タグ別アーカイブ: 考え

ベキネバ理想像で苦しむのはご両親の望みだからではありませんか

先日弊ブログにてベキネバ娘のお話を致しましたが↓

ありたいイメージを抱えてタラレバではなくベキネバ娘になっていませんか

自分の抱えた理想像は別に問題はございません。
よろしくないのは「信ずる」が故に自縄自縛しお疲れモードのまま
進んだり、イメージから外れた自分にペケ(自責と自己否定)をつけること
だけであります。


 

マゾヒスト?ナルシスト?コメディアン?

理想像になるかどうかは誰も知り得ない。わかるのはそれこそ、
神様なるお方か青色のタヌキ型スーパーロボットのツールを使うくらいでしょう。

ところが

「やれば叶っちゃうんだよね〜」

と、自分で決めて、信じた(ここまでもよき)。な・の・に、
起こすアクションをネバベキと「掟」-具体的にはタスクとか目標とも
言いますけれどね-と設定しておきながら、

クリアしなかったから、出来ない、私ってダメって・・・。おいおい。
自分を正誤判断するようになってしまうのは、いささか妙ではありませんか。
「コメディー」と称したの、そのような流れからなのです。

自分で決めたのに自分に罰っするなんて、掟化してしまったのもありながら、
そもそも理想像は自分の意志で決めた、求めたのになぜ。疑問でなりません。
(趣味の方は、ご遠慮なく。ちゃろはそんなあなたを明確に肯定します)

わたし自身にもかなりの高い理想像がありまして、思い浮かべれば
気分も良いし、反対に苦しくイライラが募りました。なぜなら、
眼前にあるのにいつまで経っても届かないのですから。
ナルティシズム的妄想かと気持ちが沈んだことだってございます。

理想像はあなたの望みって本当?

近頃よく使います

「肚からの声」
「それ(自己の意志たる理想像)って本当!?」
という言葉を用いまして問い、振り返ってみましたところ。
意外な事に気がつきました。それはもう天啓の如く、降ってきたのです、ハイ。

こうであるベキネバ理想像は、両親が望んだ我が子たるわたしの姿。
息子や娘であるあなたにこうあって欲しい、ああなって欲しいという
望みの姿=理想像であるのを望む。あなたはこうあるベキだという親の意志。

つまり両親の欲求に過ぎなかったのです。両親という大人の一方的な
自己満足を満たしたいだけにあなたに向けられたイメージ。それを息子や
娘という子どものあなたは知らぬ間に思い込まされた。

親の望みにも関わらず、人として、あなたの正しいあり方が「理想像」
として刷り込まれて、信じてしまったのです。

もちろん、両親もあなたも、かく言うわたしも果たしてどれがどうなのか混乱したまま。愛だの教育だのと子育てに自己欲求を持ってきているから。
厄介かつ面倒極まりありません。

人にはそのまんま力があるとブログを休んだ月曜日に思う

 

日曜日から急にお腹の調子が激変したので翌日、
会社を休んで病院へ行くとウィルス性胃腸炎とのこと。

一気に腸へと入り込んだそうで、吐き気はなかったのに
下しまくったのはそのせいらしい。

体にとって「悪い」を感じれば、ちゃんと体外へ出すものなんだなぁと感心した。

「自分は悪い」なんて、自ら目くじらを立て、
矯正してやるとの無茶までしなくてもいいのだ。

ありたいイメージを抱えてタラレバではなくベキネバ娘になっていませんか

「なりたいイメージ」をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
理想像という言葉に置き換えましてお話致しますと、将来に臨む自分であり、
すべてに満足している。なりたいどころか、なるべき、あるべき姿でしょう。

そのイメージに向かいい日々研鑽、邁進、成長しようとする意思たるものは、
たいへんご立派であることに異存はございません。

さて、ここでちゃろが

「理想像は大して必要じゃないみたい?」

なんて問うたら、あなたは如何思いますでしょうか。



理想像を抱えて目指すにあたりまして、あまりにも

こうあるべき、こうありたい、こうならねば

と、致しますと、人生という時間短く長い道のりにおいては、たいへんな
負担となりましょう。イメージは目指しているですから未達。理想からずれてしまうことは当然、当たり前にございます。

にもかかわらず,ずれた自分が許せない。たちどころにアカン!とペケをつけ、
もっとやらねばとなります。そしてズレる度、ネバとペケをつけ、ズレてはまた
ネバとペケをつける。

そんなことを繰り返していては、やがて疲弊してしまいます。おまけに一向に
理想の姿に辿り着かないのですからね。当の本人からすれば、
苦難に立ち向かう(わざわざ)ヒーローorヒロインかもしれません。
けれど、端から見るちゃろからしますとコメディーです。

早い話、自己の存在を受け入れて、これでいいのだという「承認」と申しましょうか「認可」と申しましょうか。

何かできる、研鑽成長すれば、人や社会に役に立っているなど「外条件」を満たせたからOKではなく、あくまで自分が自分自身に「ゆるし」を与えているのであれば理想像は無用でしょうに。

目標達成、最上志向の人ならまだしも、資質なきちゃろや抱えた理想像にがんじがらめになってしまう人は、東京タラレバ娘ならぬ「ベキネバ自分」になるのが関の山かと。

頑張って、未来を目指しているのにお疲れモードのあなた。
この理想像とは何かを考えて見てはいかがでしょうか。

*********************************

【お知らせ】
川崎にて羊毛フェルトのワークショップを2/25にやります!

