タグ別アーカイブ: 自己受容

醜い汚い恥ずかしい自分を誤魔化すと課題の分離が難しくなると思うの

追いつかない程の理想の自己イメージが自己否定を導くと
前回記しておきましたが、理想に絶対性を持たせると、
いわゆる「あるべき」姿になってしまう。

こうありたい、こうなりたい姿のはずである「たい」がなくなり
硬直致します。自分が疲れることこの上なし。

背伸びや無理は成長につながることはあるものの、
なんと言っても「べき」は自分はおろか、他人に対しても
寛容ではなくなる点が問題かと。



例えば朝は早く起きる「べき」とのお考えだと致しましょう。
すると、

夜更かしなんてとんでもない!

あってはならない姿(行動)。

けしからーん!!

相成ります。

心理学者のアドラーが提唱する「課題の分離」が出来ていれば

「ワシとはちゃうな」

くらいで済むのに、あるべきゲージで測る=マイルールで
判定(ジャッジ)するので苦が生じてしまうのですね。

ぱくたそ

くれぐれも勘違いしないで頂きたいのは、
測定・判定・ジャッジをしてはいけないということではありません

けしからーん!となり、イライラ、モヤモヤした苦を抱えて
時を過ごしてしまうのは如何なものか?という話なのです。

時折、ジャッジしていけない!と、まるで禅僧如く語る人がいるので、ハイ。
ここだけはしかと言っておきたい。

「ワシとはちゃうな」も判定ですよね。苦しんでないでしょ( ´艸`)

そうそう!あるべきじゃないんだ。
自分がどうであるかなんだ。
判定して○×つけることでもない(’-‘*)(,_,*)(‘-‘*)(,_,*)

夜更かししていれば、そのうち健康を害する。
パフォーマンスはすでに落ちるているだろうから、デキないヤーツだろうし。

\(`o'”) コラコラ
ちゃうねん!前回、言うたでしょ。
実際は判定しているのに、

そんなことはしないステキな私なのよ。
理想の自己イメージ通りのいい人なのであーる!

そんな意識を守ろうとして、誤魔化すことはしなさんなと!

嫌味やラベリングしてどうするの?ww思考まで硬直してしまいましたか?
そして、心は鈍感になり、そのまんまの自分は消えてしまいますよ。
となるとやがては理想、いや妄想の自分で生きるか、
自己嫌悪、自己否定に・・・。

おっさん

一方、いい人は人を放っておくなんて冷たい人間のやる事
なーんて感じているので、どうにも気になるのでしょう。
かまちょのちゃろさんにはありがたい存在ですけれどァハハ・・(^д^;)

あるべきは生きる指針であり、信念でもあり、
自分自身でもあります。ですから他者事で自らの怒りに
自らの心身を焼いて灰になりませぬように願います。
誤魔化さない。誤魔化したとしても

「恥ずかしい」
「(思う姿からズレてしまった自分が)腹立たしい」
「私と違う言動・アイツが許し難い」

美しいかといえば決して美しいとは言い難い感情ですが
しかと向き合えるようになるといいなと思います。

美しくない自分の感情を認め、ステキでない私を許せようになる。
それが自己受容始まり・・・。

ええいあ自分にもらい泣き!?突如涙がほろりほろり【気づき】

積雪はだいぶ無くなっていましてフライヤー号-ちゃろ専用自転車。この場合クロスバイクを指す-で今日は走れました。

路肩に固まっている雪や日陰の路面凍結には気をつけねばなりません。転倒もありますが、自動車は普段通りの走りなのもので、

こちらがハンドサインで車線変更を出して避けても、いちいちクラクション鳴らされます(;´Д`A

さて、そんなバイクトレーニング最中にちょっと気づき?不思議体験がありましたので、情報発信でなく恐縮ですがお付き合い頂きたく思います。



そうこう10㎞ほど走っていると、ふと

「アレ?なんでわたし、こんなに必死になってペダルこいでいるだ⁇」

と思ったのです。ワロテまう( ´艸`)

近ごろ、頑張らなくていいとかのたまう方々が多いのですが、軽症ながら元鬱のわたしからすると有難くもあり、また今まで頑張りだけが支えだったのに、それを全否定されたようでもあり…まあ、それはさせおき

(と、言うてもがんばってこいでこいで、よくぞ。ここまで来たな〜。よくやったなあー)

と頭に浮かんだ、瞬間!

風景

涙がポロポロ溢れて来たんです。田舎の山中なので人はいませんでしたがw自転車こぎながら、人目憚かることなく泣いてしまいました。

よくやったね。

ここまで来たんだ。

えらかったね。

と親はもちろん、大切な誰かに優しく掛けて貰いたかった言葉はコレだ。

人生のペダルをこいで、漸くここまで来たんだよって。見て知って貰いたかったみたいです。そんなことに気がついてハートがじ〜〜んと(ノ◇≦。)

心の深い深い、それこそ深淵に堕ちていた子どものわたしがひょこっと現れ、言葉を発しつつ、欲しい欲しいと・・・まるで同一化したようでした。フュージョン!!!

ぴょこうさ

その後、用事がありましたのでパブリシティなわたしに戻りましたが…

午後フェルティング。作品を眺めつつ、造形していると、またしても(TωT )更年期障害かしらん?とも思いましたが違う(この時期にはメンタルが落ち込むみたいで。ログを見ましたら分かりました)

まあ、それは良いとしてw羊毛がカタチになり、この世界に存在するようになったとしても、この「お子」は誰からも見てもらえない、愛でて貰えないかもしれない。けれど、だからこそ

老若男女、人が誰しもが陥る可能性のある、やり切れない日や独り寂しい時。この子が一緒にいたのならば、

どうか親にも子供にも奥さん、ご主人、友人・知人、恋人にも

甘えやなぐさめ頂戴みたいでいけないとばかりに打ち明けず、キミと同じ、独り抱え戦ったその人のいたたまれない気持ちを拭ってあげてね

と祈るように一刺し一刺し致しました。そして元々持っている、少しの弱さをも力に出来る能力を発揮するお力添えになれますようにとも。

風景

明るく、強い人が好まれます。ご努力されて来たかもしれませんから、賞賛にも預かれます。しかし一方、まったくスポットが当たらない、いたたまれない気持ちを抱えながら生き抜いている人たち。

大人だということで、親を悲しませたくないと。また聞いてくれないどころか「弱いお前が悪い」とばかりにお説教されために封じ込んで、

今なお内なる幼い童心?傷、未完了な承認欲求がうずき、泣いている。そんな人に「よく頑張った!」「あなたはスゴイ!」と褒めてあげたいではありませんか。

「傷」と向き会う時に両手で包みながら、握りしめる、撫でる・・・わんわん泣いてもいい!んだよと誘導する「使命」を持つ作品をつくろう!嬉しい時、喜ばしい時以外の痛みある日にでさえ、わたしの「お子」たちが呼んで貰えるような。

本来、暴れる内なる痛み(傷、子ども心)は敵ではないのに死闘に継ぐ死闘を今まで続けて来ました。(愛なき親だけでなく、友にもメンターにも恵まれずに育ったなら尚更)そんなあなたに最後、この言葉を

DGB

©バードスタジオ・集英社

おめえはすげえよ
よくがんばった・・・
たったひとりで・・・
(ドラゴンボール巻42より)

お知らせ御免

間もなく誕生日!!29日に私ちゃろの「バースデーパーティー」をお台場にて開催いたします!!!
未体験のこと、楽しいことがお好きなあなた!
ご参加お待ち致しております。→詳細はこちら

羊毛フェルト

*ストレス発散ぜったい保証!!
羊毛フェルティングワークショップは2・3に1年ぶり。平日の夜行います。お仕事帰りにお越し下さいませ*:゚*。⋆ฺ(*´◡`)ノ

↓↓↓

ハンドメイドのウールひな人形を!ー羊毛フェルトワークショップ2016ー

オーダーも随時受付ております。ちゃろさんラボの[問い合わせ]からで結構。ご相談ください!

=再掲=

*「ほしい物リストのリンクがうまく貼られてないよ〜」「そんなの知らなかったよ」というご指摘のコメントたいへん恐縮です。

↓コレでいかがでしょう?

そっとワタシに1tsp(*´σ​ー`)エヘヘ コピぺしてねhttp://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/35T0X5R42HL5A/ref=cm_sw_r_tw_ws_6lkIwb12BM75Z