしたり、
マッサージしたりしています。翌朝、体の軽さが違います。
動きもいいですね。節々の痛みの箇所も減りましたよ。

ちゃろ思ふ故

ちゃろ

人それぞれに好ましい方法があります。しかしながら何も書籍、
講座で学んだものばかりが絶対なのでしょうか?
基本的な、最低限のことをとにかく踏まえることではないかなぁ
と、わたしは思うのです。
 いくら「糖質制限」だの「ジムに行く」だのと言うても、
睡眠を疎かにしてアルコールを頻繁に摂取したり、筋肉と
精神神経の張りを緩めることなしに「やろう!やらねば!!」と
肩肘張って運動したりしてもご尽力に対する効果が少ないような
気がしてきました。
 その前に元来ある霊長類ヒト科という動物としての
24時間の動き方を見直して、取り入れられる範囲でやってみるのが
「的当」のような。
やり方は後でもよく「ヒト」としての在り方に
まず手をつけたのがここ1カ月の「暮らし」に功を奏したのです。
疲れた、だるい、もう歳だwおっしゃるあなたに
ピンとくるものがありましたら幸いです。