タグ別アーカイブ: 記録

ブログは自己顕示よりもっと楽しいものだったと思うの

「読まれないブログ」と称しているのは、その日にわたしが
思いついたこととか発見、出来事、体験について
書き残す方向にしたから。



わたしに「役に立つ情報」とか「誰かの助けになるアイデアや知識」を
酷い物言いですが「ひけらかす」ほどは持っているでもなし。
また、そういうことを考えるとなんか

楽しさ半減。

PCやiPhoneの向こうの人の為に!でなく
気負いして、自分が書いている自分のブログなのに、
人様のブログをわたしが書いているような気分がするからでしょう。

MM21

ネタが切れた、書くことないよとお悩みの方がいらっしゃったり、逆に
ネタ切れなんてない!とご託宣を宣う方も多く見受けられます。結局は
人の目に触れる事を無意識的か意識的かはわかりませんが、
いずれにせよ過剰に考えているのではないかと。

人の目=読まれることを期待すると息が苦しくなります。
脳に酸素が行き渡らなくなります。だからネタ、書き出したいことが
「思い出せない」という状況に陥るのではないかなぁ。

ネタはつきない!とおっしゃる方は書くことを純粋に楽しまれているか、
ご自身なりのスタイルとテーマとリズムが確立している。
リラックスしているので、ネタを思い出すことが容易なのでしょうね。

たまゆら

あまりネタがない人、続かない人たちを追い込まないように一つ願います。
敢えて皮肉を込めて言うと、
あなたほど他人に自分(の考え、知識、見解など)を見てもらいたくて、書きたくて
仕方ない人ばかりではありません。役に立つという名の自我の増大、
自己顕示の気持ち良さを味わう、だけが楽しいことではないはずですよね。

書けない方もライターさんとか記者さんではありません。
読まれないとならないとか、読まれたいという欲心から
離れてみるのもいいではありませんか。

ブログはもっと気楽で楽しいものだったように覚えていたのですがね・・・。

****************************

4行日記で書くと

【事実】記録としてブログを使うことで自分自身の行動や思想の指針、潜在的な思いというものを露わにし、整理出来始めている。それと、よく続いている。

【気づき】人の目にさらされるブログの特質は、良くも悪くも働く。画面向こうを気にし過ぎても息はつまり、自分を無き(亡き)者にしてしまう。かと言って、読んでいただける喜びは理解できるが「我」が強くなり、承認欲求を追求するに至らんとしてまた、自分を見失う。

【教訓】ブログは一体誰のもの?誰のため?何のため?情報を伝えるツールとするにせよ、日記として利用するにせよ、そこには紛れもなく自分=わたしが存在していることの確かさを忘れないようにしたい。

【宣言】 弊ブログ「チャロッピ!!」そのもの(ツール)は、立ち上げに携わった方、長年お付き合い下さっている読者、仲間、知人たちもいて、今現在存在しているとの認識を持ちつつ、述べている(著作)内容はわたしのもの=思いつきであるという認識を持っている。
←著作権の兼ね合いでそう言っておく。

*************************************************************

【お知らせ御免】
本年も滝行イベントを開催致します*:゚*。⋆ฺ(*´◡`)ノ
ご興味ある方は下記URLまで詳細ご確認の上、
お申込み下さい!

https://b49f10c058818d9cf30a0e9beb.doorkeeper.jp/events/49337