お待ちしております。

募集詳細はこちら↓
ちくちくフェルティングでおひなさまを作ろう!羊毛フェルトワークショップ

不本意な生き方は本当に自己選択の末なのか

前回のエントリー

を読み返してみたら、結構、駄文でございました。
それでも意外と好評でして。時間がかかった分これ幸い。
そんこんなでつづきのようなエントリーを書いてみます。

自己受容の足りなさ、自己否定の強さから不本意な生き方を
してしまうという理論が私、ちゃろさん界隈では実しやかに
呟かれております。

加えて昨今のアドラー心理学ブームも手伝ってか、
生き方は「自分で選択している」というお考えの方もいらっ
しゃいます。わたしは詳しく学んでないので、理解もせずに
語ってしまいますが今回は、生き方の「自己選択」について。
お付き合い下さい。



幼少期における生存戦略

0903c7a724e7fc4793431245cf0f6ccb_s

子どもは親の愛を一心に求めます。ここでは「庇護を求める」
と、言い換えましょう。心理学だけでなく、教育学等々でも
よく申されていることですが生命に関わるからです。

生き残る為には危害が及ぶもの、不快、不穏なものを
避けねばならない。しかし、到底大人と同じ知恵や経験は
持っておりませんので対処ができません。
一番近しい親に寄りかかざるを得ないのです。

つまり「庇護」を得られないのは生命の危機とともに最大の恐れ。
親は、まるで神のような存在ということにもなりましょう。

機嫌を損ねたり、意にそぐわないことをして怒られたり、無視されたり、
もっと酷く打たれたりしては一大事。生き残るはずで親の側にいながら、
生命に関わってしまう状況を作ってしまっては本末転倒。

かと申して、出て行く訳にも参りません。ですから顔色を伺うように
したり、自己犠牲の下に喜ぶようなことばかりをしたり、
悲しむのではないかと思案したり、反対に気を引くために、
離れないようにといつも負担を掛けたり・・・。

あの手この手を試してみて。これが妥当という手法つまり、
周辺環境(家庭・親)に合わせ、その子ならではの「生存戦略」を
身につけていく必要性が出る訳です。

ミスタッチを自己選択と呼ぶ酷

b902754352fe78edadb0ea14c6261dd3_s

さて、ここで一考致しましょう。子どものときにあなたも
生存戦略を身につけております。果たして、あなたが思いつき、
試し、「選択」したのでしょうか。

先述の説明ですと、そのようにも読めますよね。確かに、どうすれば
いいかなと考えはしたでしょうし。実際、Try and errorしたですから。

しかし、今現在の不本意な人生を歩くに至る程、あなたの積極的かつ
自覚を持って選択したと言えるのでしょうか。

わたしは疑問でなりません。幼少時代に○○の実行すれば危害を
加えられない、嫌な思いをしないと、本当にあなた一人だけで、
最初から思いつき、身につけたにしては、あまりにも
出来過ぎではないでしょうか。

ある不快刺激に対してオートメーションに働く「不適切な適応」プロ
グラムと化している生存戦略
を自己決定で組み込んだなんて・・・
子どもがですよ。(当時は)「必要な適応」プログラムでも、
積極的に自己選択、意思決定したと申すのは無理がある。

不本意な生き方を選んでしまう姿は、計算機を前に気が付かないで
+キーを押しながら「2倍にならない」と嘆いているようなもの。
2倍したい、2倍にしたいのにと言いつつ、目で見て確認しながら
+キーをひたすら押し続けるなんてことあるのでしょうか。

わたしからすると生存戦略の自己選択説は、ミスタッチも自己選択ですよと
同義語扱いしているみたいでならないなのです。

従順にして本人に意思なし

abe25c8e16e5a677401a680a7567a1a2_s

自己選択というのならば、今となっては不要などころか弊害と言っても
過言でないプ程のプログラムなのですから、すぐにでもあなたはアンイン
ストールするなりアップデートできるのではないのでしょうか。

わたしは自我吸着一体化させる何かがあったと考えております。
大げさに言えばマインドコントロール。無意識に、さも端から自分のもの、
あなた自身が選んだ、あなたなんだと思い込ませるような仕業です。

あなた自身が気がついていないのは無理もない何かとは。
そうです。親からの教え。しつけ、教育、指導、子育て、言葉かけ、
親自身が持つ信念、世の中や人の見方、イデオロギーなどなどを総合したもの。
わたしはこれを「掟」と呼ぶことにしております。

「○○だったら、いい子(悪い子」「○○だったら、してあげる」
「あなたはダメ」「○○はいけない事」「世の中とは○○」

など

いくらあなた自身が思いつきとTry and errorがあったとしても、
子どもの意思だけの自己選択で不本意な生き方までに至りはしない。

生存戦略+掟=プログラム

本人の明瞭な意思はなく、ただ子どもの持つ素晴らしい
「素直さ」によりインプット

自我吸着一体化を成し、特定の刺激に対して自動動作。

して、今現在の認知の歪みや人生の息苦しさを生み出す不本意な生き方

の完成です。これを恩恵(ちゃろの言う肯定的副産物)があるから
自己選択だと(特に他者が)言うにはあまりにも酷ではありませんか。

ちゃろ思ふ故

img_3701

あなたが悪いのではありません。周りのせいにしてもやりきれません。
その程度の人や環境だったのですから。インプットされいるどころか今や
ガン細胞よろしく自我と一体の「掟」をどうするか。

他所こそが自己選択です。不肖・ちゃろ、唱えます。

 

掟はあなたではありません。

あなたは掟ではありません。

 

過剰な生存戦略を施さなくても、あなたは生き残れます。
なぜなら、恩着せがましくなく、ギブアンドテイクでもない。

あなたを無条件にそのままで対峙してくれる世界があるのだから。
愛がありますから。

LINEブログのお蔭で内なる天邪鬼と向き合えました

いつの頃からでしょうか。流行りや皆が持っている、やっていると知ると
熱が急に冷めてしまう。それまでは興味はあるにもかかわらずです。

LINEブログをはじめませんでした

fullsizerender-97

ごく最近ですと新しくLINEさんが始めたブログサービス。
思いついた時に手軽にアップできるそうで、早々に始めた友人も

「やってみたら?」「とてもいいよ」

と勧めてくれました。

SNSで更新ポストの頻度ならびに記事そのものを見てみますと、確かに
使い勝手は良さそう。フェルトアートに限定した記事を発信するには
適当と思えたものですから興味が湧いてきました。

ところが今週あたりから「はじめました」「はじめました」
次々ポストされているではありませんか。これらを見て

「こんなにやっているなら、ンピコピンだぜ」

と、あっという間に興味は枯れてしまいました。

物書きを生業としたり、こうしたネットサービスに関わるお仕事を
なさっているなら試さないことにはお話にならないでしょうから
手を出すことは理解できますけれど・・・。

本当に自ら選んで決めたのか

887519cd92e21279868bc828d600bacb_s

どうも他人様が群がるような対象に嫌悪や嫉妬心を抱くというより、
わたしの内にへそ曲りと申しましょうか「あまのじゃく」という鬼がおるようで。

群がる様子、右へ倣えの人たちと見えてしまうと「同じになるもんか」という気になってしまうのです。鬼が言います。「自ら選んで決めたという我(われ)があまりにも薄くね」と。

わたしの申す「やらない」理由が皆がやっているからでは同等かもしれませんが、多くがやっている、流行を自己選択の理由にしたくない。わたしは○○だからやる(やらない)とキッパリ言い切りたい。

「多くと同じ」の気持ち悪さ

282acebedfa46525d058d32d5c3bec14_s

さらに申しますとファッション。音楽、TVプログラムなどなど「流行だから」で選んだり致しません。街中を歩けばダーク系統の同じスタイル。同じブランドロゴバッグを持ち歩き、イケてるその音楽を聴き、ライブに出かけ、TVドラマやタレントの話で盛り上がっている。

発言力のある方がメディアを通して一言言えば、こぞって同じ物も買い、同じ諸行をする。影響を受けたどころではないではありませんか。わたしは気が進みません。

他人様のやることにいい悪いをつけるのではなく、あくまで感覚の話。わたしという存在が多数に飲み込まれて、自身で気がつかない内に我が消えている。同質化、皆一緒とは何でしょう。わたし、ちゃろの「存在」がなくなるに等しい。気持ち悪くて仕方がない。ジブリアニメ「紅の豚」のキャッチフレーズよろしく言うなら「カッコイイとは多くにならないことさ」ことなのですが。

ちゃろ思ふ故

img_6669

矛盾ではなく「自分は好きだ」「やってみたい」と自覚あれば、流行りだろうが、多くの人がいてもやれるくらいのフレキシビリティーは持ち合わせているつもりです。

しかし、カッコよいこととは到底思えません。あまのじゃくに向き合って、取り込まれる怖れから我を守ろうと内側で騒いでいるのが見えました。興味の熱を瞬間冷却する装備もね。

他人様と異なるズレた存在であるからこそ「わたし」でございます。