MENU

【京都の美味しい焼肉店ベスト20】焼肉 

はじめに

① 御肉処 銀閣寺大にし

まずは、こちら「銀閣寺大にし」です。
場所は、京都御所から南、京阪電車三条駅から徒歩10分、寺町通にある町屋の風情を感じさせる佇まいのお店。
超高級和牛「村沢牛」を堪能できる。

村沢牛の育ての親である村澤勲氏は「銀閣寺大にし」のHPで「銀閣寺大西さんなら品質管理もよく最高の状態でお客様に提供して頂ける。」と述べています。


個人的には、「極上いちぼレアステーキ」は是非食べてみてほしいです。

100グラムで、3000円とかなりいいお値段ですが、それくらいの価値はあります!

画像引用:銀閣寺大にし公式HP

③勤務地

勤務地に関しては、これまでの日本では転勤が当たり前と考えられてきました。
しかし、今は多様な生き方や働き方を尊重される世の中です。
もちろん、選ぶ会社によっては全く身長されることがありませんが。。。

勤務地が固定される、もしくは希望できるかできないかは今後の人生を大きく左右される大問題です。
若い時はどこでもいいかもしれませんし、色々な土地や支店を経験できるのは非常に楽しいし、勉強になることです。
20代半ばに差し掛かってくると結婚を考え、子供ができ、親の介護など環境が変わってきます。
そんな時に出世のため、会社のためだからと転勤がある会社であると、自分の、また家族の人生を大きく変えてしまいます。
銀行員などで転勤は多いが、給料が多い会社を選ぶ。
給料はそこそこだが、転勤のない会社、もしくは今流行りの地域限定社員などを選択する。
給料も多くて、転勤のない会社。

大きく分けてこの3つに分類されるんではないでしょうか。
正直な話、個人の生き方や考え方の問題ですから、どれでもいいんです。

でも、家族も一緒に転勤し、奥さんが会社を辞めてまた新たな職業を新しい土地で探さないといけない。
ママ友もできていたのに、また新しい土地でママ友の世界を作り直さなければならない。
子供は転校すると、また新しい環境の人間関係の中で、自分のポジションを作っていかなければならない。

もしくは、自分一人で単身赴任する。
休みの日に家に帰って、たまにしか子供や奥さんと会えない生活をする。
毎日のご飯は一人で、自分で作るか外食、休みの日に帰る旅費もいる。

どんな生活をこれからしていきたいか考えて、勤務地に関してはどういうルールになっているか、事前によく確認し、面接で聞いて置くことが重要です。

もちろん、勤務地に関してはネガティブなイメージに受け取られかねない質問ですから、勤務地はどこでもいいからとにかくその会社でキャリアを積みたいと思う場合は、質問しない方が無難です。
もしくは、勤務地の質問を面接でして、「転勤に抵抗はあるの?」みたいな質問が来た時は「色々な土地や支店で経験を積んでいきたいので、そのようなお話があった時はぜひお願いします」と答えた方がいいです。

ただ、そのような気持ちであっても実際に生活するとなると転勤は不便なこともあるので、転勤があっても就職したいのか、今だけの気持ちではなくて、家族ができてから、自分が歳を取ってから、一生地元や住みたい街に住めなくてもいいのか、などをよく考えてください。

住みたい街に住みたい、家族ができてからその土地でまた新しく、仕事を探すというのも一つの選択肢です。
その場合に、これまで経験してない業界に転職しなければならない時は必ずと言っていいほど、給料が下がったり、条件が悪くなる可能性が高いです。

だから、副業ができるか、自分のキャリアが転職活動の際に有利になったり、転職に向いてる業界か、転職や副業に使える資格を取る時間があるかなどを総合的に考えていく必要があるのです。

④身に付くスキルとその業界の転職状況

⑤職場の雰囲気と人間関係(部署異動は可能か)

       

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる